« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

なでしこジャパンの活躍

Q:こぶ爺はサッカーファンですか。525日ベトナムでサッカーの女子アジア杯で女子サッカーチームが見事初優勝を果たしました。こぶ爺は今回のなでしこジャパンの活躍についてどのような感想でしょうか。
(東京 ITサービスマネジャー
34歳 男性)

 こぶ爺はサッカーは苦手です。何度もサッカーの試合をテレビ観戦していますが、まだルールがわかっていません。しかしワールドカップとかオリンピックになると日本人としての血が騒ぐのでしょうか日の丸チームを応援しています。さてこの度のアジア杯での初優勝心よりお祝い申し上げます。準決勝の中国戦、決勝オーストラリア戦ともにテレビの前に陣取って声援を送っていました。それにしてもスポーツでの女子選手の活躍には目を見張るものがあります。初優勝の勝因は言うまでもなく佐々木監督の采配であり、選手起用に他なりません。準決勝での中国戦は素人のこぶ爺から見ても大激戦でした。

決勝でのオーストラリア戦も手に汗握る戦いの中、準決勝に続き岩清水選手のヘディングシュートが勝負を決めてくれました。それにしても全試合を通じ宮間あや選手の率先垂範型リーダーシップの迫力はすごいと思いました。おそらく普段はかわいいお嬢さんだと思いますが宮間選手の勝利への執念に向けての顔つき、テレビ観戦のこぶ爺も思わずゾックとしました。佐々木監督のご指導に感服する次第です。この監督にしてこのキャプテンありといったところでしょう。それともう一人忘れてならないのはベテラン?の澤選手でしょう。こぶ爺はワールドカップ杯の決勝の時真夜中に目が覚めてテレビを観ていてもうダメかと思っていた矢先、澤選手の電光石火のヘディングシュートを見ました。結果日本チームは奇跡的な優勝をしました。東日本大震災の年の夏でした。今回は澤選手がまだ選手として出場しているとは思いませんでしたので又彼女の活躍が見れて大変うれしい思いでした。それにしても中国戦での先制のヘディングシュートは見事でしたね。準決勝、決勝と岩清水選手のヘディングシュートが勝負を決めました。そのいずれもがキャプテン宮間選手のコーナーキックでした。最優秀選手賞は当然のことです。ところで澤選手のお名前は穂希(ほまれ)さんというらしいです。いい名前ですね。誉れ高きほまれということでしょうか。ご両親は子供の名前を付ける時にいろいろ願いを込めるものです。親にとって子供の名前というのは一番短い願いの詩です。こぶ爺としては是非一度穂希さんの監督姿を見てみたいと願っております。それとも花嫁姿が先ですか。ベトナムでの大会開催関係者は中国の件もありさぞ心配されていたことでしょうが、何事もなく閉幕してたいへん良かったですね。次はこの勢いをもってブラジルでの男子選手も是非良い試合をして頂きたいと願うばかりです。ガンバレ日本
2014.5.31

 

この稿をもって今年1月~5月までのこぶ爺のひとり言はひとまず完了。6月はいつもの通り今までの分を政治経済・一般社会・経営・人事の4テーマに分けて各週に掲載します。ご一読頂ければ幸いです。

次は7月より11月まで掲載する予定です。質問はいつでも受け付けております。随時場合によっては個別に“ひとり言”として回答いたします。

皆様のご質問をお待ち申し上げます。 質問受付先は info@so-sei.jp まで

新入社員と愛嬌

Q:入社して2ヵ月が経とうとしています。同期と2人同じマーケティング本部の商品開発チームに配属になりました。同期の者(女性)は直属の上司であるマネジャーから良く声をかけられているようですが、何となく私にはあまり声をかけてくれません。どうしたらマネジャーから声をかけられるようになるのでしょうか。マネジャーからみて同期のものと私はどのような違いがあるのでしょうか。どのような努力をしたら良いのでしょうか。アドバイスをお願いします。
(千葉 食品メーカー 新入社員 
22歳 女性)

 

入社から2ヵ月ようやく職場になれた頃でしょうか。余り気を使わずに与えられた仕事を一つ一つ落ち着いてやりましょう。つい先日フィギアスケートの浅田真央さんが来季休養することを表明しました。休養後の復帰の可能性はハーフハーフ(半分?)ということです。日本中のファンはおそらく復帰を待ち望んでいるのでしょうね。こぶ爺もその一人です。彼女の成績よりも彼女がいるということで日本人のファンの心を揺さぶるのでしょう。彼女の持つ愛嬌がそうさせるのでしょう。こぶ爺の尊敬する谷沢永一先生(故人)はその著書「人間通」の中でとにかく愛嬌のある奴には勝てないよと言っておりました。

