« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

現代の下克上

Q:経営権を親子が争う大塚家具騒動。今日27日株主総会が東京で開催されます。こぶ爺にお伺いしますがこのような親子間の争いは中小企業では多いのでしょうか。事前に解決するにはどのような方法があるのでしょうか。
(東京 
ITサービス業 役員 46歳 男性)


どうしてこうも上場企業が問題を起こすのでしょう。同族企業のお家騒動 中小企業にも結構あるのでは。大企業(上場企業レベル)より中小企業の方が同族企業が多いからです。こぶ爺が色々な同族企業を見ていますと上場レベルとなっても○○商店といっても良い企業が多いのです。さしずめ大塚家具は大塚商店といったところでしょう。こぶ爺は○○商店レベルの企業は好きです。○○商店の経営者には創業者が多くワンマン社長が多いのが特徴です。経営者として要求される決断力、企画力、統率力にすぐれています。どっかのサラリーマン社長とは大違いです。商売についての動物的カンがあります。まるで元巨人軍の長嶋選手のような方が多いのです。こぶ爺が30年に亘り経営コンサルタントを生業として来れたのも創業者ワンマン社長の薫陶によるものと思っております。字面を追っても生きた経営はわかりません。
大塚家具の大塚勝久氏もさぞワンマンな社長だったことでしょうね。ワンマン社長でなければヤッテいけません。そのワンマン社長である大塚勝久氏に反旗を掲げているのが長女の大塚久美子氏(独身なのですか)ということです。マスコミの中には家具屋の娘だから“かぐや姫”と呼ぶ人がいるようです。うまいことを言うねと感心しています。
“かぐや姫”というあちらの国の“ナッツ姫”が思い出されます。どちらも気が強く青筋立ててヒステリックのようです。パワハラの権化といっている興味本位の報道もあるようです。2人の姫はいくらかはあるにしても、自分の稼ぎで株主になったのではないでしょう。両親の築いた財産の一部を譲り受けたか、委託されただけと思います。まるで“虎の威を借る狐”です。久美子現社長は一流大学を出て一流金融機関に働いてコンサルティング会社にも在籍していたようです。コンサルタントなんていう仕事は20年も経験しなければ一人前にはなれません。ヒヨコにすぎません。とはいえ経営方針には想いつきが上手く行く場合もありますので、どちらが良いとは言えません。
現状はっきりしていることは大塚勝久氏が創業して46年間家具店経営者としての大先輩が経営者として今日の上場企業にした経験・知見によるビジネス・モデルを築き上げてきたのです。一方家具店の流通業界の今日的潮流としてニトリ、イケアの台頭、流通経済の二極化の一方ローコスト、大量販売、低所得者の多い日本の新しいビジネス・モデルがありどちらも正しいのです。さしずめファッションで言えばユニクロで買うか三越伊勢丹で買うかということです。
娘の久美子さんも大塚家具の子会社をつくってもらい、ニトリ、イケアのビジネス・モデルを追随したら良いだけです。このままでしたら実際そうなのかもしれませんが、海外の投資会社等に持ち上げられて、騙されて大塚家具を売ることになります。取り返しのつかぬことになる前に改心すべきです。喜んでいるのは投資機関だけです。
大塚勝久氏は“悪い子”を育ててしまったとテレビの会見で発言したようです。父親としてさぞ忸怩たる思いがあったのでしょう。ここまできたら、親子なんて言うものは前世では赤の他人と思って“泣いて馬謖を斬る”という故事にならうことです。
戦国時代美濃の国に元油売りの斉藤道三という城主がおりました。息子の斉藤義龍に裏切られ城を追われました。“下克上”です。
後には娘婿の織田信長により斉藤家は滅ぼされたということがありました。
ところで、本来なら大塚家具の跡継ぎになる長男(現専務とのことですが)はどうしているのでしょうか。
大塚勝久氏は大塚家のためにも長女を勘当すべきでしょう。今の民法に勘当という制度はなくなりましたが(復活しなければならない制度と思いますが)、少なくとも相続人からは排除すべき事項です。
27日は株主総会でどのような結果が出るかわかりませんが、この騒動このままでは収まらないでしょう。長女の久美子さんが折れるしかありません。
まずは大塚勝久氏がこの騒動の後始末を一年以内にすることです。世の中に経営者の資質を持った方は多数います。
大塚勝久氏の理念を受け継ぐ経営者もいるはずです。経営学は、“経営と所有の分離”と言う教えもあります。
こぶ爺は大塚家具さんがくれぐれも海外投資ファンドの餌食にならないことを願ってやみません。
3.24

乞うご期待!

