« 社員研修について | トップページ | 「富士山」世界文化遺産登録後の課題 »

自慢顔をする上司

Q:部下と競争し『勝った』と自慢顔する上司とどんな形で付き合えば好いのでしょうか。(岡山 販売営業担当 24歳 男性)

 

ずばり言えば『ほっとけば良い」と言う事です。こんな頭の悪い上司とまともに係りあっていたら時間の無駄です。貴方は自分の信じる途を行けばよいのです、『他人は他人』なのです。本当は上司は他人以上の関係であり、貴方のピジネスマンとしての『行動や心の師」であるべきではありますが。人間としての鍛錬がまるで出来ていない上司がいることも亦。残念乍ら事実なのです。上司か自分が人事異動で変わるのを待つしかありません。又、こんな時にこそ貴方が実力を蓄える絶好の機会である事も付け加えておきます。上司に降りてきた案件は部下に「丸投げ』と言うケースが多く、これを貴方が率先して代行すれば良いのです。勿論人事考課は良くなります。又、周囲もよく見ており『あの部署はあいつで持っている」言われる様になるはずです。嫌な事も逆手にとって自分のチャンスの変えてゆく逼しさが、これからのどジネスマンには求められているのです。(2013.4.29 A)

« 社員研修について | トップページ | 「富士山」世界文化遺産登録後の課題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社員研修について | トップページ | 「富士山」世界文化遺産登録後の課題 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