では愛嬌とはなにかと言えば一つにはかわいいということです。単純に表現すればそばに置きたいということ。反対語は憎らしいということ。2つ目には素直ということです。逆らわないすぐやるということ。反対語は生意気ということ、知ったかぶりをするとか、出しゃばるということですが、余り気にしない事です。貴女はただ毎朝、マネジャーに昨日の報告をしてください。そして今日何をするのかを確認して下さい。何か困ったことが起きた時にはすぐにマネジャー、先輩社員に相談して下さい。それと愛嬌の意味には付き合いがいいというのもあります。新入社員1年目は毎日が勉強です。ところで貴方は“教えて下さい”とどれくらい先輩、マネジャーに声掛けしていますか。“教えて下さい”は今年1年だけの貴女のフレーズです。

2014.5.30

理想の管理職

Q:私はこの4月に管理職になったばかりです。私の部署には4人の正社員と2人の派遣社員がおります。3月末でしたでしょうか、今春の新入社員に聞いた「理想の上司」の調査で男性の1位はイチロー選手、2位はジャーナリストの池上彰さん、3位は堺雅人さんということです。とても私は理想の上司にはなれそうもありません。こぶ爺はサラリーマン時代初めて部下を持った時にはどのような思いでしたか。教えて下さい。
(東京 住宅メーカー 総務人事グループ長 
38歳 男性)

 

管理職昇進おめでとうございます。部下を持つというのはこれからのサラリーマン人生における貴方の修業ということです。つまり一般に部下を育成すると言いますがなかなかうまくいくものではありません。自分の子供もうまく育てられないのに、赤の他人のお子さんを育てることは至難の技です。それゆえ貴方自身の修業と言えます。結婚するということは子供を産み、育てることで親の修業をしているのです。それで一人前 こぶ爺は32歳の時初めて営業所長を拝命しました。部下は8名でした。自分より年長者もおりました。女性も2名おりました。何をどうして良いのかわかりませんでした。本屋に立ち寄って管理職の心得のような本を買ってきた憶えがありました。こぶ爺の頃は上司に何かを教わったことはありませんでしたので、すべて自己流でした。しかし10年近く所長、次長と務めることができたのは良き部下に恵まれたからだと今でも感謝しております。部下の仲人も3組しました。そのときの部下達がこぶ爺の人生の師です。

そして理想の上司調査では、男性ではイチローさん、池上彰さん、堺雅人さん、女性では天海祐希さん江角マキコさん、篠原涼子さんだったようです。今春就職予定の男女を対象にアンケート調査をしたとのことです。この結果については選ばれた人の役柄とか実績に対して投票を得たものでしょうから。イチローさん、池上さんを除いて言えば彼ら彼女らのどんな役柄に憧れたのでしょうか。

堺雅人さんでしたらたぶん半沢直樹役でしょう。今の若い人が半沢直樹的な管理者が好きとはビックリしました。でも実際に半沢直樹的上司と一緒に仕事したら部下は疲れますよ。この手のアンケート振り回されてはいけません。シャレだと思ってください。部下という名の部下はいませんので…

実務的には管理者として先ずは部下のお一人おひとりの仕事ぶり、性格を良く見る事です。

因みにこぶ爺が管理職としての第一声は、“お客様との約束を守ること”(お客様とは自分以外すべての人)だったと思います。
2014.5.29

管理職と部下の嫁姑問題

Q:私の部下のことで相談いたします。私に部下のA君は一流大学出身で将来を大変期待されています。昨年32歳で結婚したばかりの新婚ですが、A君の母親は女手一つで一人息子のA君を育ててきたようです。現在は別居中ですがいずれは母親と同居するようです。最近A君が元気がないので良く話を聞いてみますと、早速、嫁姑の確執があるようです。幸い私にはそのような問題がなかったのでどうアドバイスをしたら良いのか、こぶ爺に教えて頂きたい。
(長野 電気部品メーカー 経営企画室長 
46歳 男性)

 

