« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

まとめD:人事

Q:明後日は成人の日です。最近成人年齢を20歳から18歳に引き下げる議論が活発になりつつありますがこぶ爺はどのようにしたら今の若い人のために、又社会のためにとお考えでしょうか。

(宮城 教職員 34歳女性)

 

今年も成人式は一部地域では雪になりそうな予報が出ているようです。折角の晴れ着が台無しになるようでかわいそうな気がしますが、お天気にめげず一生に一度のこと元気よく楽しんで下さい。

さておたずねの件、こぶ爺はその昔から男は25歳女は18歳が成人年齢として適切でないかと言っていました。20歳くらいのときはどうも男性よりも女性の方が肉体年齢、精神年齢を考えますと、その成長に開きがあるように見えます。かつてこぶ爺は20年程前までに多くの企業の新人社員の研修を担当したことがありましたがその頃から女性社員がリーダーシップをとることが多くなってきました。男性社員は女性社員の言いなりいわばパシリ、これが時代の趨勢かと意に感じるところでした。草食男子の始まりでした。しかし成人男女子の中性化、幼稚化にはただただ驚くばかり。犯罪の低年齢化も大きな社会問題、体と心は別もののようです。選挙権も見直す時期にきているようです。よく考えてみますとどの時代もどの学校、企業においても上位20%は大人の考え方を持っています。下位20%は箸にも棒にもかからない困り者でしょうか。課題は60%の中間層がどう大人に成長してくれるかでしょうか。選挙権を早く与えても投票に行ってくれるでしょうか。投票の判断力は持っているでしょうか。と心配してもしょうがないでしょう。これからの時代は若い人が作っていかなければならないでしょう。成人になり各種の法律で権利ばかりが強調されますが、法治国家としてその責任を果たすことも早い時期に教えなければならないのでしょう。そこでこぶ爺としては、18歳成人、12歳半成人(小学校卒業時)としたら現在の社会の実情にてらしても適切ではないでしょうか。もちろん18歳になれば投票権もそして現在でも婚姻することもできます。

12歳になれば少年法も適用されなければなりません。その他整備しなければならない法律は山のようにあるでしょうが若い人に自覚を持たせることも重要なことです。これでこの国が滅びるようだったらただそれだけのことです。この国にも、どこの企業にも、上位20%のノブレス・オブリージュ(選ばれし人)が必ずいます。年配者は今どきの若いものはというだけでなく大いに今どきの若いものに期待しましょう。
2014.1.11

 

 

Q:社員25名ほどの工務店を経営しています。3人の課長がいますがその内1人をこの4月部長に昇進させ、経営陣に参画してもらいたいと考えています。経営者としてどのような視点をもって選抜したらよいか悩んでおります。

是非こぶ爺のアドバイスをお願いいたします。

(栃木 工務店経営者 62歳 男性)


経営者にとって社員の昇進昇格は経営の命運を左右する重要な決定事項です。経営者はあらゆる決定事項を他の役員、部長に権限移譲することもできます。しかし人事権だけはいかなる場合も人に委ねてはいけません。特に中小企業はいけません。ましてこの度は課長を部長に昇格させ経営陣の一員としようというのですから。経営陣の一員というからには経営への提言そして判断をしなければなりません。人柄というのも当然重要なファクターですが経営者から3人の課長を見て彼ら又は彼女らの人柄は充分把握されていることと思います。となると3人の課長のだれが一番数字に強いかです。男性、女性を問わずです。年長、年少を問わずです。経営戦略計画を策定するにしろ、その収益力を判断するにしろ銀行と接衛するにしろ経営陣たる者数字が頭の中に叩き込まれていなければなりません。言うまでもなく経営者に必要な能力はなんといっても先見力、戦略構築力、意思決定力です。その裏付けはデータ、数字なのです。3人の課長の中でどなたが一番数字に強いかです。こぶ爺のオフィスでは経営とは数を数えることと教えております。問題はその数え方です。何をどう

かぞえる

(・・・・)

かです。かぞえ方が経営者の腕ということになります。是非適切な人選を期待しております。“部長の格差は企業の格差”となります。

2014.1.28

 

 

Q:家電の部品工場の人事部を担当しています。ここ2~3年製造ラインの者に何かを注意をしてもそれは営業部門の問題だから営業部に言ってくれと言います。そこで営業部門に言うとそれは製造部門の問題だと言って責任のたらい回しをしています。このような状況で両部門の改善をするにはどのような対策を打ったら良いでしょうか。こぶ爺のアドバイスをお願いします。
(静岡 部門メーカー 人事グループ長 53歳 男性)

 

困ったものですね。でもよくあることです。そもそも誰しもが自分は悪くないと思っているので(悪いと思っていても)他の人(部門)のせいにしたがります。自責より他責ということです。こぶ爺がコンサルティングを行った各社のそれぞれの部門のほとんどが御社と同じ傾向です。しかしこぶ爺がコンサルティングをした会社で営業部門だけが有能で製造部門だけが全くダメな会社はいまだかってみたことはありません。その逆で製造部門だけが有能で営業部門だけが全くダメな会社もお目にかかったことはありません。つまり営業部門が優秀なら製造部門も又優秀なのです。

ところで人事グループ長へのアドバイスですがこぶ爺がかつて実践したケースですが、こうゆう時は思い切って営業グループ長と製造グループ長を交換する人事異動を行ってみて下さい。明日から営業グループ長を製造グループ長に、製造グループ長を営業グループ長にして下さい。3ヶ月もかからずにグループ間のコンフリクトが改善されるはずです。ついでにお話ししておきますと管理者研修をしておりますと多くの管理者からそれは大変いい話なので是非若い社員(部下)に話してほしいといわれることがあります。一方若い社員の研修をしていると若い社員の方々からそれは是非管理者に話してほしいといわれることがあります。これも先ほどのケースと同じで、上司だけが有能で部下だけが全くお粗末、又部下だけが優秀で上司だけ全く無能という会社は見たことがありません。上司が優秀なら部下も優秀(まれに違う場合もありましたが)です。部下の出来が悪ければ上司も同じく出来が悪いものです。上司と部下、営業部門と製造部門、本社と支店、など企業は全てブーメランのようなものです。だから定期的、計画的にそして戦略的に人事異動をトップに進言して下さい。これこそ人事グループ長の最大のお仕事です。
2014.3.27

 

 

Q:先日旭川建設業協会でこぶ爺のオフィス主催のセミナーを受講しました。本年よりコミュニケーションについてのテーマが増え大変参考になりました。さてその折上司が良く怒る原因は、報告・連絡・相談にあると言っておられましたが、私の上司もそのようですがどのように対応したら良いでしょうか。

(北海道 建設業 工務担当 31歳 男性)


御社の方々には毎年受講して頂きありがとうございます。さてご質問の件いささか残念な思いがします。工事担当者であろうが、設計担当者であろうが企業という組織に入職した以上どのような職種、部門であっても第1に心掛けなければならないのは報告・連絡・相談です。そしてこぶ爺のオフィスでは加えて確認です。“ホーレンソー”と覚えていてください。決して八百屋さんで売っているほうれん草ではありません。正確には相談 ~したいのですがという未来に対して次に連絡 ~しています。という途中経過、現在の状況のこと。そして報告 ~しました。という結果・過去のことを言うことでしょう。貴方の上司も良く怒るとのことですが上司は怒りっぽい訳ではありません。

こぶ爺の尊敬する評論家で関西大学名誉教授の谷沢永一先生の「人間通」(新潮選書)67頁によりますと情報はいつもおのずから当方に達するのは自分が重んじられているからである。この俺様が承知していなければ何事も前へ進まないのだと自信を強めるためには、あちらこちらからしょっちゅう情報が耳打ちされていなければならない。それゆえ“私はまだ聞いていない”と怒り出すと揶揄してお書きになっています。こぶ爺から見れば上司は貴方に対してのO..Tをしていると思ってください。仕事の出来ない人に限って上司を逆恨みするようです。“組織で生きる以上”最低限知らなければならないのは報告・連絡・相談・確認です。特に報告は指示・命令を出した人に直接にしなければなりません。それは電話でもメールでも良いでしょう。(組織内で最初に決めておくことです)ホーレンソーは組織で働く人のパスポートです。これは貴方の現場でも同じです。安全管理、品質管理の基本です。(2014.5.1

 

 

Q:社員50人ほどの建設資材を取り扱っている小規模な商社の部長をしています。今年3名(男性2名女性1名)の新人が入社しましたが入社して1ヶ月程たちましたがどうも元気がありません。6年振りに入社した新入社員、大切に育てたいと思っていますがどのように指導したら良いかアドバイスをお願いいます。
(神奈川 建設資材、商社 部長 52歳 男性)


ようやく建設業にも活気が出てきたようです。おそらく御社においてもそれを見越して3名もの新入社員を6年ぶりに採用したものと思います。若い社員が入社するということ事態、職場を明るくするものです。しかし入社したころ元気があった社員も1ヶ月も経つと先輩上司への気疲れ、希望と現実のギャップで元気が薄れていくものです。良く言われることですが新入社員教育は3日、3月、3年と言われます。このままにしておくとあと2ヶ月後の壁が心配です。部長が言われるように大切に育てるということは甘やかすということではありません。新入社員は想像するに18歳~23歳位でしょうか。彼らに一番年齢の近い社員、出来れば20歳代の人が良いのですが。新入社員の相談係りになってもらうことは出来ないでしょうか。その昔はこの仕組みをブラザー制と名付けていました。是非やってみて下さい。ところで御社には新入社員入社前に社内で新入社員向けO.J.Tのスケジュールは決められましたか。入社1ヶ月は①挨拶の励行②時間厳守③報告、連絡、相談について教えるのでは。新入社員3人はどのような働きぶりですか。入社3ヶ月は箸の上げ下げまで注意するのがポイントです。つまり新入社員の学生時代に身についた癖、習慣を排除することです。それと併せて新入社員のそれぞれの性格を把握することです。ありていに言えば素直かどうかです。素直とはすぐに実行するということです。ゴールデンウィーク明け、元気に出社してくれると良いですね。7月までの間に仕事の基本を教えなければなりません。そのスケジュールはどうなっていますか。それが部長である貴方の重要な仕事です。会社にとって社員は大切な資産ということです。

4月の雨は5月の花を咲かせるために降る。(イギリスのことわざ)”
2014.5.12

 

Q:私の部下のことで相談いたします。私に部下のA君は一流大学出身で将来を大変期待されています。昨年32歳で結婚したばかりの新婚ですが、A君の母親は女手一つで一人息子のA君を育ててきたようです。現在は別居中ですがいずれは母親と同居するようです。最近A君が元気がないので良く話を聞いてみますと、早速、嫁姑の確執があるようです。幸い私にはそのような問題がなかったのでどうアドバイスをしたら良いのか、こぶ爺に教えて頂きたい。
(長野 電気部品メーカー 経営企画室長 46歳 男性)


管理職というのは大変ですね。部下の変化に気づきその相談相手になるとは、最近の管理職としては羨ましい限りです。部下のプライバシーにどこまで踏み込むかはその状況、部下の性格等で変わってくることです。一般には(最近の風潮として)プライバシーには関わらないという管理職が多いようです。管理職というのは教育者であり哲学者でありそして最高の実務家です。あと一つ付け加えれば部下(メンバー)の良きアドバイザーたれということです。嫁―姑、上司―部下、親と子などはコンフリクトの固まりです。コンフリクトとは葛藤、対立ということです。経営学の教科書にも出ていますので是非再読を。嫁と姑の事は橋田寿賀子先生のドラマ(DVD)を見れば参考になるでしょう。その昔は姑が強く嫁がいじめられるという構図でしたが最近は少し違うようです。最近の嫁には長幼の序とか不敬とかいう考えはないようです。姑もわがままの固まり、嫁にはこうであってほしいという思い込みがあるようです。本来嫁というのは他家から嫁いでくるのですから新しい文化に触れるわけです。姑の意に染まるかどうかではなく合わせなければならないものです。会社で言えば新入社員が入ってきたときのようなものです。そこに古株の口うるさい先輩がいるようなものです。生れも育ちも違うのですから合う合わないというものではなく合わないのが当たり前ですからコンフリクトが起こるのです。世界中いたるところにあることです。姑と嫁の性格にもよりますがどちらかが折れるしかないのです。ところが最近は息子(夫)が大体だらしないときております。あっち向きこっち向きどちらにも良い顔をしようとしすぎるのです。

バカ息子ほど、手に負えません。結果、鬼嫁、毒嫁、バカ嫁の出来上がりです。橋田先生のドラマレベルでしたら今言ったようなことで子供(孫)が出来たところでおさまるのでしょう。ですが新たな火種として今度は孫の育て方、教育で揉めることでしょう。でも姑と嫁がジャレているだけとみている方が良いでしょう。しかし橋田先生のレベルを超えるとすれば早め早めに手を打たなければいけません。最悪の場合は絶縁することも視野に入れなければなりません。A君のお母さんの年齢が幾つかわからないのですが、60歳を越しているようでしたらもう息子(母)は捨てなさいと言ってあげるべきです。それが嫌なら嫁(母)に従うしかありません。こぶ爺が思うには仲人の制度が壊れた今日、離婚が当たり前のようになったようです。コンフリクトの解消はコミュニケーションの改善しかありません。“忍耐と寛容”こそ最大の解決策です。結婚するときは相手の母親を見て決めるべきだね。これ、こぶ爺の教訓。
2014.5.27

 

 

Q:私はこの4月に管理職になったばかりです。私の部署には4人の正社員と2人の派遣社員がおります。3月末でしたでしょうか、今春の新入社員に聞いた「理想の上司」の調査で男性の1位はイチロー選手、2位はジャーナリストの池上彰さん、3位は堺雅人さんということです。とても私は理想の上司にはなれそうもありません。こぶ爺はサラリーマン時代初めて部下を持った時にはどのような思いでしたか。教えて下さい。
(東京 住宅メーカー 総務人事グループ長 38歳 男性)

管理職昇進おめでとうございます。部下を持つというのはこれからのサラリーマン人生における貴方の修業ということです。つまり一般に部下を育成すると言いますがなかなかうまくいくものではありません。自分の子供もうまく育てられないのに、赤の他人のお子さんを育てることは至難の技です。それゆえ貴方自身の修業と言えます。結婚するということは子供を産み、育てることで親の修業をしているのです。それで一人前 こぶ爺は32歳の時初めて営業所長を拝命しました。部下は8名でした。自分より年長者もおりました。女性も2名おりました。何をどうして良いのかわかりませんでした。本屋に立ち寄って管理職の心得のような本を買ってきた憶えがありました。こぶ爺の頃は上司に何かを教わったことはありませんでしたので、すべて自己流でした。しかし10年近く所長、次長と務めることができたのは良き部下に恵まれたからだと今でも感謝しております。部下の仲人も3組しました。そのときの部下達がこぶ爺の人生の師です。

そして理想の上司調査では、男性ではイチローさん、池上彰さん、堺雅人さん、女性では天海祐希さん江角マキコさん、篠原涼子さんだったようです。今春就職予定の男女を対象にアンケート調査をしたとのことです。この結果については選ばれた人の役柄とか実績に対して投票を得たものでしょうから。イチローさん、池上さんを除いて言えば彼ら彼女らのどんな役柄に憧れたのでしょうか。