Q:大相撲春場所(大阪場所)が昨日千秋楽を迎えました。
予想通り白鵬の34度目Vでした。照ノ富士関が13勝と大活躍の場所でしたモンゴル人だけが目立ったようです。こぶ爺の今場所の感想はどうですか?

(青森 建設会社 経営者 52才 男性)


先場所後の審判部批判問題をひきずるような形で始まった今場所も横綱白鵬の圧倒的な強さで自身の持つ最多記録を更新する34度目の優勝、そして2度目の6連覇心より祝福申し上げます。
つい先日白鵬が双葉山を尊敬しているとのことで双葉山の名言、一般には“われ未だ木鶏たりえず”が有名ですがあえて“勝負師は寡黙たれ”という名言を大横綱に苦言的にこぶ爺のひとり言に書かせて頂きました。そのせいかどうかわかりませんが、今場所の横綱はマスコミのつまらぬ誘いに乗らず終始無言で通したようです。
それにしても千秋楽(昨日)の横綱日馬富士戦は久々に手に汗握る横綱戦でした。ファンもこれぞ大相撲と大満足したことでしょう。特に今場所の照ノ富士の活躍には目を見張るものがありました。逸ノ城も良く頑張ったと思います。
日本相撲協会も次代のヒーローの出現に胸をなでおろしていることでしょう。遠藤、千代鳳といった期待される若手力士が車椅子で退場なのが気にかかります。1日も早い復帰をファンは待ち望んでおります。
さて質問者がモンゴル人だけが…といった思いがあるようですが…日本人としては少しばかり寂しい気がしますが…でもそれはもうやめましょう。相撲は強い力士が勝つのです。強さに日本人もモンゴル人もブルガリア人もグルジア人も中国人もエジプト人もロシア人も(以上幕内力士)ありません。
今日、日本では女性が輝く日にといっている時代ですが、女性なら誰でも良いのでなく、男性ならダメというのではありません。役割を捉える人なら女性でも男性でも良いのではないでしょうか。そのような意味で言えば日本人だモンゴル人だとか○○人だからというのは愚の骨頂というものです。2020年は東京オリンピックですが、その次のオリンピックは2070年頃でしょう。きっと大相撲がオリンピック種目として採用されていることと思っております。いやもっと早いかもしれません。日本には判官ひいきという語あります。
日本人が日本人力士をひいきするのは大変良くわかります。今場所の不成績にめげず大いに声援を送り続けましょう。乞うご期待
3.23

“第2の姉歯事件”発生

Q:東証1部上場東洋ゴム工業が国の法定基準を満たしていない免震装置のゴム装置を製造したことが明るみに出ました。社員が試験データ―を改ざんしていたらしいとのことです。このような問題、過去にあったように思いますが。こぶ爺はどこに課題があり解決の道筋はありますか。
(東京 製造メーカー 品質管理部長 56歳 男性)



技術立国日本の上場企業として大変不名誉な事件が起きてしまいました。

世界の地震の約20%が日本で発生しているこの国においてその減災の基といえる免震装置のゴム装置のデータ改ざんとはただ呆れ返るばかりです。今から10年程前、2004年~2005年にかけて世の中を震撼させた建築耐震偽装、姉歯事件がこぶ爺の頭をよぎりました。この度の件“第2の姉歯事件”と言って良いでしょう。国交省は問題の製品が使われた18都道府県計55棟の安全性を早急に調査するようですが、何か対応が遅い、天下の大企業、休日返上で全国55棟を早急に調査すべきです。県庁、消防本部、病院等いざ地震が発生したおりには避難施設として活用される建物です。
東洋ゴム工業の謝罪会見をテレビで見ました。どうも事件の重みが伝わってきません。この件、会社が社員のデータ改ざんの不正を把握してからの対応が遅すぎます。事件を公表するまでに約1年の年月がかかっています。大企業病と言わざるを得ません。これが一番罪が重いといえます。だれが何をしたのか。だれが何をしなかったのか。こぶ爺のオフィスなら全社員に訊きます。

