« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

経営者としてのこれから

Q:2020年オリンピックの開催が決まり、リーマンショックから5年アベノミクスも地に足が着いてきたようです。経営者としてこれからどのような考えをもって経営にあたっていったら良いでしょうか。
(神奈川 物流サービス 経営者 男 57歳)

 

 

「第2次世界恐慌の始まり」と評されたリーマンショックから52ヵ月この間日本経済も回復の足並みが乱れ、民主党の悪政と重なり、企業経営も塗炭の苦しみを味わうこととなり暗い年月を過ごしてきました。

昨年の師走選挙で安倍政権が誕生以降日銀とのコミュニケーションよく、日本経済も回復傾向になりつつあります。9月には念願の日本パラリンピック・オリンピックの7年後の開催も決定しました。しかし、まだまだ一寸先は闇といったところでしょう。野党やマスコミの現政権への足の引っ張り合いがなければ良いのですが。

また、過日は安倍総理がニューヨークの証券取引所でアベノミクスは買いだと演説し、日本が投資しやすい環境であることを表明しました。これで日本の経営者も安心して積極的な経営戦略を立案できる環境になりました。日本パラリンピック・オリンピックの開催まであと7年間あります。こぶ爺は企業経営者の皆様に7年用の経営戦略計画書の作成をお願いしております。前半3年半、後半3年半の計画作りです。特に受注戦略(マーケティング)は重要な戦略です。社長の会社は7年後どのような姿でオリンピックを迎えるのでしょう。今日は失われた20年、そして回復の10年のスタートの日です。経営者の真価を問われる日を迎えております。
2013.11.11 M

最近あちらこちらで見受けられる事業継続計画とは

Q:最近あちらこちらで見受けられる事業継続計画(B.C.P)というのはどうゆうものでしょうか。
わが社は社員
30名たらずの製造メーカーですが、B.C.Pの作成は必要でしょうか。お教えください。
(神奈川 製造メーカ経営者 
63歳 男)

 

 

たいへんタイムリーなご質問ありがとうございます。現在こぶ爺のオフィスでは、企業の社会的責任ということで事業継続計画(B.C.P)作成の支援をしております。事業継続計画=B.C.PBusiness Continuity Planning)の目的は、もし災害がおきても①自社の被害を最小に抑える(人命の安全確保、物的被害の軽減)②事業の中断期間をできるだけ短縮(ステークホルダーへの不利益を極力排除)するために前もって資源(人、モノ、情報、ライフライン)の準備を行ったり、災害発生時の対応方法や組織を定めたものです。対応例として災害対策本部の設置、緊急連絡網の整備、複数の通信手段の確保などがあります。

上記のように御社のB.C.Pは顧客や従業員とその家族の命を災害から守るために作成するものです。社員が10名でも100名でも作成すべきものです。その結果顧客、金融機関、サプライチェーン、従業員などから“有事に強い企業”として認められるのです。

尚、災害(リスク)には、地震、台風、大雨、津波だけでなく熱中症、新型インフルエンザ、火災、システム停止、サイバーテロなども含まれます。

詳しいご質問は下記まで

株式会社創成マネジメント 
 
B.C.P作成相談室まで

TEL 045-573-1414(代表)
   
-mail info@so-sei.jp

(2013.11.11 T)

 

山本太郎氏の園遊会での行動

Q:先日31日開かれた秋の園遊会で参議院議員の山本太郎氏は天皇陛下に直接手紙を手渡したとのことです。私のようなものにもその行為が国民の一人として、その場にふさわしいかぐらいの判断はつきます。それが国会議員たるものが元俳優といえども常識はお持ちでしょう。これから山本議員の処遇はどうなるのでしょうか。
(東京 年金生活者 
68歳 男)

 

大変驚いているところです。マスコミが言っているように天皇陛下の政治利用云々はともかくこぶ爺の世代のものから見れば、天皇陛下にお声をお掛けすること事態はばかれること。ましてやラブレターじゃあるまいし、国会議員が手紙をお渡しするとは、その昔、明治天皇に直訴した田中正造先生を俳優らしく演じたかったのでしょうか。田中先生は命がけだったでしょう。山本議員はただ目立ちたかっただけなのでしょうか。本当に政治家につけるクスリはないのでしょうか。ただテレビ報道を見ていて気になったのですが、少数だとは思うのですが、山本議員の行動に対し賛成している若い人がいましたね。いささか国会議員の行動ということを考えれば、能天気というより余りに今回の事件を軽く考えているのではと思う次第です。山本さんに投票した人もかわいそうです。