堺雅人さんでしたらたぶん半沢直樹役でしょう。今の若い人が半沢直樹的な管理者が好きとはビックリしました。でも実際に半沢直樹的上司と一緒に仕事したら部下は疲れますよ。この手のアンケート振り回されてはいけません。シャレだと思ってください。部下という名の部下はいませんので…

実務的には管理者として先ずは部下のお一人おひとりの仕事ぶり、性格を良く見る事です。

因みにこぶ爺が管理職としての第一声は、“お客様との約束を守ること”(お客様とは自分以外すべての人)だったと思います。
2014.5.29

 

 

Q:入社して2ヵ月が経とうとしています。同期と2人同じマーケティング本部の商品開発チームに配属になりました。同期の者(女性)は直属の上司であるマネジャーから良く声をかけられているようですが、何となく私にはあまり声をかけてくれません。どうしたらマネジャーから声をかけられるようになるのでしょうか。マネジャーからみて同期のものと私はどのような違いがあるのでしょうか。どのような努力をしたら良いのでしょうか。アドバイスをお願いします。
(千葉 食品メーカー 新入社員 22歳 女性)

入社から2ヵ月ようやく職場になれた頃でしょうか。余り気を使わずに与えられた仕事を一つ一つ落ち着いてやりましょう。つい先日フィギアスケートの浅田真央さんが来季休養することを表明しました。休養後の復帰の可能性はハーフハーフ(半分?)ということです。日本中のファンはおそらく復帰を待ち望んでいるのでしょうね。こぶ爺もその一人です。彼女の成績よりも彼女がいるということで日本人のファンの心を揺さぶるのでしょう。彼女の持つ愛嬌がそうさせるのでしょう。こぶ爺の尊敬する谷沢永一先生(故人)はその著書「人間通」の中でとにかく愛嬌のある奴には勝てないよと言っておりました。

では愛嬌とはなにかと言えば一つにはかわいいということです。単純に表現すればそばに置きたいということ。反対語は憎らしいということ。2つ目には素直ということです。逆らわないすぐやるということ。反対語は生意気ということ、知ったかぶりをするとか、出しゃばるということですが、余り気にしない事です。貴女はただ毎朝、マネジャーに昨日の報告をしてください。そして今日何をするのかを確認して下さい。何か困ったことが起きた時にはすぐにマネジャー、先輩社員に相談して下さい。それと愛嬌の意味には付き合いがいいというのもあります。新入社員1年目は毎日が勉強です。ところで貴方は“教えて下さい”とどれくらい先輩、マネジャーに声掛けしていますか。“教えて下さい”は今年1年だけの貴女のフレーズです。

2014.5.30

 

まとめC:経営

Q:2014年の日本経済と経営環境についてどのように考えて、こぶ爺が言っている2020年までの6年に恒る経営戦略を策定したら良いでしょうか。

(東京 製造メーカー 企画 46歳 男性) 

 

現在の我が国の景気は「アベノミクス」効果もあって回復傾向にあります。今年もその勢いは続く公算が大きいのですが4月の消費税アップや年末の靖国参拝事件が少なからず影響を与えなければと心配するところです。それにしても今回の景気回復は政府の政策に大きく支えているという特徴があります。特に株高や円安による効果が大きいのです。しかし株高の恩恵は多額の金融資産を持っている富裕層を中心に、また円安の恩恵は輸出のウエイトの高い大企業に及ぶ傾向が強いのです。中小企業あるいは地方の企業には明と暗の部分があります。したがってそのタイムラグをただ待つのではなく民間企業(貴方の会社)がすぐできる対策に着手しなければなりません。第1に社員のマインド改善のために何をすべきか。第2に業務改善による更新投資の再開をどのようにすべきか。第3にそれらが中長期の成長期待改善へとつながれば経営再生の自律性は必然的に高まっていくことでしょう。本日(16日)仕事始めの日に部門別の今やるべき対策を話し合って見て下さい。質問者は企画部門の方、企画の企はくわだてと呼びます。ですから企画はくわだて(戦略)を画くという部門でしょう。是非今までとは一味違った積極的な戦略構築をお願いします。そのためには幹部・管理者の皆さんに“論理的な思考能力”の発揮を促してください。企という字は人カンムリですから人が能力を発揮しなければ止まります。コストダウンと業務の効率化は本年前半のテーマになることは間違いないことです。後半では遅い。チャンスを逃がします。
2014.1.6  M

 

 

Q:アルバイト先でこぶ爺のひとり言を見て、相談いたします。

私は私立大学3年で就職活動中です。経営コンサルタントを志望していますがどのような資格が必要で準備をすれば良いのでしょうか。経営コンサルタントの大先輩のこぶ爺のご指導を。
(東京 私立大 3年 22歳 男性)

寒い中、就職活動ご苦労様です。こび爺の時代にはとても考えられないことです。ご両親様もさぞご心配されていることでしょう。

さて、経営コンサルタントをご志望とのこと大変ありがたいことと思います。

こぶ爺のオフィスには毎年数人の方が(サラリーマンの方が多い)コンサルタント業務に興味を示し、アドバイスを求めてこられます。せっかくの学生さんからのご質問を経営コンサルタントとして乱暴に感じるところもあると思いますがお応えします。

まず経営コンサルタントになるには学歴は必要ないと思います。ないよりあった方が少しは良いかという程度です。ハーバード大とか東京大卒なら学歴も売りになるかもしれませんがそんなに世の中甘くないでしょう。むしろ中途半端な学歴ならない方が良いです。中学卒業で充分です。それよりも世の中に出てどんな仕事をしてどんな成果を出したか、これからその企業をなお一層発展させるためにどのような改善をするべきかが認識できているかです。経営コンサルタントとは実戦学であり、経験学です。種々な企業に勤め数々の仕事をこなしてみることです。

次に資格ということですがこれも必要ありません。経営コンサルタントという仕事がどのような仕事か企業にとってどのような役割を期待されているかご存知でしょうか?一般にはクライアント企業の診断をします。こぶ爺のオフィスでは経営品質診断といいます。われわれも病気で病院に行くと問診をし聴診器をあて検査しレントゲンを撮るでしょう。それと同じことをします。ですから“中小企業診断士”の資格というより同程度の知識は必要です。大学出と同程度の教養はないとやってはいけないでしょう。診察をすると処方箋を書くでしょう。それが経営診断書・提案書・改善書といわれるものです。これこそ経験がものをいいます。経営コンサルタントという仕事が一人前に出来、(クライアントに期待されるには40歳を超すという所以です。処方箋を書く思考の原点で必要な手法で是非使いこなして頂きたいのはVE、IE、QCでしょう。最低一つは身につけてもらいたい。使えないと提案書、改善書はおそらく書けないでしょう。是非勉強して下さい。そして人と人との関係で成立する仕事でもありますのでコミュニケーション能力は言うまでもないことです。話す、聞く、書く、読むという基本的な能力は磨くことです。しかしこのことは若いあなたにとってどのような仕事をするにしろ全て必要なことです。専門知識は入職してから一生懸命学習して下さい。IT活用も語学力、心理学、大脳生理学等言えばきりがないくらい必要となるでしょう。あなたがどうしても経営コンサルタントになりたいなら昔ならコンサルタントのカバン持ちからをおすすめしますが嫌がるでしょうね。とすればコンサルタント塾のような勉強会があればそれらを受講して勉強して下さい。あとは寄らば大樹の陰で学卒者を募集しているコンサルタント会社に入社することです。いわゆるサラコンになることです。経営コンサルタントとしていろいろ経験させてもらえると良いのですが、先輩コンサルタントに都合の良い雑用係になるかも知れません。それでも一人前の経営コンサルタントになるには長い時間との闘いとなるでしょう。まずは

“千里の道も一歩から”です。それからコンサルタントの資質として斜めから事実を見るだけでなく、決して皮肉屋にならず、正義感をもってクライアント企業と接する心を持つことが必須となります。何かありましたら、これもご縁です。一人で悩まずいつでもメールで相談して下さい。
2014.1.31

 

 

Q:アルバイト先でこぶ爺のひとり言を見て、相談いたします。

私は私立大学3年で就職活動中です。経営コンサルタントを志望していますがどのような資格が必要で準備をすれば良いのでしょうか。経営コンサルタントの大先輩のこぶ爺のご指導を。
(東京 私立大 3年 22歳 男性)

 

寒い中、就職活動ご苦労様です。こび爺の時代にはとても考えられないことです。ご両親様もさぞご心配されていることでしょう。

さて、経営コンサルタントをご志望とのこと大変ありがたいことと思います。

こぶ爺のオフィスには毎年数人の方が(サラリーマンの方が多い)コンサルタント業務に興味を示し、アドバイスを求めてこられます。せっかくの学生さんからのご質問を経営コンサルタントとして乱暴に感じるところもあると思いますがお応えします。

まず経営コンサルタントになるには学歴は必要ないと思います。ないよりあった方が少しは良いかという程度です。ハーバード大とか東京大卒なら学歴も売りになるかもしれませんがそんなに世の中甘くないでしょう。むしろ中途半端な学歴ならない方が良いです。中学卒業で充分です。それよりも世の中に出てどんな仕事をしてどんな成果を出したか、これからその企業をなお一層発展させるためにどのような改善をするべきかが認識できているかです。経営コンサルタントとは実戦学であり、経験学です。種々な企業に勤め数々の仕事をこなしてみることです。

次に資格ということですがこれも必要ありません。経営コンサルタントという仕事がどのような仕事か企業にとってどのような役割を期待されているかご存知でしょうか?一般にはクライアント企業の診断をします。こぶ爺のオフィスでは経営品質診断といいます。われわれも病気で病院に行くと問診をし聴診器をあて検査しレントゲンを撮るでしょう。それと同じことをします。ですから“中小企業診断士”の資格というより同程度の知識は必要です。大学出と同程度の教養はないとやってはいけないでしょう。診察をすると処方箋を書くでしょう。それが経営診断書・提案書・改善書といわれるものです。これこそ経験がものをいいます。経営コンサルタントという仕事が一人前に出来、(クライアントに期待されるには40歳を超すという所以です。処方箋を書く思考の原点で必要な手法で是非使いこなして頂きたいのはVE、IE、QCでしょう。最低一つは身につけてもらいたい。使えないと提案書、改善書はおそらく書けないでしょう。是非勉強して下さい。そして人と人との関係で成立する仕事でもありますのでコミュニケーション能力は言うまでもないことです。話す、聞く、書く、読むという基本的な能力は磨くことです。しかしこのことは若いあなたにとってどのような仕事をするにしろ全て必要なことです。専門知識は入職してから一生懸命学習して下さい。IT活用も語学力、心理学、大脳生理学等言えばきりがないくらい必要となるでしょう。あなたがどうしても経営コンサルタントになりたいなら昔ならコンサルタントのカバン持ちからをおすすめしますが嫌がるでしょうね。とすればコンサルタント塾のような勉強会があればそれらを受講して勉強して下さい。あとは寄らば大樹の陰で学卒者を募集しているコンサルタント会社に入社することです。いわゆるサラコンになることです。経営コンサルタントとしていろいろ経験させてもらえると良いのですが、先輩コンサルタントに都合の良い雑用係になるかも知れません。それでも一人前の経営コンサルタントになるには長い時間との闘いとなるでしょう。まずは

“千里の道も一歩から”です。それからコンサルタントの資質として斜めから事実を見るだけでなく、決して皮肉屋にならず、正義感をもってクライアント企業と接する心を持つことが必須となります。何かありましたら、これもご縁です。一人で悩まずいつでもメールで相談して下さい。
2014.1.31

 

 

Q:安倍総理は131日の衆院予算委員会で理化学研究所のユニットリーダーの小保方晴子さんのSTAP細胞作製の成功を称賛し、「私たちは今、成長戦略としての女性政策を進めている世界で日本が“女性が一番輝いている国”にしていくために全力を挙げていきたい」と述べたようですが、同じ女性研究者としてたいへん嬉しいことですが、もし研究者でなく専業主婦だったらどう評価されるのでしょうか。こぶ爺はどのようなご意見をお持ちでしょうか。
(静岡 食品メーカー研究員 28歳 女性)

小保方さんの快挙に心よりお慶び申し上げます。長年の研究成果が結実され研究者として脚光を浴びられている美しい笑みは多くの若手研究員に勇気を与えたことでしょう。新聞を読んでいると、最近は女性の理系進学が増えているようですし、いずれ企業の研究職に就く女性も増えていくことでしょう。研究者とは創造力がものを言います。若い人の自由な発想が必要とされます。

小保方さんのセンターでは若手が独創的な視点で研究できる環境づくりを重視し、研究室をどのように使うかをリーダーに任せているようです。研究リーダーの役割とその目的を理解されているセンターです。他企業も見習ってほしいものです。今回の小保方さんの成果は著名な研究者たちの手厚い支援とご本人のたゆまない情熱と努力のたまものです。

こぶ爺は常々研究職は女性に向いている仕事と思っています。理系の女性が増えていることは当然かもしれません。その昔、子供の頃キュリー夫人(科学者だと思いますが)の伝記を読んだことがあります。極貧ゆえ、寒い日は毛布の上に椅子を乗せて寒さに耐え、研究に人生をささげた女性です。こぶ爺の父親が買ってくれた50年前の本を思い出しました。

小保方さんを始めとして多くの研究者の活躍はこの日本の国の貴女の会社の誇りです。さて質問者の言うもし専業主婦だったらどう評価されるのかということですが、女性研究者と専業主婦 比較することにあまり意味はないのでは。女性にとってどちらの人生を選択しても置かれた場面で一所懸命その役割をまっとうすることでしょう。研究者なら偉くて、専業主婦なら偉くないということではありません。男性でも女性でも持って生まれた役割があるのです。研究者には研究者の専業主婦には専業主婦の役割があり喜びがあるのです。こぶ爺の若い時には“良妻賢母”という教えがありました。今の女子中高では教えていないのでしょうか。ちょっと乱暴かもしれませんが研究者になるより良妻賢母の主婦になる方が難しいかも知れません。名前だけの研究者、名前だけの専業主婦には誰でもなれますが、本物の研究者、本物の専業主婦になるには相当な覚悟と情熱がなければなれないでしょう。貴女は如何ですか?それから質問の安倍総理が“女性が一番輝いている国”にしていくとのこと、大変結構なことです。しかしその中にご苦労されて子供を産み、育て、親の介護をされている女性も入っているでしょうね。そして安倍総理は、女だ男だと言いすぎるのではないでしょうか。それこそわが国は女性蔑視の国ですと表明しているようなものです。女性でも男性でも一生懸命生きている人は美しいのです。仕事も研究もできる人は女性でも男性でも登用されるのです。いずれ日本の国も女性総理が誕生するでしょう。それは女性だからではなく、総理にふさわしい人がなれば良いだけのことです。民主主義の国としては戦後女とくつ下が強くなったと言われてきた国です。というよりもともと庶民の生活では大昔からカカア天下の国です。良い加減に男が何%とか女が何%だからという不毛な議論をやめないと大恥をかくことになります。