管理職というのは大変ですね。部下の変化に気づきその相談相手になるとは、最近の管理職としては羨ましい限りです。部下のプライバシーにどこまで踏み込むかはその状況、部下の性格等で変わってくることです。一般には(最近の風潮として)プライバシーには関わらないという管理職が多いようです。管理職というのは教育者であり哲学者でありそして最高の実務家です。あと一つ付け加えれば部下(メンバー)の良きアドバイザーたれということです。嫁―姑、上司―部下、親と子などはコンフリクトの固まりです。コンフリクトとは葛藤、対立ということです。経営学の教科書にも出ていますので是非再読を。嫁と姑の事は橋田寿賀子先生のドラマ(DVD)を見れば参考になるでしょう。その昔は姑が強く嫁がいじめられるという構図でしたが最近は少し違うようです。最近の嫁には長幼の序とか不敬とかいう考えはないようです。姑もわがままの固まり、嫁にはこうであってほしいという思い込みがあるようです。本来嫁というのは他家から嫁いでくるのですから新しい文化に触れるわけです。姑の意に染まるかどうかではなく合わせなければならないものです。会社で言えば新入社員が入ってきたときのようなものです。そこに古株の口うるさい先輩がいるようなものです。生れも育ちも違うのですから合う合わないというものではなく合わないのが当たり前ですからコンフリクトが起こるのです。世界中いたるところにあることです。姑と嫁の性格にもよりますがどちらかが折れるしかないのです。ところが最近は息子(夫)が大体だらしないときております。あっち向きこっち向きどちらにも良い顔をしようとしすぎるのです。

バカ息子ほど、手に負えません。結果、鬼嫁、毒嫁、バカ嫁の出来上がりです。橋田先生のドラマレベルでしたら今言ったようなことで子供(孫)が出来たところでおさまるのでしょう。ですが新たな火種として今度は孫の育て方、教育で揉めることでしょう。でも姑と嫁がジャレているだけとみている方が良いでしょう。しかし橋田先生のレベルを超えるとすれば早め早めに手を打たなければいけません。最悪の場合は絶縁することも視野に入れなければなりません。A君のお母さんの年齢が幾つかわからないのですが、60歳を越しているようでしたらもう息子(母)は捨てなさいと言ってあげるべきです。それが嫌なら嫁(母)に従うしかありません。こぶ爺が思うには仲人の制度が壊れた今日、離婚が当たり前のようになったようです。コンフリクトの解消はコミュニケーションの改善しかありません。“忍耐と寛容”こそ最大の解決策です。結婚するときは相手の母親を見て決めるべきだね。これ、こぶ爺の教訓。
2014.5.27

進化する振り込め詐欺

Q:相変わらず高齢者を狙った振り込め詐欺が発生しております。なぜこのような詐欺が増加するのでしょうか。止めさせる方法はないのでしょうか。こぶ爺はどう思いますか。
(群馬 電設業 経営者 
36歳 男性)

最近は振り込め詐欺と同類似詐欺を「特殊詐欺」と呼んでいるようです。昨年の被害総額は5,000億近くとのこと。年々巧妙な手口となり、振り込み型から手渡し型。最近では宅急便やレターパックを利用したものが急増しているようです。こぶ爺が気がめいるのはその被害者の7割が65歳以上の高齢者とのこと(女性が2/3 男性が1/3)男女とも60代~70代に被害が集中していることです。特殊詐欺の犯罪者は頭をよく使います。ターゲットを絞り(高齢者)テーマを考え(オレオレ詐欺、架空請求、還付金詐欺、融資保証金、金融商品詐欺・・・)セールストークに磨きをかけ、現金の受け渡し方法に工夫を凝らし、とにもかくにも悪知恵を使います。その知恵を正当な経済活動に生かせばどれだけ人生を豊かに安心して送ることが出来ると思うばかりです。ある経営者(商社、58歳、男性)の方が言っておりました。不謹慎かも知れませんが、オレオレ詐欺のグループリーダーを正社員として雇いたいくらいだと言っておりました。自社の社員に忸怩たる思いがあるのかも知れません。

さて、ともかく高齢者の被害を防ぐには、不審電話対策として留守電録音装置が効果的とのことです。しかしそれより有効なのは家族(特に子供)とのコミュニケーション方法を確認しておくことです。合言葉を決めておくとか、携帯電話番号を変え、出来る限り親と子(孫)と決めておく事です、これこそ家族のコミュニケーションの復活です。敗けるな 高齢者 !!