東洋ゴム工業の経営理念は


独自の技術を核として新たな価値を創造し

   人と社会に求められる企業であり続ける

とホームページに掲載されています。この企業の経営者、技術者、社員はこの経営理念をどのような思いで胸に刻み込んでいるのか。

また社是は、

昨日より今日はより良く安く

   需要者のために各自の職場で最善を

とのようです。ここで言う需要者とは誰のことなのでしょうか。
今一度経営者はじめ全従業員今一度、経営理念と社是を読み合せていただきたい。
品質管理について言えば、東洋ゴム工業では1995年(20年前)以降、仙台工場、桑名工場を始め子会社、事業所、生産拠点等においてISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得しているようです。一体審査機関は何を審査していたのでしょう。社内では内部監査をしていたのでしょうか。品質管理部門は何をしていたのでしょうか。ISO審査機関の対応が見ものです。取るだけISOならそれはそれで良いのですがそれなら品質管理部門はやることはあったはずです。この件社内では水平展開をして他の部門、工場などにおいて設計、開発の検証、製品の監視及び不適合製品はどうか、すぐ監査を実施すべきです。場合によってはISO9001の認証は返上ということも考えなければなりません。もしそうなら早い方が良いでしょう。3月21日になってこのデータ改ざんをしていた50歳代の課長代理が異動した2013年1月以降も課長代理時代と同じ手法で゛“性能偽装”が続いていたことが分ったようです。これはもう会社ぐるみと言われても、会社の体質と言われても、言い訳のしようがありません。
果たしてこの東洋ゴム工業という会社は官庁、建設会社、設計事務所はじめ建物を利用する住民に対しどのように謝罪するのでしょう。遅れれば遅れるほど売上高の高い部門に大きな影響を与えることになります。

解決の道筋はただ一つ、全従業者が真摯に現状を受け止め原因を深く追求することです。1ヶ月あれば十分です。当然現経営陣は総退陣!管理職は全員異動となります。本件は刑事事件なのです。上場企業として恥を知るべきです。

“第2の姉歯事件”発生です。
3.22

 

地下鉄サリン事件に思う

Q:オウム真理教による無差別テロ(地下鉄サリン事件)から今日3月20日で20年になります。
こぶ爺はこの世紀の大事件についてどのような印象、お考えでしょうか。
(千葉 地方公務員、46歳、女性)


こぶ爺はその日東京都内某社の役員会に出席しておりました。会議が始まってしばらくして第一報が届きました。その時はあのような13人死亡負傷者約6000人という大事件になるとはユメユメ思いませんでした。携帯電話もありませんでしたので事務局の報告だけでした。帰りは地下鉄でなく、
JRを利用したことを憶えております。早いもので20年、こぶ爺が常々言っていることは、これは宗教に名を借りた犯罪者集団です。反日本社会集団です。彼らは若者(モヤモヤしている、有能なのに思うような仕事が見つからない、親やこの国に苛立っている連中)をたぶらかすことに慣れているのです。この点反国際社会集団であるイスラム国と言われる山賊集団と良く似ています。これらの集団の恐ろしいことは一種の催眠状態にかかっているためなのか、人の命を虫けらのように扱っていること、懺悔の気もないことにある。その上無差別であり化学テロなのであることに多くの国民は脅威を感じているのです。しかしながら素晴らしき法治国家はいまだにオウムから名を変えた「アレフ」なる集団、オウムから枝分かれした。「光の輪」なる集団を野放し状態にしているのはどうゆうことなのか。又上祐なる人間を拘束できないのはなぜなのかと疑問に思っているところです。
経営コンサルタントのこぶ爺としてこのオウム事件は1995年に起きたということに深い意味があると思っております。1995年という年は日本のターニングポイント、つまり大不況元年といったところです。この足音は1987年頃から静かに始まったデフレ経済が現実のものとなったのです。1995年1月17日阪神淡路大震災、3月20日地下鉄サリン事件、4月には円が戦後最高値79円台をつけ、7月は住専政治問題(巨額損失)の政治家の下手な対応により金融危機、経営危機に発展と日本が奈落の底に落ち込むというキッカケの年になったのです。そのキッカケにより1995年以降日本の国にもリスクに対応するという考え方が芽ばえたのです。
3.21