こぶ爺としては子を持つ親としていずれは、小保方さんの結婚式のお姿、赤ちゃんを抱いているお姿を拝見したいものです。仕事のできる女性は家事も子育てもお上手な方が多いです。その逆に仕事のできない女性にかぎって家事子育ては下手なようです。

小保方さんおめでとうございました。こぶ爺は今後の小保方さんのご活躍を心より願っております。
2014.2.1

 

 

Q:125日にNHKの籾井(もみい)新会長が就任記者会見で軽々いわゆる従軍慰安婦問題などの自論を述べヒンシュクをかっていますが、こぶ爺はどのように見ておられますか?
(大阪 物流センター 課長 52歳 男性)

 

昨年の大阪市長の橋下さんの発言による反響の余韻がまだ残っているにもかかわらず、このような発言とは籾井さんとはどのような神経をしているのでしょうか。この人本当に世界の三井物産の副社長をしていた方なのでしょうか。

天下の三井物産も形無しです。今般は日本放送協会(NHK)の会長としての就任記者会見、テレビニュースで見ましたが目は笑っていたように見えました。記者の誘導尋問に引かかったといったところです。脇が甘いと言われてもしょうがないでしょう。天下のN.H.Kの会長に登用され、うれしくておっちょこちょいにも答えなくてもいいことまで答えてしまいました。もう後の祭りです。質問した記者の勝ちです

これで困ったのは12人の経営委員です。会長を任命・罷免する権限をもっていますから、任命責任を問われるでしょう。良くこのように見識のない人を任命したものです。この国の人は組織のリーダーになるとどうしてこうも見識がなくなるのでしょうか。どうしても驕りがでるものなのでしょうか。昨年の橋下市長、鳩山元総理、上村全柔連会長、日本プロ野球加藤コミッショナー等々。このようなことを家賃が高いと言うのでしょう。又同じようなことが起きると思いますので早く辞任させた方が良いと思います。それにしてもNHKには会長秘書、広報担当はいないのですか。周りの人も情けない。この従軍慰安婦問題はこれからも立場をわきまえず正論を言う人が出てくるでしょうから、籾井さんや橋下さんをこぶ爺としては少し擁護しておきましょう。

戦時下においてどこの国でも若い兵士たちによる性病による戦力低下とレイプ事件を防ぎ併せて性の捌け口を与えることを目的に公娼制がありました。公娼制とは日本国内では売春を職業とし、公認し監督する制度です。今でもヨーロッパなどでまだあることも事実です。非合法ということであれば、売春のないない国はありません。日本にも韓国にも中国にもあります。韓国では日本軍が強制連行したと言っておりますが、その事実を示すような文書はありません。韓国が声高に言っているだけです。あの国にはあの国なりの事情があるので強制連行を強調して反日運動をするしかないのでしょう。日韓基本条約で補償問題などはすべて解決済みなのです。以上の点は日本国民も韓国民も歴史認識をお持ちの方ならご承知上げのことです。よって橋下さんや籾井さんのいう事は何ら間違いないことです。先ほども言ったように、そのお立場とT.P.Oを考えずにただ自論を強弁するだけでは“匹夫の勇”といわれるだけです。リーダーの資質はゼロです。

因みにこぶ爺のオフィスではNHKのことは、なくす、へらす、かえると創設以来よんでおります。
2014.2.3

 

 

Q: 現在新年度(4月)に向けて各部門に向けて冬部門に目標設定を管理職に(8名)に義務づけています。ここ10年来目標を掲げるということに管理職の中ではマンネリ化しています。どのように指示したら良いのでしょうか。こぶ爺にアドバイスをお願い申し上げます。
(岡山 食品問屋 経営者 男性 56歳)

 ご質問ありがとうございます。

経営者である貴方は何故目標設定をするのか管理職に説明しておりますでしょうか。

 目的(なんのため)がわからず管理職に義務づけても10年もすればマンネリ化します。

 そもそも社長は何故目標を設定するのでしょうか。一般に目標とは第1に経営に必要な数字を知る第2に戦略を立てる基準づくり第3に自社・自部門の経営力の尺度を計る物差しと言ったところです。よって目標設定をさせる管理職には精度の高い目標設定するためにどのような情報を集め、それを整理分析しなければならないのかを教えなければなりません。できる管理職は4月になれば社長が指示しなくてももう来年の目標設定を考えているものです。何しろ経営というものは変数が多いので先が読めないものです。先が読めないから読みたい(予測)のです。お化けのようなものです。怖いけど見たいと言ったところでしょう。でも社長にとって一番素晴らしいことは8名の管理者を鍛えるということを目標設定ということで実践していることです。これこそ管理者育成O.J.Tの極みです。

 大切なことは何でも目標を立てれば良いというものではありません。零細企業(10人以下)であればすべての社員が一騎当千の強者であれば目標設定をさせる必要もありません。社長が年の初めに一言何をすべきか話をすれば社員がその一言で勝手に動いてくれます。あとは社長の睨みだけです。しかし御社のような中規模企業となるとセクショナリズムが働き結局は目標のための目標といった具合でマンネリ化します。もっと始末が悪いのは大企業と言われる集団です。そのような集団になりますと経営企画部(室)の様な部署があり一生懸命目標を各部門のために立案してくれます。俗にいう計画屋とか予算屋と言われるセクションです。大企業の看板で仕事の成果はそこそこ上がります。それが各部門長の思考を停止させることもあります。又困ったことに部門長にかぎっては部下に対し目標立案をうるさくいうようです。目標の難易度など考えもせずに自分はやりもせず部下にだけ目標をうるさく言うタイプです。行動力のない管理職のオンパレードです。これこそ大企業病のスタートと言ったところです。要注意!

まずは部門長が自ら目標を立案し、その上で部下に指示すると良いですね。

 まずは隗より始めよ です。
2014.3.24

 

Q:宮城県建設会館でこぶ爺のセミナーを受講させて頂きました。その折コスト・ダウンの必要性を言われていましたが、正にその通りだと思います。私もトップよりコスト・ダウンの指示を受けておりますが、さてどこからどう手をつけたらいいのやら大変悩んでおります。メールで失礼かと思いますが、ぜひこぶ爺のアドバイスをお願いします。
(山形 建設会社 工事部長 46歳 男性)

まず、現状の損益(営業損益)状況からみて、工事原価の低減目標を設定

します。次に工事現場別実行予算に対する実績を比較し、予算を超過した

赤字工事について、その原因分析を行い、再発防止のための対策を実施し

ます。コスト・ダウンの課題として以下のようなテーマが考えられます。

○実行予算の精度向上

○ハプニング・コストの想定外想定

○購入材料価格のバラツキ把握

○材料価格の業界・他社調査

○最適購入価格の設定、調達の実施

○工法改善・歩掛の改善

○工期短縮の実現・仮設・段取り改善

○標準原価計算データの整備と更新

また、営業利益改善のためには、アウトソーシングや間接部門の業務改

善を通じた、固定費(一般管理費・販売費)の低減も考えられます。
2014.3.26 H

 

Q:こぶ爺のオフィスでは医療機関(病院)の経営アドバイスをなされているとのことで少しお伺いしたいと思います。

私は製造メーカで品質管理の仕事をしていますが、どうも病院に行きますと相変わらず3時間待ちの3分診療のようです。我々患者を○○様と呼ぶ前にしなければならないことがあると思うのですが、こぶ爺からご覧になってどこに問題があるのでしょうか。
(
愛知 製造メーカー 品質管理課長 52歳 男性)

設備の整った大学病院や大きな病院に行くと、よく経験することですね。

 日本の患者はこのような病院の志向が強いのですが、本来そうした病院は重篤な急性期(症状が急に現れ、その進み方も早い)患者の治療に専念するのが本来の役割ですが、誰もが行きたい病院に自由にかかれるということがこのような現象を生んでいます。この問題の対策として、2つの方向性が考えられます。まず、1つの方向性としては、患者側の対策として、風邪や糖尿病などの生活習慣病の治療は、地域の開業医や診療所を受診することです。そのような病院には糖尿病専門の医師もいますし、薬剤(薬)も大病院も地域の開業医も同様のものが処方されます。次に2つ目の対策として、医療機関側の対策例として、某県の大病院の例ですが、この病院では、3000強の地域の診療所・開業医との連携を行っており、病院の入り口に医療相談コーナーを設け、急性期以外の患者に対して地域の病院を紹介しています。逆に連携先の地域病院から急性化患者の紹介を受け、対応を行っています。この病院では3時間待ちという光景は見られません。
2014.3.26 H

 

Q:小保方晴子氏のSTAP細胞の論文問題について、理研の調査委員会は小保方市単独の不正行為があったと断定しました。小保方氏は昨日(4月9日)大阪市のホテルで記者会見しました。さてこの事件、こぶ爺はどこに問題があるとお考えでしょうか。
(神奈川 商社取締役 48歳 男性)

 

何か大変な騒ぎになっています。新聞、テレビで謝罪会見の内容を知りました。謝罪をなされるならもっと早くしなければ効果は半減です。謝罪のコミュニケーションは早ければ早いほどよいのです。しかしこのたびは弁護士さんのご指導宜しく、服装、メイク、表情、涙、誠実な語り口等をしっかりと演じていたといったところです。弁護士さんはあの船場吉兆、食品表示偽装のホテルなどを担当されたとのこと、すると小保方さんも考えるところがあったのでしょう。でもよく弁護士を探し、依頼しましたね。それとも誰かが頼んだのでしょうか。しかし会見の準備は十分に整えたうえでそつなく完了したと言ったところです。さてこの問題、マスコミから見たら大変うれしいネタといったところです。小保方さんが研究者として自己顕示のため世間知らずの学者先生方を手玉に取ったのであろうという話から、理化学研究所のどなたかが小保方さんの功名心をくすぐり、若い女性の科学者の売名と併せ理化研の功績を図ったのではという話までネタはつきません。先のゴーストライター事件の時もそうでしたが今のマスコミは怖いですね。何から何まで調べますから。事件の主役のプライバシーはありません。この国には個人情報保護法があるのですが、最近のマスコミの傍若無人振りから見て政治家や役人が積極的に立法した意味が良く理解できます。政府が特定秘密保護法制定を急いだ理由はここにもあると思う次第です。良からぬマスコミや反社会的勢力が事実は正義とばかり個人、国家の秘密を白日のもとにさらすことは本当に一人ひとりの国民が望むことなのでしょうか。こぶ爺としては秘密があるかないかは別としても事件の主役にはなりたくないものです。と言っても今回の件2月1日の理化研の小保方さんの発表から半月もたたずして「STAP細胞」の論文の疑惑を最初に指摘したのはインターネットの検証サイトだったとのこと、それを新聞やテレビが後追いし今回の騒ぎになりました。インターネットは容易にアクセスできるだけやはり便利さの陰に落とし穴ありといったところです。

こぶ爺は経営コンサルタントですのでその視点でこの件を見ますと、この理化研という組織は一体どんな精神構造をしているか大変興味が湧くところです。ユニットリーダーは一般の企業では係長といったところでしょう。課長も部長(管理職)もいるのでしょうに一体理化研の管理職というのは何をしていたのでしょうか?小保方さんも自分は未熟だったと言っております。年齢経験年数から見てもかくも未熟なリーダーを抜擢したのは誰でしょうか。未熟なリーダーだけの責任なのですか。小保方さんのようなユニットリーダーの指導、管理する人はいなかったのでしょうか。その方の釈明も聞きたいところです。理化研の調査委員会は一体何を調査したのでしょう。ノーベル賞を受賞した理事長にも責任の一端があります。どちらにしろ一般企業に比較しても理化研は組織の体をなしていません。調査委員会は真剣に再調査すべきであり、管理者を調査すべきでしょう。トカゲの尻尾切りだけではただのパワハラ、上位者の責任逃れの誹りを受けるでしょう。

恥ずかしながらこぶ爺は今でも共同執筆者と言われる方の役割機能が理解できていません。“事実は小説より奇なり”と言ったところです。
2014.4.11

 

 

Q:国連教育科学文化機関(マスコミ)の世界文化遺産に本県の「富岡製糸場」の登録が6月に正式決定されることです。こぶ爺は昨年の「富士山」の登録のときはあまり良い印象をお持ちでなかったように思いますが、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の登録についてどうお思いでしょうか。
(群馬 建設業工事部長 58歳 男性)

日本の近代化遺産として初登録おめでとうございます。

こぶ爺は日本全国あちらこちら行っておりますが「富岡製糸場」にはまだ行った事がありません。近日中に必ず見学に行きます。昨年の「富士山」は10数年前から電線のことやゴミのことがあり、こぶ爺としては注意していたこともありちょっと残念な思いがありましてご了解ください。この度の「富岡製糸場と絹産業遺産群」登録については双手をあげて賛成というよりは感動いたしております。富岡の登録に向けて努力されてきた皆様には長年のご苦労に厚く敬意を表します。聞くところによると1872年に建てられた木骨煉瓦造りや繭倉庫や繰糸場などがほぼ完全な形で残っているとのこと、耐震補強の問題もあり多大なコストをかけて施設を保全されてこられたことに特に片倉工業さん(明治創業・製糸業の老舗)が「我々のルーツを簡単に手放せない」と富岡市に建物を寄贈するまで18年間担当職員を配置し、敷地内の草刈りや建物の修繕を続けてこられてきたとのこと、その費用もさぞ大変だったとお察しするところです。建物を原形のまま保全するということは相当の技術を有すると聞いております。登録を機会に全国から観光客が来られるといいですね。来られたら来られたで対応も難しいところでしょうか。国の財産として大切にしましょう。それにしても片倉工業さんという会社、ルーツとは言えこの建物の保全にかける想い、これこそ“企業の経営理念”(コーポレート・アイデンティティ)の鏡と言えます。
2014.4.28

 

 

Q:年末年始は安倍首相の靖国参拝問題で大揺れでした。

本年は当初多くの評論家が予測していた景気回復の基調はどうなるのでしょうか。こぶ爺の論調は年末の緊急コメントでは大変キツイ言い回しでしたが、企業経営者としてどのように対応すべきでしょうか。

(神奈川 資材メーカー 経営者 61歳 男性)



年末の安倍首相の靖国参拝は想定外の想定ともいうべきもので中国や韓国はともかく多くの日本国民を失望させてしまいました。正直言って年初めにこの問題のコメントをすること事態がこぶ爺としては腹立たしい思いです。

こぶ爺は安倍首相の大ファンを自認しています。この調子でアベノミクスが多くの国民に幸福を与えることが出来れば年内にはデフレ経済解消ということになり、チーム安倍はノーベル経済学賞か平和賞が近い将来授与され、併せてあと6年後東京オリンピックの開会式のセンターは日本国総理大臣安倍晋三が立つということになったのにもったいないことをしたようです。安倍さんにも思いがあるのは分っていますが総理大臣がすることではないでしょう。万死に値するとはこのようなことを言うのでしょう。安倍さんが自分を正当化すればするほど、今後は国民の支持を失うことになるでしょう。