こぶ爺は絶対この手の被害には会いません。子供に出してあげられるお金はありませんから。

でもそれにしても皆さん良くお金を貯めているものですね。きっと勤勉に働いてこられ、コツコツお貯めになられて来たのでしょう。こぶ爺としてはうらやましい限り。
2014.5.26

 

増える祝日

Q:523日 参院本会議で811日を山の日とする改正祝日法が可決成立しました。これで年間の祝日は計16日に増えましたがこぶ爺は祝日が増えることについてどうお考えですか。
(岡山 地方公務員 36歳 女性)

 

祝日が増えることで喜んでいる人が多いでしょうね。

こぶ爺のような年配の者からみれば祝日が増えても喜び半減といったところです。子供たちも811日というと夏休み中ですのでさほどのことはないでしょう。

旧盆は814日、15日、16日でしょうから多くの人はこの時期に夏休みを取得するでしょうから、どうせなら813日か17日を祝日にすればよかったのにと思っております。山の日と言っても7月に海の日があるからといった程度の発想でしょうから。でもこれ以上こぶ爺が言いますと過労死防止は国の責務ということで法案成立に向かってる矢先なので差しさわりがあるといけません。

でも祝日を増やして労働時間は減少するのでしょうか。本当に日本の労働時間は長いのでしょうか。それならなぜ日本の労働生産性は低いのでしょうか。時間に比例して成果の上がる仕事と創造性を要求される仕事、ありていに言えば単純業務、マネジメント業務と創造業務では、労働時間の考え方は違うのです。こぶ爺の知見では欧米の上級管理者経営者の働く時間は日本とは比べ物に成らない程恐ろしく長時間に亘っておりました。カーネル・サンダース曰く“人間は働き過ぎでダメになるより、休みすぎて錆びつくほうがずっと多い”と語っております。この問題は「残業ゼロ」導入の検討とも併せて近いうちに今一度コメントさせて頂きましょう。
2014.5.25

高校卒業後就職して20年・・・

Q:高校卒業して今の会社に入って20年経ちます。ここ数年会社の将来に不安を感じています。仕事には大変やりがいを感じていますが、上司ともうまくいっているとも言えませんし、転職を考えていますが、大学も出ていませんし、これといった資格も持っていません。これから先どのようにしたらよいかこぶ爺にアドバイスをお願いします。
(神奈川 流通センター 係長 
38歳 男性)

 

38歳という年齢からして若いなと思いますが、一つの会社に勤めて20年とは、大ベテランですね。そのような方が会社の将来に不安を抱え、上司とのコミュニケーションもままならぬとは余程無器用な生き方しかできないようですね。まず会社の将来に不安がある場合、このような時、一般には①今の状況に諦めてこのまま我慢?して働くか②20年間の経験を生かして係長として内部の改革に取り組むか③それらが出来ないときは新天地を求めて転職するかです。貴方のメールを見ますと転職したいという気持ちが強いようです。こぶ爺としては②についてアドバイスしたい思いですが、転職についてお話ししましょう。まず高校出だからというコンプレックスがあるようですが、そのことはお捨てなさい。なぜなら大学出と言っても星の数ほどいます。東大、京大でもない限りどこの大学も一緒と思ってください。むしろ大学出でなく中学出の方がまだまし?と思います。こぶ爺の知り合いにも小学校出を自慢して経営コンサルタントをしている先生もおります。そういえば東大教授を務められた建築家の安藤忠雄先生も大学には行っておりません。

次に資格のことですがやみくもに資格を持っていればよいという者ではありません。無論これからやりたいと思う仕事に必ずなければならないということであれば取得するべきとは思いますが。それより貴方が20年間働いた経験からしてお分かりの様に取引先、同僚、部下、上司とのコミュニケーションがしっかりとれるかの方が重要なスキルです。今はPCなくして仕事が出来ない時代です。そちらの方のスキルはどうですか。貴方はまだお若いのですからこれから12年かけて計画的に貴方のスキルを磨いて下さい。あなたの財産です。あなたの転職先への売り物です。当然のこととしてこの20年間の仕事を通じて知り合った人達も財産です。ところで家族の人には貴方の考えを話されたのですか。家族の協力なしには人生設計は出来ないでしょうから。転職すると決断したなら早速取り掛かって下さい。上司が嫌いだから、高校しか出ていないから、資格がないからと言って逃げてばかりいては誰も協力してくれません。でもどこの会社に行っても今の会社より良いところは無いと後悔する人が多いのも事実です。

2014.5.16

新入社員の育て方

Q:社員50人ほどの建設資材を取り扱っている小規模な商社の部長をしています。今年3名(男性2名女性1名)の新人が入社しましたが入社して1ヶ月程たちましたがどうも元気がありません。6年振りに入社した新入社員、大切に育てたいと思っていますがどのように指導したら良いかアドバイスをお願いいます。
(神奈川 建設資材、商社 部長 52歳 男性)