 

国会も今回の事件をどうするつもりでしょうか。議員辞職以外解決の道はないでしょう。山本議員は国会議員として自分の行動の意味も分からず周りの人にどのような影響を及ぼすかも考えず、お詫びの仕方も知らないようです。となると折角の就職先にメンメンとしがみつくのでしょう。見苦しい。

 

2013.11.5 K

 

スピーチによるコミュニケーション                               

Q:私は製造メーカーで生産管理の係長をしております。毎週月曜日の早朝に管理者の会議があり、当番制で3分~5分のスピーチをするようになっています。月に1回程私にまわってくるのですが前日(日曜日)は気が気で眠れません。どのようにしたらスピーチが上手くなりますか。

(静岡 製造メーカー生産管理 41歳 男)

 

こぶ爺は25年に亘り経営コンサルタントとして企業の皆さんの前でスピーチする機会が一般の人より多い仕事をしております。それゆえ貴殿のお気持ちは大変良くわかります。スピーチと言えば2020年のパラリンピック・オリンピックの日本招致のブエノスアイレスでのIOC総会のプレゼンテーションの宮様はじめ壇上に上がられた方々のスピーチは世界の人々の心を熱く打つものでした。とくにパラリンピック陸上女子走り幅跳びの佐藤真海選手のスピーチは聞く人の心に届く素晴らしいスピーチでした。佐藤真海選手は事前に相当のスピーチの練習をなされたことでしょう。原稿を書き、そして何度も書き直し、スピーチをし、姿勢、表情、目の配り、声の強弱などボイス・スピーチ・トレーニングを積み重ねてきたことでしょう。

 

こぶ爺のオフィスでも管理者研修で受講者にスピーチをして頂いております。受講者の多くは普段から言語でコミュニケーションをとっているからスピーチ、トレーニングはいらないと思っているようです。スピーチによるコミュニケーションは日本人が苦手とするところですが、グローバル化が進む現在、佐藤真海さんのスピーチを聞くにつけ、改めてスピーチ教育の必要性を感じています。

 

日本人のスピーチ下手は性格的にシャイ(恥ずかしがり屋)であること。事前の準備(原稿・・・・)をしないこと。日頃からトレーニングをしていないこと。何を話すかのテーマの勉強をしていないことに起因しています。その結果スピーチをさせると何を言っているのか分らない。満足に聞き手の顔を見ない。原稿を書いて来ても下を向いてただ原稿を読むだけといった具合で声が出ないので、結局は伝わらないスピーチをしています。普段から日本語で会話をしているからと勘違いしてスピーチをなめたらいかんぜよ!といったところです。

 

企業組織では上に行けばいくほどスピーチ能力なくしてコミュニケーション能力なしと評価されます。どちらの社長も自分の会社のことを熱く語っています。

 

さて質問者の係長さんには上記のことを参考にして頂き、次の早朝会議からはその能力をいかんなく発揮して下さい。

 

マネジメントとは準備することです!(2013.11.5 K

 

高倉健さんの文化勲章受章

Q:明日は113日文化の日です。映画俳優の高倉健さんが文化勲章を授与されます。私もこぶ爺と同じ世代としてなにか感無量な思いですが、こぶ爺は如何ですか。
(神奈川 元建設業 69歳 男)

 

森繁さんや森光子さんに続きこの度高倉健さんが文化勲章を受章するとは元映画青年のこぶ爺としては理屈抜きに嬉しいです。これで我が国の大衆映画も日本文化として認知されたということです。

 

そして昭和40年代の若者(男性)の憧れの健さんを認められるとは、選考委員もなかなかしゃれたことをしますね。

 

今でいうところの反社会的勢力を美化するような映画に出演した俳優に文化勲章とは選考委員の皆様に厚く敬意を表しましょう。

 

健さんが出演し人気を拍した映画はヤクザ映画です。弱気を助け、強気をくじくといったところ。勧善微悪の典型です。忍耐・義理と人情がテーマでした。

 

映画を観た若者は映画館を出るときにはさっそうと健さんになりきっていました。

 