こぶ爺からみれば安倍さんの言っていることは全て正しいのです。正しければ何をしても良いということにはなりません。安倍さんにはそこがわかっていません。草葉の陰でお祖父さんの岸信介先生が泣いています。安倍さんは日本国総理大臣として天皇陛下のお気持ちをも踏みにじるつもりですか。安倍さんは自分の顕示欲のために国賊になるつもりですか。そこまでして靖国神社でご英霊に哀悼の意を表したければ総理を辞せば毎日参拝できるではないですか。それとも遺族会に義理立てしなければならないようなことがあるのでしょうか。これ以上ご英霊を利用しないでもらいたい。猪瀬東京都知事は徳洲会から5000万もの金を借りたために、東京オリンピックという大手柄があっても辞任することになりました。安倍さんもアベノミクスという大手柄をお立てになったのに猪瀬さんのように謝罪の仕方を間違えれば辞任せざるを得なくなるでしょう。

中国や韓国はどうでもいいのです。安倍さんが何をしてもしなくても待ってましたとばかりに右傾化、右傾化と国際社会にアピールするためにいちゃもんをつけるでしょうから。果たして日本の野党は中国や韓国の尻馬に乗るのでしょうか?“黄金の3年”と言われるカードを自民党は持っているのですからココはまず国民の皆様に安倍総理は謙虚に謝罪することです。(説明することではありません)次に公明党の山口代表に謝罪すべきです。ウルトラCかも知れませんが山口さんに総理になっていただくという手もあります。その上で安倍さんは野党各党の党首に頭を垂れたらどうでしょう。これは日本の国内の問題だからです。ここが上手くいかなければ次の総理は野田聖子さんがいいですね。都知事は小池百合子さんということが良いと思います。言うまでもなくアベノミクスは当然継続すべきことです。安倍さんは又腹痛でもおこし、総理を辞任し奥様とご一緒に居酒屋の主人になった方が良いのでは。こぶ爺としては、残念な思いですが今は良策かと思います。政治家としてのセンスゼロですから。優れた政治家にもし一つだけ資質が求められるとするならば、それは国民の幸せを願う素直な心です。

経営者の方はあまり大きな心配をしなくても良いでしょう。自民党政権が続く限りは。とは言え、毎年必ずこれは旨く行くという処方箋はありません。年末年始の経済評論家とかエコノミストなる経済・株価・為替予測はついぞ当たったことはありませんから、気休み程度の参考までと言ったところでしょう。信ずべきは経営者である貴方の長年の経験と勘と決断力です。本年午年の相場格言は「馬尻下がり」で株価が下がること多いとされていますが、このようなつまらないジンクスよりよっぽど信憑性があります。儲けるという字は信者と書きます。まず経営者自らが信者になることです。そしてよき軍師(メンター)を。貴社の本年のご武運を心よりお祈り申し上げます。

2014.1.6 M

Q:東京都知事選の立候補者選びが活発になってきました。自民党と公明党は舛添氏の支持を決めたようですが、ここにきて元総理の細川氏が小泉元総理の支援を受け“脱原発”を旗じるしにして立候補する模様、果たしてこの立候補騒ぎこぶ爺はどのようなご意見をお持ちでしょうか。
(流通サービス業 店長 東京 男性 43歳)

政権与党である自民党には勇気ある若手(4050歳)の志の高い政治家はいないようですね。結局はかつて党が苦しい時に逃亡した舛添さんを担ぐようになったようです。自民党も人材不足のようです。それにつけても民主党もお粗末な限り、独自候補も立てられぬとは。なぜ党首自ら立候補しないのかね。さて今話題の細川氏、小泉氏の脱原発連合が共産党が支援する宇都宮氏潰しの保守勢力のウルトラCと言ったところならどなたがこの戦略を立てられたのかこぶ爺としては大変興味深いところです。

今年の都知事には6年後の東京パラリンピック・オリンピック開催都市のリーダーとして辣腕を振るわなければなりません。やはり都知事が共産党では保守勢力としてはメンツ丸潰れでしょう。

ところで都知事選で“脱原発”が大きな争点になるのでしょうか。元総理のワンフレーズ選挙でしょうかね。東京都民にとって大切なことは都民の生活改善はもとよりとして東京オリンピックの開催準備と直下型地震対策としての減災型インフラ整備による環境保全と安全対策をどうするかそのリーダーシップを発揮できる知事はどなたが適任なのかを決める選挙のはずです。本来の目的を見失った争点ではまさに本末転倒です。東京都民の良識に期待するところ大です。

それにしても細川さんは本当に立候補するのでしょうか。政治を離れて15年かつての佐川急便の件もまだ説明がされていないのでしょう。清潔な方だと思いますが現在75歳オリンピック開催時は81歳いささか頭をかしげたくなります。都知事とはそんな楽な仕事でしょうかね。石原慎太郎さんならまだできるかもしれませんが。やはり前述した理由で立候補を決めたと思わざるを得ません。

“火中の栗を拾う”とはこのようなことを言うのでしょう。
2014.1.13

 

 

Q:自民党が支援する舛添さんが予想通り立候補を表明しました。お二人の正式な立候補についてこぶ爺のご意見を聞かせてください。 
(東京 製造メーカー 労務管理 47歳男性)

とうとうお二人とも出馬の決意をされましたか。立候補者に対する問題点と課題はメディアの言っている通りでしょう。これでアウトなのは共産党が指示する宇都宮さんでしょう。でる人でる人が“脱原発”なのでしょうから小泉さんの言うように二者択一という訳にはいかないのでしょう。先日言いましたように細川さんの出馬です。表明の狙いが共産潰しであれば、大成功です。でも小泉さんもいささか問題ありです。もし本気に都政を改革したいなら細川さんを担ぐのではなくご自分が出馬すべきです。いっそ自民党元総理としてご子息進次郎氏を出馬させるべきと思います。細川元総理も特別な想いの中で決意されたのでしょうが過去を顧みなければ猪瀬前知事と何ら変わらないでしょう。

どちらにしても小泉さんも変わっていますが細川もいまさら晩節を汚すことはないと思います。それにしても元総理というのはどうしてこう出しゃばりなんでしょうか。細川さん、小泉さん、鳩山さん。格はちょっと落ちますが菅さんと皆さん元自民党。足を引っ張るのが好きですね!中曽根元総理を見習って頂きたい。こぶ爺も年寄の部類になりましたが年寄りは年寄らしく若い人の支援を心掛け賢人として活躍し、どなたからもさすが○○さんと言われる人になって欲しいものです。あなたの会社でも同じですよ。
2014.1.15

 

Q:2014年度もいよいよ本格稼働となってきました。わが社もこぶ爺の言っておられるように経営戦略の見直し活動をしております。こぶ爺から見られてこの日本の国のあるべき姿とはどのようなものでしょうか。その考えがあればお聞かせ下さい。
(東京 綜合建設業 経営企画室 男性 48歳)

日本政府は117日に発表した1月の月例経済報告で景気の現状を示す基調判断を「緩やかに回復している」と明記しました。これはリーマンショック前の20081月以来6年ぶりのことです。まさに各社とも経営戦略のレビュー(見直し)が必要でありローリングをしなければ経営のかじ取りに支障をきたすことになります。ご質問の日本の国のあるべき姿についてですが、こぶ爺のオフィスはマネジメント・コンサルタントの集団です。年に34回この国のあるべき姿について議論致しております。その項目(テーマ)のいくつかの想いを述べましょう。果たして参考になりますか。

 日本の国の美しい姿とあるべき姿

 こぶ爺は小学生の頃(5060年前)先生から、日本は約2000万年前大陸から離れ、いろいろの変動の中、竜の落とし子のような美しい形をした4つの島と約6,850の島々を持つ国となりアジアの中でも数少ない、ただの一度も植民地にならなかった独立国家であると教わりました。島国であるということは四方が海に囲まれた海洋国家ということです。約38万キロ平方メートル(世界の約0.2%)の約70%は山岳地帯で気候は四季があり美しい国土の姿を見せております。残念ながらわが国は資源に恵まれていないのでその資源は海外から輸入せざるを得ない状況です。したがって、われわれ日本人は勉強(学習・努力)し技術を習得し、その結果世界に誇れる技術立国になったのです。あわせて貿易立国でなければならなかったのです。日本人には勤勉な人が多くその豊かな人間性は他国の比でなく、その感性と器用さから世界有数の文化国家にもなったのです。そして前述のとおり地理的、気候的にも“美しい国”を形成しているのです。

 以下こぶ爺の独善と偏見と思われるかも知れませんがお許し願いたい。少しでも多くの方々の賛同が得られればと願ってやまないところです。

 こぶ爺のオフィスでは“日本のあるべき姿”はヨーロッパにおけるスイスに勝るとも劣らぬアジア(極東)における“中立国日本”を標榜すべきと思っています。そのため心ある国民と政治家はつぎのことを決定すべきです。

1.日本は平和主義国家の道を拓く。(いずれは東西南北問わずどの国とも与せず新しい型の中立国家となる)

2.独立国家として時代の変化に対応して、日本国憲法を定期的に見直す。

3.日本国を主体とする戦争は理由の如何を問わずこれを行わない。

4.日本に国連本部を誘致する。

5.日本国は人類絶滅を防ぐための安全技術開発のための実験的施設を除き段階的に原子力発電所を廃炉とする。そのための地球温暖化を防ぐ新エネルギーの開発に取り組みを国家的事業とする。

6.日本は小国ながらその立地条件・地形を生かし自然の美しさと和の文化を世界の人々に観賞いただける観光立国たるべし。(年間観光客20202,000万人以降3,000万人を目標とする)

7.日本は安心安全愛情(3A)豊かな国家たるべし。そのために以下のことを行う。

(1)成人男女は18歳~20歳 1年間~2年間は軍事・災害救助訓練を義務化する。

(2)日本国の浄化を妨げる裁判制度と民法、刑法等の改正を行う。(死刑制度は維持)

(3)コンピュータ秀才を育成し、情報セキュリティとサイバー戦に備える。

(4)小学校教育に道徳教育を導入し、併せて10歳以下の子供を有する両親に対し定期的教育を義務づける。(高齢者の活用)

(5)世界に誇れる先進医学技術を研究し、国内のみならず諸外国に寄与する。

(6)公共、生活インフラ施設維持を計画的に行う。(新規インフラは住民投票にて決めること)

(7)全国民は防災に務めすべての公共機関、民間企業・工場等は事業継続計画(B..P)を策定し実践する。

(8)道州制・経済特区を導入する。

(9)国営観光カジノを開設する。

(10)パラリンピック・オリンピック選手の育成に努める。

(11)日本芸能文化の保護に努める。

(12)12歳半成人(少年法適用)、17歳成人とする。(酒、タバコ、運転免許、契約、国民・住民投票権、選挙権等々)。

(13)教員は小学校低学年を除き、社会人経験5年以上の者で採用試験合格者がこれにあたる。

(14)大学受験は学力証明試験合格者であれば、年齢、性別を問わず受験できるものとする。標準学歴は小学校前半3年後半3年を義務教育とし、その後進学希望者は中高学校5年、又は職業専門学校35年、18歳~20歳の内12年間の軍事、災害救助訓練を義務化する。併せて留学制度の充実を図り、世界各国に学生、研究者、芸術者、スポーツ選手を派遣する。

(15)警察官は一定の学力と社会経験(ボランティア、企業勤務等)3年以上の者を採用し、交番の設置数を現在の5倍とする。

(16)地球温暖化防止と原子力発電所の廃炉に向けての環境保護研究とその実用化を国家事業とする。

(17)全国民は学校・公共機関・民間企業・各種団体・介護施設等にてラジオ体操を励行し、年齢別に定期的に健康診断を行う。

(18)現行国民皆保険・皆年金制度を維持する。

(19)参議院を廃止し、一院制とする。政治家は特別賢人30名、国会議員300人、一般秘書3,000人、政策秘書30,000人を上限とし、中選挙区制とし議会制民主主義を維持する。

(20)地方政治家は現行の半数とし、民生委員制度を充実させ現在の町、村単位にて地域リーダーを育成する。

(21)一夫多妻制、一妻多夫制を採用する。

(22)条件付き移民制度を採用する。

(23)海洋資源の探索、探究を支援する。

(24)宇宙ロケットの開発研究を支援する。

(25)日本国総理大臣、国務大臣の靖国神社参拝を禁止する。

(26)日本国は、琉球王国、アイヌ国独立を全面支援する。

(27)国立追悼施設を建設する。

(28)尊属・不敬罪制度を採用する。

(29)子供は生誕~小学校(半成人)までは医療、保育、教育費用等は全て国家、地方自治体負担とする。

(30)消費税(付加価値税)は20%とする。(軽減税率010%・所得税・法人税の減税)
(以下順不同)

※本来なら元旦に掲載したいところでしたが、まだまだ議論すべきことは山積みされています。これからも議論を重ね、夏頃には発表するつもりです。ご意見をいただければと願っております。
2014.1.27

 Q:1月に都知事選の立候補者について質問しました。こぶ爺のご意見大変興味深く読みました。

昨日29日、自公支持の舛添氏が、投票率の低さにもかかわらず、200万票の得票を集め当選しました。

前回に引き続きこぶ爺のご意見をお聞かせ下さい。

(東京 製造メーカー 労務管理 47歳 男性)

こぶ爺のオフィスでは、企業の経営戦略の立案を指導致しております。戦略とは目標達成のための戦い方の企てです。果たして今回の選挙における自公陣営の軍師はどなただったのでしょうか。こぶ爺のヤブにらみで言えば、安倍現総理、石原元都知事、小泉元総理ともに反共産党という思いだったのではないでしょうか。今回は宇都宮前日本弁護士連合会長が早々に出馬表明したことに大きな危機感を持ったのでしょう。石原元都知事は田母神氏を担ぎ出し、宇都宮氏の対抗馬として石原氏の自論である日本のカクアルベキ姿を語らせたかったのでは。こぶ爺は田母神氏のあまり上手くない演説が一番良かったと思っています。

それにしても61万票(約15%近い得票率)とはよく頑張りました。根強いファンがいるのですね。次の国政選挙には是非立候補して頂きたい。

小泉元総理は細川元総理を担ぎ出し、“即原発ゼロ”を語らせ、こちらは共産党推薦の宇都宮候補と同じ主張をさせ選挙民を惑わせたといった戦略に出たといったところです。細川氏もよく出馬したね。殿はやはり人柄がよいのでしょう。かつての小沢氏といい、この度の小泉氏といい殿を利用するだけ。あの細川氏が弱々しく見えたのはこぶ爺だけでしょうか。

もうこれで小泉氏、細川氏、石原氏、小沢氏ともどもいいかげん年寄りの冷や水はご卒業されたらよろしいでしょう。今後は若手政治家の育成に心血を注いで下さい。

当選された舛添氏は自民公明両党の支持を得て、石原氏小泉氏が宇都宮氏対策をしている間に、国際政治学者、元厚生労働大臣の実績を揚げ、都民のための福祉政策、首都直下型地震対策、6年後の東京パラリンピック・オリンピックの準備等都知事として実行すべきことを訴え、その行政手腕の安定性を期待して約210万票(約50%近い得票率)を得て当選したのです。