 

ようやく建設業にも活気が出てきたようです。おそらく御社においてもそれを見越して3名もの新入社員を6年ぶりに採用したものと思います。若い社員が入社するということ事態、職場を明るくするものです。しかし入社したころ元気があった社員も1ヶ月も経つと先輩上司への気疲れ、希望と現実のギャップで元気が薄れていくものです。良く言われることですが新入社員教育は3日、3月、3年と言われます。このままにしておくとあと2ヶ月後の壁が心配です。部長が言われるように大切に育てるということは甘やかすということではありません。新入社員は想像するに18歳~23歳位でしょうか。彼らに一番年齢の近い社員、出来れば20歳代の人が良いのですが。新入社員の相談係りになってもらうことは出来ないでしょうか。その昔はこの仕組みをブラザー制と名付けていました。是非やってみて下さい。ところで御社には新入社員入社前に社内で新入社員向けO.J.Tのスケジュールは決められましたか。入社1ヶ月は①挨拶の励行②時間厳守③報告、連絡、相談について教えるのでは。新入社員3人はどのような働きぶりですか。入社3ヶ月は箸の上げ下げまで注意するのがポイントです。つまり新入社員の学生時代に身についた癖、習慣を排除することです。それと併せて新入社員のそれぞれの性格を把握することです。ありていに言えば素直かどうかです。素直とはすぐに実行するということです。ゴールデンウィーク明け、元気に出社してくれると良いですね。7月までの間に仕事の基本を教えなければなりません。そのスケジュールはどうなっていますか。それが部長である貴方の重要な仕事です。会社にとって社員は大切な資産ということです。

4月の雨は5月の花を咲かせるために降る。(イギリスのことわざ)”
2014.5.12

 

第71代横綱

Q:大相撲春場所で初優勝を飾った鶴竜関が第71代横綱になりました。これで横綱3人がすべてモンゴル人となりました。私は貴乃花関以来日本人の横綱がいないことに寂しい思いがしております。こぶ爺は鶴竜関の横綱昇進についてまた今後の角界についてどのようにお思いでしょうか。
(東京 年金生活者 69歳 男性)

あと2~3日で夏場所が開催されます。本場所は鶴竜関の昇進で最高位3人それも外国人力士が並ぶのは史上初めとのことですね。こぶ爺のように子供の頃からカタヤ○○~、コナタ○○~と行司さんや呼び出しさんのマネをして遊んでいた者にとって楽しみのような寂しいような複雑な思いです。でも久々の雲竜型の土俵入りも見たいものです。それにしても鶴竜関はよく頑張ったと思います。聞くところによるとアナンダ少年(鶴竜の本名)が大相撲入りにあたって、大学教授の父親の知人が日本語に訳して日本の相撲関係者に手紙を託したようです。15歳の春だったとのことです。関係者はあんなヒョロヒョロした子が横綱になるなんてと言って驚いているようです。当時身長179センチ体重78キロだったようです。そのような子が苦節13年文化も言語も違う異国の地で良く耐え、努力を積み重ねて来られたことにこぶ爺は拍手喝采、脱帽といったところです。 さてそれに控えてこれからの角界における日本人力士への期待はということになります。若貴時代の再来は無理にしても日本人力士の勇姿を見たいと願っているのはこぶ爺だけではないでしょう。鶴竜関のような努力の人は日本のどこにいるのでしょうか。初代横綱若乃花関は“心技体”と言っていたように思います。日本人とモンゴル人の差は“心”でしょう。若乃花はモラル(道徳)と乱れを言っていたようです、こぶ爺はモラール(意欲)の差だと思っています。今後の日本人力士への期待は大関稀勢の里と前頭4枚目遠藤関であることは衆目の一致するところ、心を鍛えて精進して貰いたい。本場所では横綱をしのぐ声援が飛んでいるようです。是非見せて頂きたい。横綱3人を前に仁王立ちする姿を。
(2014.5.9)

国民の安全に対する国のリーダーの仕事とは

Q:お隣韓国では旅客船沈没事故での救助活動がまだ道半ばというところ先日ようやくパク・クネ大統領が国会で謝罪演説をしたところ、今度は追い打ちをかけるように地下鉄追突が発生しました。パク・クネ大統領の支持率も急落しているようです。日本のテレビ欄では“揺らぐ韓国の安全神話”と騒がれています。これから先韓国のリーダーはどのような対応を取るべきなのでしょうか。
(東京 地方公務員 43歳 男性)