今のSMAP以上の人気でした。相手役の藤純子さん、池部良さんも良かった。まさに“昭和残侠伝”です。

 

その後、山田洋次監督の“幸福の黄色いハンカチ”“はるかなる山の呼び声”等々では日本男子らしい寡黙でとくに健さんは背中で男の哀愁を語れる数少ない俳優でした。なには、ともあれ高倉健さんおめでとうございます。日本人に生まれて良かった。次の映画を待っています。82歳まだまだ若い。

 

もう一花咲かせて下さい。(2013.11.5 M

 

 

 

タガメ女とカエル男

Q:先日の身内の恥という回答の欄で良くタガメ女とカエル男という話が出てきましたが、どうゆうことか教えてください。(埼玉 教員 36歳 女性)

 

タガメ女とカエル男という話はフォロアーのアドバイスで知りました。

 

こぶ爺も知らないことが多いんですよ。さっそく読んでみました。カルチャーショック?を受けました。因みに本の名は「日本の男を食い尽くすタガメ女の正体」(講談社 プラスアルファ新書)大阪大学大学院経済学研究科准教授 深尾葉子 著

 

深尾先生の説によりますと社会現象として「専業主婦志向」の女性が増えてきた。その結果安定した給料で定年まで働けるカエル男を捕えるタガメ女が急激に増えていった。この世の中にはタガメのような女が溢れ、カエルのような男を捕食し、ゆっくりと死に至らしめているという「恐ろしい現実」がある。

 

日本社会が抱える問題の多くは実はタガメ女たちがひきおこしている。

 

タガメ女とは「魂を売った娼婦」であり、カエル男は餌に過ぎない。(念のためこれは深尾先生が言っているのです!)タガメ女は主婦という身分を奪われる不安と戦わなければいけなくなった。それゆえタガメ女は必要以上に幸福をアピールするようだ。非常に計算高く、時には甘え時にはしなだれかかれ、カエル男が自分を口説くように仕向けるそうです。(キャバクラの女みたい!)約束を破るのは罪だというように徹底的にカエル男を洗脳し、経済的に追い詰めて自由を奪うそうです。(なにかオウム真理教みたい!)

 

育児が大変、主婦も楽じゃないと忙しさの演出をします。(仕事が出来ないサラリーマンみたい!)もう一つ演出しているのが幸福です。アルバムが充実している。結婚という約束が反故されないようカエル男の教育を施す。アリバイとして家事に一所懸命。ディズニーランドが好き。マンションの階層にこだわりを持っている。戸建ての場合は家の立地にこだわるようです。忙しさと幸福のアリバイ作りに追われている。

 

身近にオタク男性などがいると不安になる。搾取が本業であるタガメ女が本当に生業としているのは自由を奪ったカエルの血肉を吸うことです。タガメ女が好むのは「貯金」である。嫉妬に狂う演技をするらしい。一方カエル男というのは離婚という一歩を踏み出すことがなかなかできない、捨てることも失すこともできない。幸福の偽装工作をする。心も財布も自由も奪われて見苦しい自分で判断できない。タガメ女に捕食されても気がつかないフリをするカエル男の最も安易行動は「逃げ回る」こと。結果的にタガメ女と「共犯関係」であるということです。まだお若い女性学者の考察力、洞察力に感服いたしました。

 

マスコミで良く言っている草食系男子、肉食計女子を超越していますね!

 

日本は男尊女卑の国と言われますが実のところ商人の家、職人の家、農業の家にしろカカア天下の国ですよ。でもここまで来ると、男は女の奴隷だね!情けない。昔から女にとって結婚は永久就職、3食昼寝テレビ、今ならパソコン付きとサラリーマン社会になってから(昭和40年代以降)変わってきたのでしょう。

 

深尾先生もここまで掘り下げて頂いたのですから、もう一歩突っ込んでもらいたいと思いました。カエル男というのは大学を出て大手企業とか役所に勤務して給与が保証され、友達が少なく、気が弱く、女の尻に敷かれるタイプということでしょう。問題はタガメ女ですが果たしてどのような家に生まれどのような育ち方をしてきたのか、どんな仲間がいるのかでしょう。

 

これを追求できればタガメ女を駆除できる方法が見つかることでしょう。

 

昭和の時代がなつかしい! 2011.11.5 T

 

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