もし安倍、石原、小泉3氏で練り上げた選挙戦略だとすれば・・・・こぶ爺としてはただただ唸るだけです。これこそ戦略中の戦略といえます。

当選した舛添新知事には、2020年のオリンピックの開催に向けて競技場建設など遅滞なく進めて頂き、併せて老朽化したインフラの再整備にも大いに力を発揮し、東京を世界一の都市としてアピールして頂きたいと願っております。それにしても自民党、共産党等の若手政治家(4050歳)にはがっかりさせられました。日本には民主党という政党はあるのかね?能書きだけで実行力なし!
2014.2.10

 

 

Q:大阪の橋下市長が辞職して大阪都実現に拍車をかけるため市長選を実施するとのことですが橋下市長の決断、余り判断は良くないようですがどうしてでしょうか。
(大阪 商社 管理職 38歳 男性)

昨日大阪市長選挙が行われました。こぶ爺へのこの質問については    市長選選挙投票前に言うといろいろ問題があるでしょうからコメントを遠慮していました。

市長選の結果はやる前からわかっていた通りでした。橋下市長の勝ちというより野党の不戦敗、これこそ大阪市民の税金のムダ遣いといったところ。橋下市長の大義なき戦いと言われています。橋下氏はまるでドン・キホーテみたいでした。ですがこぶ爺から見ますと、橋下市長の言っていることは決して間違っているわけではありません。大阪府と政令指定都市二重行政はまったくムダの塊です。役人の仕事を増やしているだけです。日本中いたるところであります。しかしそれと今回の市長選挙とは全く別物です。橋下人気に陰りが出ている今日、橋下氏個人のお得意のパフォーマンスと見るべきでしょう。それにしても、野党の自民、公明、民主、共産等の各党は根性がないね。いくら選挙に大義がないと言っても橋下市長がくれたチャンスにもかかわらず、能書きだけで白旗を上げるとは橋下市長を批判する資格すらありません。23年後の総選挙を考え、野党はこぞって橋下市長を敵に回したくないのでしょう。これでは益々、橋下市長、維新の会の増長を許すだけでしょう。

関東にいるこぶ爺から見れば、大阪府でも都でも市でもいいのです。役人天国、教職員天国を早く排除して、早く健全な都市行政をして貰いたいだけです。

インフラ整備ということですと、もし東京に直下型地震がくれば大阪が東京の代替拠点にならなければならないのです。その逆に大阪に大地震が起これば東京が関西地域の代替拠点になるのです。

目覚めよ!健全なる大阪市民 
 (2014.3.24

 

 

Q:東京の桜は早くも満開春らしい陽気になってきました。

前東京都知事の猪瀬さんの罰金刑が静かに決まった途端、今度はみんなの党の渡辺党首の8億円借金問題、同じ時限で言ってはいけないでしょうが、袴田死刑囚の再審決定と消費税アップ、3月年度末が急に騒がしくなってきました。こぶ爺はこのニュースどのように受け止めていますでしょうか。
(東京 流通サービス 販売 43歳 女性)

猪瀬さんは罰金50万円ということで決着ということのようですね。都知事の地位を棒に振ったということです。ですが都民から見れば大阪市と一緒で選挙費用つまり税金の無駄使い、損害賠償とはいかないのでしょうか。今度は渡辺党首が8億円の借金、猪瀬さんの5000万円の16倍の8億円の借金とは政治家の金銭感覚はどうなっているのでしょうか。一体その8億円どこにどう使ったのでしょうか。まさか熊手だけで8億円も使ったわけではないでしょう。渡辺党首のお父様は副総裁、大蔵大臣などを歴任されミッチーの愛称で親しまれた政治家でしたが、多少失言壁はありましたけれど今ほどマスコミもしつこくなくなり今よりも愛嬌がありました。そのお父様も泉下でさぞお嘆きのことでしょう。渡辺党首も大きな問題にならない内に早く謝った方が良いのではと思いますが。どのみちワンマンな方のようですから政治家としてのけじめをつけるのもワンマンにやることです。企業経営ならワンマン経営も悪くないのですが、政党の党首としてはワンマンでは敵をつくるだけでしょう。だから党も割れたのでしょう。昨年こぶ爺のひとり言でもいったのですが、これではみんなの党でなく“オレの党”です。

それにしてもD.H.Cの吉田会長もすごいですね。5億円も貸して借用証も取らないとは。化粧品というのは収益性が高いのですね。でもこの件どこから漏れた情報なのでしょうか。吉田会長側からの告発だとすると渡辺さんも借りる相手を間違えたと言ったところ。メールで借金依頼とは脇が甘いといわざるしかありません。

といったところに多分そうなんだろうと思われていた袴田死刑囚の再審開始決定のニュースでした。静岡地裁は捜査機関により捏造された疑いで有罪とされたと言い、拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反するとまで言ったということは、裁判所は無罪と言っているようなものです。こぶ爺は袴田さんが存命中の決定で良かったと思っています。それにしても袴田さんのお姉さんの執念はすごいですね。頭が下がります。さて検察はと思っていたところ静岡地裁は即時抗告したとのこと。渡辺党首と同じで早く謝罪すれば良いのに下手だねえ。裁判所のいう事が正しいと思う人から見れば真に裁かれなければならないのは、捜査にあたった警察、検察、裁判所ということになります。昭和40年代半ばまでの警察、検察はオイコラ方式で非科学的でしたから冤罪は数々あったのでしょう。それにしても国民から尊敬されなければならない政治家、警察官、検察官、裁判官がその正しい認識を早く多くの国民、特に若い人達に範を示すことが尊敬されるべき人々にとって信頼回復への道はこれしかありません。
2014.4.1

 

 

Q:3月25日オランダで米国のオバマ大統領の仲介で安倍首相と韓国の

パク・クネ大統領の会談が実現しましたが、これで悪化した日韓関係は改善するのでしょうか。こぶ爺はどのように見ておりますか。
(埼玉 建設機材リース会社 経営者 女性 56歳)

 

質問のお答えをすべてお話しするには紙面が少なすぎますのでこの関連問題については今まで数回お答えしてきましたことをご覧になって下さい。

先ずは一歩前進ということでしょう。一番喜んでいるのはオバマ大統領ではないでしょうか。それにしても安倍首相には批判的な評論も多いのですが(これは日本のマスコミが時の政府に対してあげつらう習性を持っているからに他なりません。)安倍首相は歴代首相のどなたと比較しても一歩一歩日本国総理大臣として、わが国の国益をそこなわず新しい国家への体制を整えつつあると感じております。相変わらず心配は仲間の失言(とひいきの引き倒し)と間違ったナショナリズムでしょう。それにしてもパク・クネ大統領は病気中とはいえ米国大統領、日本国総理大臣に対し韓国の代表者としていささか失礼な態度でした。その後笑顔で握手をしたとのことですから国内向けだったのでしょう。あの親日家パク大統領のご息女とはとても思えませんでした。隣国どおしお父様の時代のように仲良く素直にお付き合いしたら良いと思うのですが。反日、嫌韓など子供のケンカのようにいがみ合っても何も進歩はないことは両国ともわかっているはずです。両国とも国益に反するということは、その結果政治家として名を恥しめるだけです。

こぶ爺は経営コンサルタントとして20数年前韓国の製造業にVE(Value Engineering)を教えに行きました。その時の印象は韓国の管理職、若い技術者は大変勉強家でした。朝早くに出社し、米国のTVニュースを聞き、本棚には日本のビジネス書ばかりでした。日本はいつかこの国に抜かれるのではないかと思った次第です。その時、彼ら有識者は日本を目標に努力していることを話し、日本にたいへん感謝しておりました。今も変わらないと言っております。

反日運動などというものは一部の守旧派人間が煽動しているにすぎず本当のところはパク・クネ大統領も困っているのではとこぶ爺としては察しているところです。両国の守旧派と守旧派か議論しても答えはいつまでも出ません。

元慰安婦などの個人の賠償問題は日韓国交正常化に解決済ですが、元慰安婦の皆さんには現金給付などの方向で調整することも出来ると思いますが。

両国が誠意をもって会談のテーブルに付くことが“はじめの一歩”ということです。それにしてもパク・クネ大統領にはブレーンはいないのでしょうか?(2014.4.2

 

 

Q:最近安倍総理はじめ政治家や多くのマスコミが流行り言葉のように言う“ていねいに説明”ということを言っていますがこの“ていねいに説明”と言うのは実際どのような意味でしょうか。
(茨城 スーパー店長 女性 51歳)

 

本当にそうですね。最近は流行り言葉のように“ていねいにご説明します”と政治家、役人方が良く使っています。 しっかりやります”もよく使われています。つい数年前までは“対応します”とか“適切に処理します”とかが良く使われていたようです。

さてご質問の“ていねいにご説明”の意味ですがこぶ爺も良くわかりません。今までの役人とか政治家の国民への説明はていねいではなかったということです。このように言葉の意味を考える時に経営コンサルタントはその言葉の反対語を考えてみます。“ていねい”の反対語は雑ということです。わかりにくいということです。雑というのは大雑把ということですからきめ細かい、相手思いの親切な説明のことです。つまりわかりやすくというのはカタカナ語を含め抽象的な言葉使いでなく具体的に、「いつ、どこで、誰が、何を、どのように、何故したのか」5WHを駆使した話し言葉の内容にし、相手が理解しやすい説明をすることです。

決してせっかちにならず話す相手(国民)が心より理解できるまで何回も面倒くさがらず語りかけることではないでしょうか。オレの党の渡辺党首の“熊手話し”の説明はわかりやすかったでしょうか?企業経営においても経営者が株主へ管理者はこのように“ていねいに説明”しています。管理者が社員へお客様に“ていねいに説明“していることでしょう。これを成し遂げる事が

“説明責任”を果たすということです。質問者のスーパー店長も毎朝、毎夕実施していることです。しかし民間ではできても政治家、役人に出来ないとはこれ如何にといったところです。でもちょっとだけ政治家や役人方を擁護させて頂きますと野党の政治家も議場で居眠りとヤジばかりしていないで少しは聞く姿勢、理解する能力を身につけなきゃいけません。
2014.4.3 M

 

 

Q:みんなの党の渡辺代表が4月8日遅ればせながら謝罪と代表辞任を発表しました。こぶ爺が言っておられたようにもっと早く謝罪すれば良かったのにと思います

ところでこの件はこれで幕引きなのでしょうか。こぶ爺はどう思われますか

(東京 公立中学教員 33歳 女性)

 

ようやく俺の党と揶揄されてきた渡辺代表が辞任、これから“新生みんなの党”として再出発して下さい。しかし問題は2点あります。まず第1点はこれでは渡辺代表の8億円借入事件の疑惑は払拭されていません。よってこの件の幕引きという訳にはいきません。渡辺代表は8億円の使い道を正直に話す義務があります。公党の代表として国会議員としての義務です。

第2に代表の辞任をもって終わりにするつもりでしょうが、これでは彼に投票した選挙民は納得しないと思います。衆議院議員を辞すべきです。それが本当の責任の取り方です。選挙民への裏切りに対し知らぬ顔の半兵衛を決め込むつもりでしょうか。このような事件を起こし国会議員は党の役職を辞任するだけで選挙民をだまし、決して議員をやめようとしません。細川首相だけですか。どちらにしても少ないでしょう。やはり国会議員として居座ることはやはり議員という立場は”おいしいお仕事“ということのようです。 喝!
(2014.4.14)

 

 

Q:韓国旅客船セウォル号沈没事故(4月16日)から2週間がたちましたが今はまだ113人の乗客が救助されていないようです。日本の救助支援を韓国が受け入れていればもっと早く救助できているのではと思うと、韓国パク・クネ大統領の強硬な反日姿勢が若い韓国国民を見殺しにしているのではないでしょうか。こぶ爺はどのような見方をしておりますか
(福岡 ITサービス業 経営 34歳 女性)

 

この事件にはいろいろな見方がありますが質問者さんの言われる通り、パク・クネ大統領の反日のみで支持率を上げるパフォーマンスがこの事故の終結を遅らせているように見えます。№2の首相をトカゲの尻尾切りのように辞任させても、無責任の誹りを受け逆効果といったところです。案の定ブーイングが起きているようです。この件は戦争と一緒です。非常時なのです。大統領のメンツにこだわっている場合ではありません。東日本大震災の時日本は米国のトモダチ作戦で支援を受けました。先日天皇陛下はオバマ大統領閣下にトモダチ作戦での支援に謝意を表しておりました。

パク・クネ大統領もこのままでは“一将功成りて万骨枯る”ということになりそうです。保守的なオジサン達にやっぱり女ではダメだと言われそうです。今からでも遅くはありません。日本に支援要請をすべきではないでしょうか。日本近海は海上交通が多く、事故も多発するので海上自衛隊、海上保安庁ともに世界的に非常に高い技術力を持っております。船長の行動にもあきれかえっています。朝鮮日報コラムによりますと残念ながら韓国には危機が起こるたびに責任を持っていて力もある人々が先に逃げ出すという不名誉な記憶があるとのことです。日本では乗客が先に避難しその後乗員、船長は最後に船とともに命運をかけるということです。韓国ではいささか違うようです。案の定逮捕されたようですが。あたりまえでしょう。国があれば大統領、首相という最高責任者がいます。会社であれば社長がいます。飛行機であれば機長、船があれば船長というリーダーがいます。ノブレス・オブリージ(地位の高い人にはそれにふさわしい義務がある)という人も多いようです。日本では安全はすべてに優先するといわれています。韓国には防災計画とかB..P(事業継続計画)まして基本的な安全訓練などなかったようです

このままでは韓国は精神的小国と言われてもしょうがないでしょう。韓国マスコミでは自国を三流国家という論争もあるようです。日本は千年以上も前より、韓国の文化を受け入れ今日、先進国の一員になっております。韓国が大好きな日本人も大勢います。日本人を失望させないで頂きたい。早く冷たい海から助けてあげてください。

追:無私の精神をもって高校生達を助けた若い女性の乗務員がいました。心よりご冥福をお祈りします。合掌
2014.4.29)      

 

Q:4月24日の安倍首相とオバマ大統領の日米首脳会談直後に共同声明、一日遅れの25日にようやく発表されましたが、今回の首脳会談は日本にとって、最良の成果となったのでしょうか。こぶ爺はどのようなご印象をお持ちでしょうか
(大阪 商社 マーケティング部グループ長 43歳 男)