事故というのは続くものですね。かつて日本でも飛行機事故が続いた時がありました。旅客船事故においてようやくパク・クネ大統領が謝罪したばかりでしたのに。あれは謝罪にならない謝罪です。パク・クネ大統領の周りには謝罪演説の原稿も満足に書ける能力もないとは、ブレーンのいない大統領は不幸です。返す返すも1日も早く日本に支援を求めていればこのような大惨事にならなかったものをと思われてなりません。こぶ爺としては、実のところ隣国の出来事をあまり言いたくないのですが、リーダーは早く誠意をもって謝罪することです。遅れて謝罪すれば逆効果となります。日本の政治家も心して下さい。 この場に及んでは辞意を表明することです。そして早く次の大統領を決める事です。パク・クネ大統領は急落しても40%後半の支持率があるようなので、再び立候補することもあるかもしれません。この選挙は大阪市長の税金ムダ使い選挙とは違います。決めるのは韓国国民です。他国の我々はただただ見守るしかありません。リーダーはメンメンと現在の地位にしがみついてはいけません。そちらの方がみっともないことです。パク・クネさんは粛々と被害者のためにも、韓国の安全のためにも、再び立候補するにしても次は身を挺してメンツにこだわらず大統領の仕事をして頂きたいものです。 草葉の陰で父君もそう願っていることでしょう。辞めるなら今しかないでしょ!辞めるタイミングでリーダーの器量は決まります。しかし北朝鮮の動向にはくれぐれも注意を払わなければならないでしょう。それからテレビ欄で“揺らぐ韓国の安全神話”と騒いでいるということですが誰がそんな誤ったキャッチフレーズを掲げたのでしょうか。こぶ爺の知る限り、韓国にはいったいいつから安全神話があるのでしょうか。今から20年程前韓国ソウルでは聖水大橋の崩落事故もありましたし、三豊百貨店の倒壊事故等もあり、当時こぶ爺の勤めていたコンサルティング会社にも韓国から“日本の安全管理”の指導の依頼がありました。結局彼らの国には安全より業績向上という間違った経営スタイルしか受け入れられなかったことが残念でなりません。彼らにとってアメリカ的業績主義か日本的安全主義かといった思いだったのでしょう。こぶ爺がいつも言うことで耳にタコができたと思いますが,“安全はすべてに優先する”ということです。 ところでこの件で中国から韓国に対し何もアクションがない(マスコミの取材不足か)とはこぶ爺は不思議な思いでなりません。
(2014.5.7)

全国学力テストから見えてくる本当の教育問題

Q:昨年に引き続き全員参加方式で行われた全国学力テストは、422日に終了しました。読売新聞社の調査によると76%の区市町村教育委員会はこの結果を非公表とするようです。公表するとしたのはわずか2%だそうです。公表で学校間、教師間、児童・生徒間の競争を誘発するというのが理由だそうです。子供を学校に預けている親としては正確な情報を示してもらいたいと思っていますが、こぶ爺はどう思われますか。
(兵庫 金融機関 二男の母 
46歳)


この問題、教育委員会(教師側)と首長(保護者側)との論争ということになるのでしょうか。それにしても76%もの教育委員会が結果を公表しないとはビックリしました。それではなぜ何十億もの費用(税金)をかけて学力テストをしたのか分りません。教育委員会にとって児童・生徒とはどのような位置づけなんでしょうか。私立学校と公立学校の先生の考え方に違いがあるのでしょうか。公立学校は教師のためにあるのでしょうか。こぶ爺は児童・生徒のためにあると思います。それゆえ児童生徒の成長のために学力テストということで学習成熟度を計ったのではないのですか。そのことに教育委員会はなぜブレーキをかけるのか、全く理解に苦しむところです。保護者は何も言われないのですか。病院に行って精密検査を行って結果がわからないようなもの。それでは病気を治すことは出来ません。学校では学力テストをやってもわからないので学習塾、予備校へ行ってくださいということですか。とすると教育委員会は私塾の経営のためにあるということですか。そういえば昨年静岡県知事が成績上位の校長名を発表して物議をかもちましたね。民間企業でも成績考課をつけます。その結果で給与も上下しこれから先、伸ばさなければならないスキルも発見できるわけです。非公表と言っている教育委員会(教師側)は学校の「序列化」につながることにブーイングしているようです。児童・生徒もこれから先、人生を歩む中で好むと好まざるとにかかわらず「序列化」されます。学力も運動力も創造力すらも序列化されます。運動会で100m競争をすれば123着と決められます。そういえば最近の学校では順位を決めないところがあるらしいです。ほんとうにそれで児童・生徒のためになるのでしょうか。学力も運動力も創造力も尊重されるものです。有能な児童・生徒を育てることも教師の役割ではないのでしょうか。