残念ながら最良の成果とは言えないでしょう。多くのマスコミは共同声明に「尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対する」という文言も盛り込まれたことが大きな成果と言っているようです。尖閣諸島は日本のみならず米国の東アジア戦略にとっても重要な拠点となります。ですからオバマ大統領は特別な発言をしたわけではありません。国賓としてお迎えした日本は、特定秘密保護法、集団的自衛権、武器輸出三原則の見直しなどを用意しておもてなしをしたのです。国を守ること、日米関係を強固にすることは今の日本を守るためには非常に重要なことです。今オバマ大統領の頭にあるのはTPP交渉の決着でしょう。11月の中間選挙を控えて大統領にとって難しい局面を迎えているのです。こぶ爺から見ればオバマ大統領は日本に対し安保で揺さぶり実をとったと言ったところです。外交は事前交渉で決まると言わざるを得ません。残念ながら米国のしたたかさに日本が寄り切られているようです。しかしオバマ大統領も大変良いことを安倍首相に言っておりました。近隣諸国への配慮した行動を諭していました。米国が日本の要人の靖国神社参拝にとやかく言う筋合いではないと思いますが、近隣諸国向けの一定の配慮された言動もありました。今回の日米首脳会談は安倍首相のオバマ大統領の大好物の“おすし”での“お・も・て・な・し”から始まりました。日本的に言えば“おもてなし”には“返礼”という義理が生じるものです。TPPと称して用意されたオバマ大統領からの“返礼”は ありがたいと思う人”と“ありがた迷惑”と言う人に分かれました。やはり米国には義理という言葉はないようです。

 全ての国民に満足してもらえる交渉などありません。日本も米国も大胆な決断をもってTPP決着をすべきです。

 こぶ爺はこの度の日米首脳会談を省みるに、やはり日本は敗戦国なのです。米国も中国も戦勝国だなと改めて思ったところです。やはり日本の行く道は、米国とも中国とも与せぬ精神的中立国家ではないでしょうか。

 ところでオバマ大統領夫人は何故来日されなかったのでしょうか。こぶ爺としてはそちらの方が気になります。(2014.4.27

 

Q:昨日51日フジテレビを見ていましたら、私のファンだった元シブガキ隊のフックン(布川敏和)の奥さんの不倫報道を受けて奥さんの会見とフックンの会見を実況中継しておりました。こぶ爺は芸能ネタには興味はないと思いますが、このような不倫騒動と報道についてどう思われますか。
(千葉、専業主婦、51歳、)

“こぶ爺のひとり言”で芸能ネタの質問にお答えするのは初めてのことかもしれません。ご指摘の通りこぶ爺には少しばかり苦手なジャンルです。でもフックンは2時間ドラマで時々お見受けしていましたが、最近はちょっと露出度が少ないようです。さてご質問の事不倫とは人の道をはずすということで倫理的に許されないということです。これは夫も妻も同じです。不倫の相手には法律的には損害賠償責任が発生するはずです。ちょっとかたいですか。時代が変わるとこのような社会的な風評も移り変わるものだと思います。(私も今朝のテレビで見ましたが)妻が不倫をして会見をする。それも堂々とそして1時間ほどおいて夫(フックン)が同じように会見をするとは。芸能人というのはいつもこのようなプライベートのことで夫婦別々に会見なるものをするのですか。古来日本には“恥”とか“恥ずかしい”という考えがありましたが、今や死語ということのようです。さて冷静にこの件を見ますとTV局と雑誌社と芸能プロが仕組んだ仕掛けのように思えますが。的外れでしたらゴメンナサイ!でも芸能界ではこれ位の事よくあることとも聞きます。私生活を暴露しても露出度を増やしたいと思っている芸能人が多いのでしょう。ですから離婚騒ぎが起きると露出度が増える。まさかと思いますが病気やケガをすると露出度が増える、女性タレントなら裸になれば露出度が増えるということです。それをファンやTVすずめが喜んで?観るという構図です。でも犯罪者として露出するのはやめましょう。下手すれば芸能界永久追放になります。でもファンやTVすずめはそのことに腹を立ててはいけません。シャレだと思ってみる事です。芸能人は一人ひとりが経営者です。 芸能プロも営利を追求する企業です。企業にはマーケティングというシステムがあります。今回の件は芸能人のマーケティングということです。マーケティングとは自社の製品やサービス(この場合芸能人)を売り込むため一連の活動ということです。こぶ爺もこの体を張ったマーケティングには頭が下がる思いです。ファンの人も温かく見守ってやることです。しかし、こぶ爺としては一つだけ文句があります。それはかりにも大手マスメディアと言われるTV局がこのようなことに加担するのか、これでは三流週刊誌、あることないこと書くと言われる夕刊紙となんら変わるものではありません。大大手マスメディアの誇り、役割を忘れているように思えてなりません。いまこそ大手マスメディアは今一度自社の経営理念を見つめ直す事です。このツケはあとで大きく響くことでしょう。
2014.5.2

 

 

Q:お隣韓国では旅客船沈没事故での救助活動がまだ道半ばというところ先日ようやくパク・クネ大統領が国会で謝罪演説をしたところ、今度は追い打ちをかけるように地下鉄追突が発生しました。パク・クネ大統領の支持率も急落しているようです。日本のテレビ欄では“揺らぐ韓国の安全神話”と騒がれています。これから先韓国のリーダーはどのような対応を取るべきなのでしょうか。
(東京 地方公務員 43歳 男性)

事故というのは続くものですね。かつて日本でも飛行機事故が続いた時がありました。旅客船事故においてようやくパク・クネ大統領が謝罪したばかりでしたのに。あれは謝罪にならない謝罪です。パク・クネ大統領の周りには謝罪演説の原稿も満足に書ける能力もないとは、ブレーンのいない大統領は不幸です。返す返すも1日も早く日本に支援を求めていればこのような大惨事にならなかったものをと思われてなりません。こぶ爺としては、実のところ隣国の出来事をあまり言いたくないのですが、リーダーは早く誠意をもって謝罪することです。遅れて謝罪すれば逆効果となります。日本の政治家も心して下さい。 この場に及んでは辞意を表明することです。そして早く次の大統領を決める事です。パク・クネ大統領は急落しても40%後半の支持率があるようなので、再び立候補することもあるかもしれません。この選挙は大阪市長の税金ムダ使い選挙とは違います。決めるのは韓国国民です。他国の我々はただただ見守るしかありません。リーダーはメンメンと現在の地位にしがみついてはいけません。そちらの方がみっともないことです。パク・クネさんは粛々と被害者のためにも、韓国の安全のためにも、再び立候補するにしても次は身を挺してメンツにこだわらず大統領の仕事をして頂きたいものです。 草葉の陰で父君もそう願っていることでしょう。辞めるなら今しかないでしょ!辞めるタイミングでリーダーの器量は決まります。しかし北朝鮮の動向にはくれぐれも注意を払わなければならないでしょう。それからテレビ欄で“揺らぐ韓国の安全神話”と騒いでいるということですが誰がそんな誤ったキャッチフレーズを掲げたのでしょうか。こぶ爺の知る限り、韓国にはいったいいつから安全神話があるのでしょうか。今から20年程前韓国ソウルでは聖水大橋の崩落事故もありましたし、三豊百貨店の倒壊事故等もあり、当時こぶ爺の勤めていたコンサルティング会社にも韓国から“日本の安全管理”の指導の依頼がありました。結局彼らの国には安全より業績向上という間違った経営スタイルしか受け入れられなかったことが残念でなりません。彼らにとってアメリカ的業績主義か日本的安全主義かといった思いだったのでしょう。こぶ爺がいつも言うことで耳にタコができたと思いますが,“安全はすべてに優先する”ということです。 ところでこの件で中国から韓国に対し何もアクションがない(マスコミの取材不足か)とはこぶ爺は不思議な思いでなりません。
2014.5.7

 

まとめB:一般社会

Q118日の読売新聞の人生案内に次の内容のものが掲載されていました。

大学教授の先生が丁寧に回答されていました。私の友人にも似たようなケースが2,3あります。昨年のこぶ爺のひとり言で“タガメ女とカエル男”のことを言っていることを思い出しましたので下記の相談にこぶ爺ならどのようにお答えになりますか。大変失礼とは思いますがよろしくお願い申し上げます。 
(埼玉、年金生活者、72歳 男性)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(読売新聞 118日付けの人生案内の内容)

70代男性。友人から息子夫婦の相談をされています。

50代の次男は公務員で、嫁は四つ年下の主婦です。小学生の孫が一人いて、クリスマスの贈り物を送っています。それなのに、お礼はおろか、受取の電話一つないそうです。

正月の三が日も、次男がやってくるだけ。なぜ嫁や孫も一緒に連れてこないのでしょうか。次男経由でお年玉を渡しますが、何の連絡もありません。祖父母にお礼のハガキ一枚でも書くように、なぜ指導できないのかと疑問に思っています。

次男の家に品物を持って訪ねたこともありますが、玄関先での立ち話でした。「お茶の一杯でも」の一言がほしいのですがね。

運動会などの連絡もなく、長男夫婦と交流もありません。近所付き合いもしていないようです。

嫁の実家の母親に現状を相談するのはどうかと思うのですが、たぶん逆切れされて大変なことになりそうです。次男が嫁に指示できないのでしょうか。

なさけないです。

恥ずかしながら、友人の息子と書きましたが、どうぞご推察ください。

(奈良・S夫)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 奈良の相談者のご子息(次男)は大企業病のカエル男です。タガメ女のカモになるタイプです。

正月三が日に次男だけでも訪ねてくるのは少しは気が引けているからでしょう。嫁さんは典型的なタガメ女です。たぶん育ちが悪いのでしょう。親の顔が見てみたいところです。きっと子供の頃母親が働きに出ていて、子供さんの躾、教育をおろそかにしていたのでしょう。タガメ女は育児放棄の犠牲者といえます。といってもいい嫁は多いんですがね。その昔から嫁を貰うときは母親を見てもらえと言われている由縁です。失敗しましたね。そういった事では、親としての責任もありますが、なんといってもこの結婚は猛反対すべきだったのです。(本当は心の中ではそう思っていたのでしょう)ところが親として後々恨まれたくないのでこのような自家になじめそうもない女でも、多くの親は内心反対の気持ちがあってもしぶしぶ賛成しているのです。世の中の人も親をもらう訳でもないので本人同士が気に入っているならと、無責任に物わかりの良いセリフを言うのです。相談者もこの罠に陥ってしまったのでしょう。嫁のタガメ女の本性が出てきたらもう後の祭りです。タガメ女・毒嫁というのは打算的で社会通念ゼロですから。(社会通念上夫または妻の両親とは腹の中でなんと思っていても、ニコリとさりげないご縁を続けるものです。その結果の愚痴は、夫または妻に言えばよいのです。)しかもタガメ女は最初から夫の両親とは関わりはもつ気はないのです。結婚するという意味がわかっていません。次男の同居人ということ。

相談者は70代男性とのこと、まだいいのは長男ご夫婦が居られるとのこと。人間は生まれる時も一人、死ぬ時も一人ですが、お墓だけは相談者だけでなくご先祖のこともありますので長男ともよく話し、相談者の家のことは長男に委ねることです。次男とその同居人とは早く縁を切るべきです。バカは死ななきゃ直らないといいますから。一番良いのは次男夫婦が一日も早く離婚することです。小学校のお孫さんと会えないのが云々とあるようですが、タガメ女が生んだ孫にはかわいそうな気もしますが、祖父としての気持ちを孫あての遺言書に残しておかれたらいかがでしょうか。次男には一円の遺産もわたらないよう長男ともよく話し合うことです。次男にわたるとそれは即次男の嫁にわたるということですから、タガメ女はそれを狙っているのかも知れません。思う壺にはまらないためにも一日も早く対策を。

もっと早ければ次男にタガメ女の親に実情を話すことも必要ですがすでにもう手遅れでしょう。しかし相談者は次男の父親として人生最後の親らしいことをしなければなりません。それは先ほど言ったような対策を早く打つことです。あなたのご子息です体を張って教えるという大仕事が残っております。

“泣いて馬謖を斬る”ということです。次男もあと20年もあれば目がさめることでしょう。

これからの良き人生を大いに自分のために楽しんで下さい。
2014.1.20

 

 

Q:息子が2月に私立中学校を受験します。この2年間学習塾に毎日のように通い勉強していました。彼にとって初めての受験です。親バカかも知れませんがどのように支援したら良いでしょうか。お知恵を貸してください。
(神奈川 地方公務員  43歳 男性)

 

こぶ爺も20年前を思い出します。私の息子も雪の降る中2月1日~3日私立中学を受験しました。当時私は札幌に出張中で受験についていくことは出来ませんでした。塾の先生にすべてお任せといったところです。受験の朝電話でわかる問題から先にやれよといったところでしょうか。中学受験は2度あれば半分は合格者が入れ替わるものがその特徴のようです。やはりそれが“12歳の春”というものらしいです。ご質問の親バカとは親にしかできない特権です。親バカ大いに結構です。大いに親バカをしてください。親という字は木の上に立って見ると書きます。子供の受験では親は無力です。ただひたすらに神仏に祈り静かに見守ることしかありません。親が知ったかぶって心配のあまり余計なことを口出しすれば子供は委縮するだけです。黙って明るく振舞うことも親の務めというものです。あなたのご子息です。あなたより必ず大きく育ちます。それよりも受験というものの価値をご子息に教えて下さい。今一つのことに打ち込むことができるのは、その後の人生で受験の時ぐらいではないでしょうか。もちろん努力しても結果と結びつかないのも人生です。中国では勉強=努力、日本では勉強=学習となっているようです。それでも努力が大切なのはそれが将来の糧になるからです。なにしろ受験は子供さんの修行です。あわせてお父さん、お母さんの親業の修行の場でもあります。寒さも本番を迎えます。どうかお体には気をつけて“おめでとう”と言える日が来られることを心より祈念いたしております。“人間万事塞翁が馬”そういえば今年は午年です。
2014.1.18

 

 

Q:和食の無形文化財登録で「日本ブランド」を育てる戦略が軌道に乗りつつありますが、こぶ爺から一つアドバイスをお願いします。(石川 飲食店 経営者 58歳 男性)

 

昨年の富士山の世界文化遺産登録そしてこの度の和食の無形文化遺産登録と「日本文化」「日本ブランド」が食を切り口にして世界中に日本ファンが増えるのは日本の目指すべき平和国家の礎となるでしょう。日本への理解する人が増えれば経済の好環境を生み、ひいては外交面での安定をつなげることでしょう。しかし一時の喜びにひたるだけではかえって日本ブランドを失うこともあります。こぶ爺は富士山の時にも言ったのですが登録しなくても富士山は日本の象徴です。それより電柱や電線をなぜ地中に埋めないのか。富士山の環境保全はどうするのか、その対策なしに世界中の観光客をお呼びしてもかえって日本の恥をさらすことになると言いました。又この度の和食も多数の有名ホテルや百貨店の偽装表示問題、かつては船場吉兆の食品使い回し事件など、これまでも食品業界の問題であったのでは。それらを解決しないままでいいのですか。例えば和食の料理をされる人は日本人の精神文化をもってお客様に提供しておられるでしょうが一方頂く側の方の作法教育(富士山で言えば登山する人)が必要ではないでしょうか。西洋料理で言えばナイフフォークの使い方を始めとするテーブルマナーがあります。和食にも食事の作法があります。日本人でも満足に箸を使える人が少なくなりました。箸を使うというより箸を握るという方のほうが多く大変見苦しいというのが現実です。家庭や学校はいままでなにを躾けていたのでしょう。

日本文化が誇る和食をいただく方が箸も満足に使えない有様では無形文化遺産登録さわぎという訳にはいかないのではと心配しております。こぶ爺は自分の息子に結婚する女性の方の箸の持ち方を良く見て選びなさいとアドバイスしております。箸も満足に使えない女性(男性でも)でもそれこそ“箸にも棒にもかからない”ということです(2014.1.24

 

 

Q:27日ロシアのソチで冬季オリンピックが開催します。

2020年の東京オリンピック、パラリンピックの開催が決まってから最初のオリンピックです。日本の代表選手の活躍を願ってやみません。こぶ爺はロシアでのオリンピック開催をどのように思いますか。
(東京 流通サービス業 39歳 男性)

 今日8日(土)首都圏は10数年ぶりの大雪です。こぶ爺は安全のために外出は控え、自宅で朝からテレビでソチ五輪の開会式のダイジェストを観ています。日本選手団の入場に心が熱くなり思わず拍手をしてしまいました。

選手とその家族、関係者の皆様にとっては万感の思いがあることでしょう。本当にご苦労様でした。今日から闘いが始まります。日本の代表選手の今日までの努力の成果を思う存分発揮されることを静かに見守るつもりです。

オリンピック、パラリンピックは相対評価です。出場者の最も優れたものが金メダルを獲得する大会です。金メダルを獲得することは至難なこと、運もありその時のコンディションもあることでしょう。こぶ爺は日本国民の一人として静かに応援します。マスメディアは金メダル5個、メダル10個以上と騒いでいますが、こぶ爺としては選手の皆さんには日本の代表として正々堂々と、今まで磨いてきた成果を見せてもらえたらと願っています。日本人というかマスコミの悪さ加減として金メダル金メダルと騒ぎすぎます。多くの日本人選手はプレシャーに弱いのです。これこそ日本人の国民性といったところです。ヒイキの引き倒しにならぬことを祈っております。でも声を小さくガンバレ日本!