こぶ爺が考えるには教育委員会が本当に反対したのは教師と校長の「序列化」ではないのでしょうか。彼ら教師は労働者と言いたいのでしょう。先ほど言ったようにどこの企業の労働者それが管理者であっても人事考課の結果、序列化されているのです。はっきり言って楽して生きていたいバカ教師は自分の無能力さがバレルのが嫌なだけだと思います。文部科学大臣は学力テストの未発表が児童・生徒に悪影響を与えることはご存知でしょうから、ここはひとつ日本の将来のために是非ともリーダーシップを発揮すべきです。

今こそモンスター・ペアレントの出番です!
2014.5.5

教諭の実子入学式出席問題

Q:4月8日埼玉の高校の女性教諭が担任する生徒の入学式を欠席して他校の高校に進学した子供の入学式に出席していたとのこと、教諭としてこのようなこと許されていいことなのでしょうか。私の子供ならこんな教師のいる学校にお世話になりたくありません。こぶ爺はどうおもいますか。
(埼玉 医師 46歳 男性)

14日に教育長が定例会見で、「(教諭であった)私自身は子供の入学式に参加したことはない。しかし我々の感想と(現代の)若い教諭や親の意識が変わってきている。良い悪いではなく、この問題は結構難しい問題だ」と言っていたようです。正にその通りだと思います。この問題は公立学校と私立学校、男性教諭と女性教諭、若い人と年配の人、小学校、中学校、高校、大学の入学式、卒業式、などによっても考え方は違うのでしょう。今回は公立、高校女性教諭、年配で遅く出来た子供?と思われます。一番大きなことは公立校と私立高校との差ではないでしょうか。公立校は日本教員組合があり教師は労働者として活動しているようです。自分の生徒より自分の子供が先と思っても不思議ではないでしょう。 私立校と公立校では教師の重要業務の意識が違うのでは。担任の生徒の入学式は公立校では重要業務扱いではないということです。ここが民間企業との大きな違いです。そしてこの教師は校長の許可を得て休暇を取っています。とするとこの問題は校長(管理職)にあるということです。民間企業では“管理者の格差は企業の格差”と言われています。公立校の管理職は親方日の丸の考えが変わっていません。喝! こぶ爺はこの件、テレビ番組と週刊誌で見ましたが、こぶ爺があまり好きになれないおネエ?教師の尾木ママなる教育評論家が「完全な職場放棄です。僕が現役の教師時代にしたら校長や同僚から白い眼でみられたはず。休暇届を出そうとすら考えもありませんとブログでこの担任教師の行動を“ありえない”と批判したところブログが大炎上とのことこぶ爺は尾木ママを少し見直しました。でも日本教員組合の力もすごいということです。質問者に聴きたいのですが自分の患者を放っておいて子供の入学式に出る医師はいるのでしょうか。やはり考えられないことなのでしょうか。“公務員教師3日やったら辞められない”と言っていた人がいましたがそんなところでしょう。公務員教師は10年に一度くらいのわりに民間企業に出向させたらどうでしょう。どちらにしてもやはり今回の件、管理職である校長の指導力に問題があるようですね。なぜ子供さんの入学式があるのに1年生の担任に指名したのか、なぜ休暇届を受理したのか・・校長によるこの女性教諭へのインボウ!ともとれます。 ところでこの女性教諭には夫、ご主人はいないのですか。まさか夫は仕事に出て妻が仕事を休んだということですか。でもそこまでして男の子の高校の入学式に親は出席したいものですか。人それぞれの事情ということはわかりますが、子供さんはどう思っているのか全国の新高校生にも聞いてみたいところです。 (2014.5.3)

経営理念を忘れるな

Q:昨日5月1日フジテレビを見ていましたら、私のファンだった元シブガキ隊のフックン(布川敏和)の奥さんの不倫報道を受けて奥さんの会見とフックンの会見を実況中継しておりました。こぶ爺は芸能ネタには興味はないと思いますが、このような不倫騒動と報道についてどう思われますか。
(千葉、専業主婦、51歳、)

“こぶ爺のひとり言”で芸能ネタの質問にお答えするのは初めてのことかもしれません。ご指摘の通りこぶ爺には少しばかり苦手なジャンルです。でもフックンは2時間ドラマで時々お見受けしていましたが、最近はちょっと露出度が少ないようです。さてご質問の事不倫とは人の道をはずすということで倫理的に許されないということです。これは夫も妻も同じです。不倫の相手には法律的には損害賠償責任が発生するはずです。ちょっとかたいですか。時代が変わるとこのような社会的な風評も移り変わるものだと思います。(私も今朝のテレビで見ましたが)妻が不倫をして会見をする。それも堂々とそして1時間ほどおいて夫(フックン)が同じように会見をするとは。芸能人というのはいつもこのようなプライベートのことで夫婦別々に会見なるものをするのですか。古来日本には“恥”とか“恥ずかしい”という考えがありましたが、今や死語ということのようです。さて冷静にこの件を見ますとTV局と雑誌社と芸能プロが仕組んだ仕掛けのように思えますが。的外れでしたらゴメンナサイ!でも芸能界ではこれ位の事よくあることとも聞きます。私生活を暴露しても露出度を増やしたいと思っている芸能人が多いのでしょう。ですから離婚騒ぎが起きると露出度が増える。まさかと思いますが病気やケガをすると露出度が増える、女性タレントなら裸になれば露出度が増えるということです。それをファンやTVすずめが喜んで?観るという構図です。でも犯罪者として露出するのはやめましょう。下手すれば芸能界永久追放になります。でもファンやTVすずめはそのことに腹を立ててはいけません。シャレだと思ってみる事です。芸能人は一人ひとりが経営者です。 芸能プロも営利を追求する企業です。企業にはマーケティングというシステムがあります。今回の件は芸能人のマーケティングということです。マーケティングとは自社の製品やサービス(この場合芸能人)を売り込むため一連の活動ということです。こぶ爺もこの体を張ったマーケティングには頭が下がる思いです。ファンの人も温かく見守ってやることです。しかし、こぶ爺としては一つだけ文句があります。それはかりにも大手マスメディアと言われるTV局がこのようなことに加担するのか、これでは三流週刊誌、あることないこと書くと言われる夕刊紙となんら変わるものではありません。大大手マスメディアの誇り、役割を忘れているように思えてなりません。いまこそ大手マスメディアは今一度自社の経営理念を見つめ直す事です。このツケはあとで大きく響くことでしょう。
(2014.5.2)

聞いていない

Q:先日旭川建設業協会でこぶ爺のオフィス主催のセミナーを受講しました。本年よりコミュニケーションについてのテーマが増え大変参考になりました。さてその折上司が良く怒る原因は、報告・連絡・相談にあると言っておられましたが、私の上司もそのようですがどのように対応したら良いでしょうか。

(北海道 建設業 工務担当 31歳 男性)

 

御社の方々には毎年受講して頂きありがとうございます。さてご質問の件いささか残念な思いがします。工事担当者であろうが、設計担当者であろうが企業という組織に入職した以上どのような職種、部門であっても第1に心掛けなければならないのは報告・連絡・相談です。そしてこぶ爺のオフィスでは加えて確認です。“ホーレンソー”と覚えていてください。決して八百屋さんで売っているほうれん草ではありません。正確には相談 ~したいのですがという未来に対して次に連絡 ~しています。という途中経過、現在の状況のこと。そして報告 ~しました。という結果・過去のことを言うことでしょう。貴方の上司も良く怒るとのことですが上司は怒りっぽい訳ではありません。

こぶ爺の尊敬する評論家で関西大学名誉教授の谷沢永一先生の「人間通」(新潮選書)67頁によりますと情報はいつもおのずから当方に達するのは自分が重んじられているからである。この俺様が承知していなければ何事も前へ進まないのだと自信を強めるためには、あちらこちらからしょっちゅう情報が耳打ちされていなければならない。それゆえ“私はまだ聞いていない”と怒り出すと揶揄してお書きになっています。こぶ爺から見れば上司は貴方に対してのO..Tをしていると思ってください。仕事の出来ない人に限って上司を逆恨みするようです。“組織で生きる以上”最低限知らなければならないのは報告・連絡・相談・確認です。特に報告は指示・命令を出した人に直接にしなければなりません。それは電話でもメールでも良いでしょう。(組織内で最初に決めておくことです)ホーレンソーは組織で働く人のパスポートです。これは貴方の現場でも同じです。安全管理、品質管理の基本です。(2014.5.1

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