開会式は2月7日、この日は「北方領土の日」でもあります。安倍首相も開会式に出席、大変タイムリーな行動です。これを機に日露の首脳会談が実現されロシアによる日本の北方4島の一日も早い返還が、実現されることを期待しております。

ロシアでのテロ活動の噂もあります。スポーツによる平和の祭典が安全に遂行されるとともに日本選手の無事なご帰国を国民全員で心待ちしましょう。

それはそれとして明日は東京都知事選挙です。この大雪の中どのような結果になるのかこぶ爺としては甚だ気になるところです。
2014.2.8

 

 

Q:ソチ・オリンピックの女子スキージャンプ金メダル候補の高梨選手が残念ながらメダルを獲得することができませんでした。ファンとしてオリンピックという大舞台での競技の難しさを改めて知ることになりましたが、こぶ爺から見て高梨選手の敗因はどこにあったと思われますか。
(北海道 教員 33歳 女性)

 

昨日未明は日本中の(高梨)沙羅ちゃんファンはまさかと思ったことでしょう。質問者のように北海道の方ならなおさらその思いは強かったことでしょう。こぶ爺もどういう訳か200に目覚め、なでしこジャパンの決勝戦以来、高梨さんのジャンプに見入ってしまいいささか寝不足気味です。日本人だけで競っているだけでなく、世界各国の一流選手が出場し、どなたが優勝してもおかしくない闘いです。出場者全員が優勝を狙っているのです。メダルが取れなかったことは残念ですが、伊藤さん、高梨さんと2人も入賞した事はすごいことではないでしょうか。日本は世界のわずか0.2%程の国土しかありません。人口は2%位です。そのような小さな島国から世界のベストテンに2人も入るなんて大変すごいことです。メダルは次の平昌冬季オリンピック(韓国)までの楽しみに取っておきましょう。ワールドカップで何回も優勝していても、オリンピックは一発勝負のようなものです。横綱白鵬ですら平幕に負けることもあるのです。世界中のマスコミは高梨さんのワールドカップの実績から見て金メダル確実と悪意はないと思いますが、いささか騒ぎすぎ。こぶ爺は数日前にも言いましたが、日本人は重圧に弱く、口には出さなくても責任感が強すぎる民族なのです。日本のマスコミも仕事とはいえ困ったものです。反省すべきは日本のマスコミでしょう。日本のマスコミにはもっと他国の出場選手の情報を集め分析して、自社の視聴率や部数アップのためだけではなく選手のためにご協力頂きたいものです。もうこれ以上贔屓の引き倒しは慎むべきです。先程言ったように最初の女子スキージャンプに2人も入賞したのですから、コーチ陣(指導者)はよくここまで選手たちを導かれたと思います。ファンとしてお礼申し上げます。改めて指導することの難しさを教えてもらいました。時を同じくして、男子ハーフパイプで中学3年生の平野君が銀メダル、18歳の平岡君が銅メダルを獲得しました。おめでとうございました。この種目でも大本命といわれたアメリカのショーン・ホワイト選手が敗れたとのことです。それにしても日本人は曲芸のような種目には向いているのですね。体力勝負のような種目は欧米諸国との差は歴然としています。戦いの終わった種目のコーチ陣そして代表選手の皆さんにはまず心と体を休めてもらい新たな夢に向かって下さい。

マスコミとファンは猛省を!
2014.2.12

 

 

Q:日本のベートベンと言われている作曲家 佐村河内守氏の多くの作品がゴーストライターの代作との告発があり世間の注目をあびておりますが、この件こぶ爺はどのような印象をお持ちでしょうか。(埼玉 公務員 33歳女性)

 

今日37日は11時より佐村河内氏の記者会見がありました。髪を切り髭をそり用意万端の釈明会見でした。耳の聞こえない作曲家として世に出た佐村河内氏が自作として発表した曲のほとんどを別の作曲家に代作させていたことを当のゴーストライターである新垣氏が告白したことに端を発している。

さてこの問題はどこにあるのかと言えば、第1に耳の聞こえない作曲家が発表した「交響曲第1番HIROSHIMA」が実は新垣氏の作曲であったことでしょう。この騒ぎが起こる前に喜んでこのCDを購入したのに今になって騙されたと怒っている人がいるからです。本来なら自分がその曲を良いと思えば作曲家が誰であろうと関係ないところです。こぶ爺のように音楽と言えば演歌か民謡しか知らない者から見てクラシック音楽と言えば高尚な芸術。そのファンは曲の良さに引かれて高いCDを購入したのです。何だか食品偽装表示の時と似ていますね。多分この件で怒っている人は自らの感性に対して腹を立てているのでしょう。

第2に佐村河内氏が本当に耳が聞こえてなかったかどうかに対してでしょう。彼が聴覚障害を偽っていたのだとすれば、これはもう言語道断というか詐欺でしょう。その上、市役所も騙して、障害者手帳を手にいれたということになります。手帳は返上したとのことですが、全ろうというのはそう簡単に回復するのでしょうか。専門家の意見を待つしかありません。今日の記者会見では手話通訳が同席したようです。

第3にクラッシク音楽の作曲の世界でゴーストライターがいることが果たして悪いことなのかということでしょう。

一般に政治家やスポーツ選手、芸能人等が出版する本には、ゴーストライターの手によるケースがしばしばあるようです。こぶ爺の仕事にもかつて地域経済人(経営者)の伝記を出版することがありました。これもほとんどがゴーストライターによることがあります。クラッシク音楽の世界にもゴーストライターというシステムが存在していたということでしょう。

第4に佐村河内氏を“現代のベートベン”“全ろうの天才作曲家”として花々しく持ち上げたNHKはじめ多くのマスメディアには何の問題はなかったのでしょうか。面白おかしくまとめて終わりといったところでしょう。

第5に何故18年間の蜜月の時を過ぎて今になって新垣氏は佐村河内氏を告発することになったのかその経緯が今日の記者会見では明白になっていません。

佐村河内氏の会見の一端ではやはりそこに金銭問題があるように見えるのですが。新垣氏が作曲を佐村河内氏が企画・原案を担当した共同作品と言えます。その上佐村河内氏は広島出身ということでCDは売れに売れたということです。金の切れ目が縁の切れ目といったところでしょうか。新垣氏の“告発の行方”を知りたいところです。(2014.3.7

 

 

Q:千葉県柏市で2人死傷の通り魔事件が発生しました。2日後に無職の24歳の青年が逮捕されました。こぶ爺にお伺いしたいのは、ここ数年通り魔事件とか無差別殺傷事件が後を絶たない状況にはどのような背景があるのでしょうか。

(東京 流通サービス 仕入部長 44歳 男性)

まったく腹立たしくなる事件です。なんの罪もない31歳の男性しかも同じマンションに住む人を刺殺するとは悲しい限りです。路上などで複数の人が突然刃物などで襲われる無差別殺傷事件が後を絶ちません。こぶ爺の若いころには青年が政治的信条をもとに反対政治家に刃を向けるという事件がありました。しかし個人の満足のために殺人を犯すということはありませんでした。なぜ人を殺していけないのか、誰も教えてこなかったのでしょうか。この事件も加害者の弁護士がシャシャリ出て責任能力なしという論陣をはって無罪ということにならなければいいのですが。

バブル経済崩壊後の20年、アメリカの悪いところばかりを見習ってお金儲けをしてなぜ悪いんですかという連中が跋扈するばかり。勝ち組、負け組で人間を区分けする有様です。就活、婚活という社会現象も起きています。こぶ爺は経営コンサルタントですから言っておきますが、事業を起こして収益を得ることは決して悪いことではありません。事業には経営理念、社会貢献が必要です。収益を増大させ、どう社会に配分するかが経営者の最大の役割なのです。

今の若い人の多くは、生き抜く能力に欠けています。働くとはどのようなことなのか家庭でも学校でも真剣に教えていません。親も教師も生きること、働くことの大切さをもっともっと教えなければなりません。

子供の頃素直に生きてきた子もいつ、ちょっとしたきっかけで負け組になります。せっかく勝ち組になっても何かのきっかけでいわゆる負け組になってしまうこともあります。しかし生きなければと必死にもがいていてもどうしても迷い道に入り込んでしまいます。スマホでのコミュニケーションしかできないでいると結果ひきこもり状態となります。食べることもままならなくなりますと精神を病むことになります。自棄になる、切れると言った具合です。もう誰も相手にしてくれません。頼れる人は身内にすらいなくなります。地域ぐるみでセーフティネットを張るしかないのです。見栄を張って地域に頼らず、友人に頼らずいますとあとは犯罪に走り刑務所だけが安全な住まいということです。20歳過ぎれば本人が一番罪が重いのです。しかし両親の育て方にも学校の先生の教え方にも問題はあります。今の世の中を見て見ぬふりをしているサボリ政治家、耳障りの良いことだけを書くマスコミ、企業経営者の対応にも反省する余地はあります。(2014.3.6

 

Q: 16日ソチでの冬季パラリンピックが無事閉幕しました。こぶ爺のひとり言ではパラリンピック・オリンピックと書かれていますがこのことはオリンピックよりもパラリンピックが先に開幕すべきということでしょうか。
(長野 マスコミ 管理職 52歳 男性)

 

こぶ爺のオフィスのリーフレットには東京パラリンピック・オリンピックと表示しているからでしょうか。行く先々で同じ質問を受けています。

 こぶ爺のオフィスではその昔からだれが言い出したかわかりませんがパラリンピック・オリンピックと当たり前のように言っております。

 それにしてもソチのパラリンピックでの日本選手の活躍には目を見張るものがあります。決してオリンピックの残り火で闘っているわけではありません。パラリンピックすなわち身体障害者と言われる人々がその不自由な体で前向きに闘っている姿に多くの人々の感動を呼ぶのです。そこにはオリンピックのようなナショナリズムなどはないのです。人類は皆同じなのです。それこそパラリンピックのスポーツの精神なのです。東京ではパラリンピックを是非先に開催してもらいたいと願っております。そしてその感動を胸に健常者と言われる選手達のオリンピックを開催するべきなのです。健常者は身体障害者の方々の不自由な上に成り立っているということが分るためにもです。その昔30年程前、山梨のひなびた温泉で掲げられていた“当たり前”という詩を思い出します。手があるから握手が出来ます。物が持てます。足があるから走ることも歩くことも出来ます。“当たり前”まだどこかに控えが残っているので探してみましょう。それにしても東京は決してノーマイライゼーション・バリアフリーの都市とは言えません。早く何とかしなくてはと感じることです。それにしても日本のマスコミはどうしてこうも言うこととやることが違うんでしょうか。ソチでのパラリンピックの選手の勇姿ぶりをどうして小さな扱いでしか報道しないのでしょうか。テレビもNHKですら申し訳程度の取り扱いとは。籾井会長もつまらないことばかり発言しているだけでなく是非このような重要な命令を下していれば日本国民はこぞってNHK会長に拍手喝采することでしょう。

 2014.3.25 K

 

Q:先月千葉の柏で無差別殺人事件が発生しました。ここ20年特に一般の人には考えられないような事件が発生しております。そういえばかつてどれくらい前でしょうか、テレビの討論会の中で若い視聴者から“人は何故人を殺してはいけないのでしょうか”という見方によっては人を喰ったような質問を寄せられましたが、学者先生や評論家からはこれといった応答がなかったことがありました。こぶ爺はこの質問についてどのようなお考えでしょうか。お教え願いたいと思いメールさせて頂きました。
(千葉 金融機関 58歳 女性)

 

何の罪もない31歳の男性会社員が通りすがりの男に殺された事件、あれからもう一ヶ月にもなるのですね。先日追起訴された記事を読みましたが、こぶ爺がびっくりしたのは犯人と同じマンションの住人とのこと新聞記者のインタビューに率先して答えた犯人は笑いながらナイフで刺していたと目撃証言したとのことです。背筋が寒くなる思いです。6年前には茨城県土浦市、東京都秋葉原でも無差別殺人の発生があり、その後も後を絶たず埼玉県三郷市、千葉県松戸市、大阪市、東京都練馬区とこの手の犯罪が続いております。こぶ爺が心配するのは、これらの事件の犯人が責任能力なしということで無罪になってしまうことです。先日の袴田さんのように警察、検察による証拠捏造も困りものですが。本事件においてはこのようなことはないものと信じるばかりです。というのも法の解釈とは難しいものだということは十分理解しておりますが人権派と言われる弁護士の売名的な?過度の加害者への肩入れは如何なものかと思っています。

被害者の人権とその家族の悲しみには筆舌につくせぬものがおありのことでしょう。裁判官(員)も弁護士もしっかりと事実を見つめて頂きたいと思っております。

さて本題の“人は何故人を殺してはいけないのでしょうか”との質問についてですがこぶ爺には残念ながら適切な答えがありません。ところでこぶ爺は昨日から旭川市に仕事で来ております。旭川市には、かの有名な旭山動物園があります。貴女の期待に応えられないかもしれませんが“2~3年ほど茨城県潮来市というところで旭山動物園の園長先生(名前は失念しました)の講演会を聞く機会がありました。その折先生は、動物は生きていくためにその動物より小さな動物を食べて生きているのです。そしてその動物も大きな動物の生命の犠牲となるのです。われわれ人間も肉、鳥、魚、野菜、きのこ海草など多く命を頂きながら生きているのです。われわれ一人ひとりの命は多くの命の犠牲の上に成り立っているのです。その数々の命のためにも命を大切にしなければならないのです。

というようなお話をされていたように思います。出張先で資料がなくわずかな記憶がたよりです。この世に一人の人間が生を受けるということは両親、祖父母はじめ多くのご先祖様の血を受け継いでいるということです。

ところで貴女はこの間の春分の日(お彼岸)にはご先祖様のお墓参りはされましたか。
2014.4.7

Q:文部科学省は来春から小学校で使用する教科書の検定結果を発表したようです。東日本大震災や福島の原発事故についても詳しく記載されていたことです。

領土教育として北方領土、竹島尖閣諸島についても記述されているとのことです。 私は当然のことと思いますが早速韓国、中国の両国外務省より「挑発をするのをやめるよう求める」と反発しているようです。こぶ爺はこのような不当な主張についてどう思いますか。
(神奈川 食品メーカー 商品開発グループ長 58歳 男性

言うまでもなく中国、韓国の両国の誤った事実認識には困ったものです。しかしこの問題は総理の靖国神社参拝とはいささか問題の趣旨が違います。靖国参拝は相手国が嫌がることを無理にする必要はない、とこぶ爺は言ってきました。精神的小国に中立的大国があえて突っかかることはないのです。いずれ国際司法裁判所が国際社会にその答えを出していただけることでしょう。しかし教科書の内容については日本の内政干渉そのもので決して承服できるものではありません。わが国の将来を担う子供たちに自国の領土について正確に伝えることは大人の責務です。竜の落とし子のような形をした6,850余の島々から成り立つ美しい日本の国。どの島が“日本の領土”であるのか学ぶことは当たり前のことです。

菅官房長官の言われるように「ごく当たり前のことを書いたことにすぎない」ということです。中国、韓国の両国が口を出す筋合のものではありません。過日ある方に聴いた話ですが、今の高校教育で日本史は必須ではないそうです。

こぶ爺はこの話を聞いてびっくりしました。日本史は日本国民のアイデンティティです。世界史は国際人としての教養として当然のごとく身につけなければならないことです。一体、文科省は何をしていたのでしょうか。日本史、世界史はどこの大学でも入試科目にすべきです。国際人を育成するにはまず、自国の歴史と言語を学ぶことから始まります
2014.4.18

 

Q:こぶ爺はプロ野球には興味がありますか。

今年開催してまだ1ヶ月も経たぬうちに昨年と同じように飛び過ぎる統一球ということで日本野球機構(NPB)がドタバタしています。この問題どのような事に原因があるのでしょうか?
(大阪 電気工事業 代表 63歳 男性)

 

 野球ファンにとって待ちに待った球春が訪れました。こぶ爺もその一人です。昨年に引き続きNPBの統一球騒動とはこれ如何に。NPBには(統一球の製造元はミズノ)学習能力が欠けていると言われてもしようがないです。しかし昨年のコミショナーの謝罪はお粗末でしたが、今年の熊崎コミショナーの謝罪対応はしっかりしたものでした。

マーフィーの法則(アメリカ空軍、エドワード・マフィー大尉)の第1法則は、間違いは必ず起こる。第2法則は、人間は誰でも失敗を犯す。第3法則 失敗には原因があると言っています。しかし同じ失敗は繰り返し起こるという法則はありません。世界一の技術力、品質管理能力を有する日本のメーカーがこのような有様では日本の技術力の恥と言わざるを得ません。この製造元には標準化という言葉はないのでしょうか。この冬一体

何を研究していたのでしょう。 オープン戦で何も気付かなかったのでしょうか。聞くところによると、2015年まで契約があるようです。とすると権利の上に胡坐をかいたということでしょう。それをチェックできないNPBは黙って見ていただけなのでしょうか。

一般企業ではこれを“管理不全”と言います。一番の罪はシーズン中にも関わらずこのような問題を出したということです。打った打者も打たれた投手も“飛び過ぎる球”ではしっくりこないでしょう。選手にとっては死活問題と言わざるを得ません。もっと頭に来ているのは野球ファンです。NPBにとっては“顧客”です。これでは顧客第一主義ならぬ製造メーカー第一主義と言わざるを得ません。

“二度あることは三度ある”“三度目の正直”

NPBは猛省を! 
2014.4.16

Q:昨年に引き続き全員参加方式で行われた全国学力テストは、422日に終了しました。読売新聞社の調査によると76%の区市町村教育委員会はこの結果を非公表とするようです。公表するとしたのはわずか2%だそうです。公表で学校間、教師間、児童・生徒間の競争を誘発するというのが理由だそうです。子供を学校に預けている親としては正確な情報を示してもらいたいと思っていますが、こぶ爺はどう思われますか。
(兵庫 金融機関 二男の母 46歳)

 

この問題、教育委員会(教師側)と首長(保護者側)との論争ということになるのでしょうか。それにしても76%もの教育委員会が結果を公表しないとはビックリしました。それではなぜ何十億もの費用(税金)をかけて学力テストをしたのか分りません。教育委員会にとって児童・生徒とはどのような位置づけなんでしょうか。私立学校と公立学校の先生の考え方に違いがあるのでしょうか。公立学校は教師のためにあるのでしょうか。こぶ爺は児童・生徒のためにあると思います。それゆえ児童生徒の成長のために学力テストということで学習成熟度を計ったのではないのですか。そのことに教育委員会はなぜブレーキをかけるのか、全く理解に苦しむところです。保護者は何も言われないのですか。病院に行って精密検査を行って結果がわからないようなもの。それでは病気を治すことは出来ません。学校では学力テストをやってもわからないので学習塾、予備校へ行ってくださいということですか。とすると教育委員会は私塾の経営のためにあるということですか。そういえば昨年静岡県知事が成績上位の校長名を発表して物議をかもちましたね。民間企業でも成績考課をつけます。その結果で給与も上下しこれから先、伸ばさなければならないスキルも発見できるわけです。非公表と言っている教育委員会(教師側)は学校の「序列化」につながることにブーイングしているようです。児童・生徒もこれから先、人生を歩む中で好むと好まざるとにかかわらず「序列化」されます。学力も運動力も創造力すらも序列化されます。運動会で100m競争をすれば123着と決められます。そういえば最近の学校では順位を決めないところがあるらしいです。ほんとうにそれで児童・生徒のためになるのでしょうか。学力も運動力も創造力も尊重されるものです。有能な児童・生徒を育てることも教師の役割ではないのでしょうか。

こぶ爺が考えるには教育委員会が本当に反対したのは教師と校長の「序列化」ではないのでしょうか。彼ら教師は労働者と言いたいのでしょう。先ほど言ったようにどこの企業の労働者それが管理者であっても人事考課の結果、序列化されているのです。はっきり言って楽して生きていたいバカ教師は自分の無能力さがバレルのが嫌なだけだと思います。文部科学大臣は学力テストの未発表が児童・生徒に悪影響を与えることはご存知でしょうから、ここはひとつ日本の将来のために是非ともリーダーシップを発揮すべきです。

今こそモンスター・ペアレントの出番です!
2014.5.5

 

 

Q:大相撲春場所で初優勝を飾った鶴竜関が第71代横綱になりました。これで横綱3人がすべてモンゴル人となりました。私は貴乃花関以来日本人の横綱がいないことに寂しい思いがしております。こぶ爺は鶴竜関の横綱昇進についてまた今後の角界についてどのようにお思いでしょうか。
(東京 年金生活者 69歳 男性)

 

あと2~3日で夏場所が開催されます。本場所は鶴竜関の昇進で最高位3人それも外国人力士が並ぶのは史上初めとのことですね。こぶ爺のように子供の頃からカタヤ○○~、コナタ○○~と行司さんや呼び出しさんのマネをして遊んでいた者にとって楽しみのような寂しいような複雑な思いです。でも久々の雲竜型の土俵入りも見たいものです。それにしても鶴竜関はよく頑張ったと思います。聞くところによるとアナンダ少年(鶴竜の本名)が大相撲入りにあたって、大学教授の父親の知人が日本語に訳して日本の相撲関係者に手紙を託したようです。15歳の春だったとのことです。関係者はあんなヒョロヒョロした子が横綱になるなんてと言って驚いているようです。当時身長179センチ体重78キロだったようです。そのような子が苦節13年文化も言語も違う異国の地で良く耐え、努力を積み重ねて来られたことにこぶ爺は拍手喝采、脱帽といったところです。 さてそれに控えてこれからの角界における日本人力士への期待はということになります。若貴時代の再来は無理にしても日本人力士の勇姿を見たいと願っているのはこぶ爺だけではないでしょう。鶴竜関のような努力の人は日本のどこにいるのでしょうか。初代横綱若乃花関は“心技体”と言っていたように思います。日本人とモンゴル人の差は“心”でしょう。若乃花はモラル(道徳)と乱れを言っていたようです、こぶ爺はモラール(意欲)の差だと思っています。今後の日本人力士への期待は大関稀勢の里と前頭4枚目遠藤関であることは衆目の一致するところ、心を鍛えて精進して貰いたい。本場所では横綱をしのぐ声援が飛んでいるようです。是非見せて頂きたい。横綱3人を前に仁王立ちする姿を。
2014.5.9

 

 

Q:高校卒業して今の会社に入って20年経ちます。ここ数年会社の将来に不安を感じています。仕事には大変やりがいを感じていますが、上司ともうまくいっているとも言えませんし、転職を考えていますが、大学も出ていませんし、これといった資格も持っていません。これから先どのようにしたらよいかこぶ爺にアドバイスをお願いします。
(神奈川 流通センター 係長 38歳 男性)

38歳という年齢からして若いなと思いますが、一つの会社に勤めて20年とは、大ベテランですね。そのような方が会社の将来に不安を抱え、上司とのコミュニケーションもままならぬとは余程無器用な生き方しかできないようですね。まず会社の将来に不安がある場合、このような時、一般には①今の状況に諦めてこのまま我慢?して働くか②20年間の経験を生かして係長として内部の改革に取り組むか③それらが出来ないときは新天地を求めて転職するかです。貴方のメールを見ますと転職したいという気持ちが強いようです。こぶ爺としては②についてアドバイスしたい思いですが、転職についてお話ししましょう。まず高校出だからというコンプレックスがあるようですが、そのことはお捨てなさい。なぜなら大学出と言っても星の数ほどいます。東大、京大でもない限りどこの大学も一緒と思ってください。むしろ大学出でなく中学出の方がまだまし?と思います。こぶ爺の知り合いにも小学校出を自慢して経営コンサルタントをしている先生もおります。そういえば東大教授を務められた建築家の安藤忠雄先生も大学には行っておりません。

次に資格のことですがやみくもに資格を持っていればよいという者ではありません。無論これからやりたいと思う仕事に必ずなければならないということであれば取得するべきとは思いますが。それより貴方が20年間働いた経験からしてお分かりの様に取引先、同僚、部下、上司とのコミュニケーションがしっかりとれるかの方が重要なスキルです。今はPCなくして仕事が出来ない時代です。そちらの方のスキルはどうですか。貴方はまだお若いのですからこれから12年かけて計画的に貴方のスキルを磨いて下さい。あなたの財産です。あなたの転職先への売り物です。当然のこととしてこの20年間の仕事を通じて知り合った人達も財産です。ところで家族の人には貴方の考えを話されたのですか。家族の協力なしには人生設計は出来ないでしょうから。転職すると決断したなら早速取り掛かって下さい。上司が嫌いだから、高校しか出ていないから、資格がないからと言って逃げてばかりいては誰も協力してくれません。でもどこの会社に行っても今の会社より良いところは無いと後悔する人が多いのも事実です。

2014.5.16

 

 

Q:523日 参院本会議で811日を山の日とする改正祝日法が可決成立しました。これで年間の祝日は計16日に増えましたがこぶ爺は祝日が増えることについてどうお考えですか。
(岡山 地方公務員 36歳 女性)

祝日が増えることで喜んでいる人が多いでしょうね。

こぶ爺のような年配の者からみれば祝日が増えても喜び半減といったところです。子供たちも811日というと夏休み中ですのでさほどのことはないでしょう。

旧盆は814日、15日、16日でしょうから多くの人はこの時期に夏休みを取得するでしょうから、どうせなら813日か17日を祝日にすればよかったのにと思っております。山の日と言っても7月に海の日があるからといった程度の発想でしょうから。でもこれ以上こぶ爺が言いますと過労死防止は国の責務ということで法案成立に向かってる矢先なので差しさわりがあるといけません。

でも祝日を増やして労働時間は減少するのでしょうか。本当に日本の労働時間は長いのでしょうか。それならなぜ日本の労働生産性は低いのでしょうか。時間に比例して成果の上がる仕事と創造性を要求される仕事、ありていに言えば単純業務、マネジメント業務と創造業務では、労働時間の考え方は違うのです。こぶ爺の知見では欧米の上級管理者経営者の働く時間は日本とは比べ物に成らない程恐ろしく長時間に亘っておりました。カーネル・サンダース曰く“人間は働き過ぎでダメになるより、休みすぎて錆びつくほうがずっと多い”と語っております。この問題は「残業ゼロ」導入の検討とも併せて近いうちに今一度コメントさせて頂きましょう。
2014.5.25

 

 

Q:相変わらず高齢者を狙った振り込め詐欺が発生しております。なぜこのような詐欺が増加するのでしょうか。止めさせる方法はないのでしょうか。こぶ爺はどう思いますか。
(群馬 電設業 経営者 36歳 男性)

最近は振り込め詐欺と同類似詐欺を「特殊詐欺」と呼んでいるようです。昨年の被害総額は5,000億近くとのこと。年々巧妙な手口となり、振り込み型から手渡し型。最近では宅急便やレターパックを利用したものが急増しているようです。こぶ爺が気がめいるのはその被害者の7割が65歳以上の高齢者とのこと(女性が2/3 男性が1/3)男女とも60代~70代に被害が集中していることです。特殊詐欺の犯罪者は頭をよく使います。ターゲットを絞り(高齢者)テーマを考え(オレオレ詐欺、架空請求、還付金詐欺、融資保証金、金融商品詐欺・・・)セールストークに磨きをかけ、現金の受け渡し方法に工夫を凝らし、とにもかくにも悪知恵を使います。その知恵を正当な経済活動に生かせばどれだけ人生を豊かに安心して送ることが出来ると思うばかりです。ある経営者(商社、58歳、男性)の方が言っておりました。不謹慎かも知れませんが、オレオレ詐欺のグループリーダーを正社員として雇いたいくらいだと言っておりました。自社の社員に忸怩たる思いがあるのかも知れません。

さて、ともかく高齢者の被害を防ぐには、不審電話対策として留守電録音装置が効果的とのことです。しかしそれより有効なのは家族(特に子供)とのコミュニケーション方法を確認しておくことです。合言葉を決めておくとか、携帯電話番号を変え、出来る限り親と子(孫)と決めておく事です、これこそ家族のコミュニケーションの復活です。敗けるな 高齢者 !!

こぶ爺は絶対この手の被害には会いません。子供に出してあげられるお金はありませんから。

でもそれにしても皆さん良くお金を貯めているものですね。きっと勤勉に働いてこられ、コツコツお貯めになられて来たのでしょう。こぶ爺としてはうらやましい限り。
2014.5.26

 

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