バカは死ななきゃ直らない

Q:日本の政府の反対を押し切ってクリミア半島を訪問中の鳩山元首相がクリミアのロシア編入の昨年3月の住民投票は合法との見解を示したことで日本国内で物議を醸しています。前々からバカな総理と思っていましたが、ここまでのバカを誰が総理大臣にしたのでしょうか。こぶ爺はどう思っておりますか。
(東京 建設業 工事責任者 60歳 男性)


かりそめにも日本の元首相をバカバカというのもはばかれますが、おっしゃられる気持ちはすべての国民が皆同じおもいではないでしょうか。
この元首相には前科がありますから在職中は沖縄においてのトラスト・ミー(私を信じて)と言って沖縄県民のヒンシュクを買い辞職してからも中国に訪問して尖閣諸島を「係争地である」と政府の立場に反する認識を示し、3年前にもやはり問題含みのイラン訪問でも物議を醸した度重なる軽率な行動は国益を損なうばかりである。首相まで経験した人がこのような行動をとる裏にはそれ相当の覚悟があるのではと思えます元首相の任期は無制限、剥奪しようにも出来ないとなれば法整備をすべきです。国会議員が誰もそれを言わないことが不思議でなりません。
この宇宙人を首相にしたのは民主党です。というより小沢一郎氏でしょうか。首相時代には母親から毎月1500万円もおこずかいを貰っていた有名人です。弟さんも自民党の議員をしており、かつてこれまた、友達の友達はアルカイダなどと放言?してヒンシュクを買った人です。でもご兄弟とも東京大学出身です。きっと頭狂大学なのでしょう。民主党の元首相では菅直人氏も小粒ですが国益を損なう可能性はあります。アブナイ、アブナイ。
もっとアブナイ元首相は自民党の小泉純一郎氏でしょう。なんといっても田中真紀子氏が評して変人ですから。変な元首相が他国から利用され己の立場も理解できない有様では前述したように法整備をしなければなりません。日本国民としては大変恥ずかしい限りです。
取り合えず鳩山元首相は鳩山家の財産は没収の上国外永久追放にするか、日本国から海外への禁足措置。国益を損なう発言に対しは禁固刑にすべきでしょう。その点韓国はこのようなことを見越しているのでしょうか。前大統領をすぐ逮捕します。日本も見習いましょう。でもバカは死ななきゃ直らないとはよく言ったものです。
3.21

納税は国民の義務、政務活動費は政治家の?

Q:夫は祖父の代からの小さな商店を経営しています。確定申告のなりますと領収書の整理を行います。仕入代、経費など3000枚はゆうにあります。毎月整理をしているつもりですが大変疲れる仕事です。議員の政務活動費も領収書を整理してほしいと思いますが如何でしょうか。

(埼玉 個人商店経営者の妻 58歳 女性)


こぶ爺も税務申告を16日にしてきました。毎年のことなのにどうゆう訳かいつもギリギリセーフといったところです。最終日となると税務署は確定申告の人で溢れるばかりです。それにしても納税は国民の義務といえ日本人というのは律儀なことです。ところでこの時期、税務署は土曜、日曜は休日なしではないようです。民間企業がお客様から集金するとなるとお客様の都合にもよりますが土曜日でも日曜日でも返上して仕事をすると思うのですが…
何故税務署は仕事をしないのでしょうといつも不思議に思っています。聞くところによりますと、都会の一部の税務署では土曜日も受け付けているところもあるようですが、やはり埼玉は田舎なんでしょうか。それとも税務署が不熱心なのでしょうか。さて質問者の本題に入りましょう。
他国では国民が自主的に税務申告に行くというルールはあるのでしょうか。こぶ爺は不勉強につき分りません。どなたかわかる方がおられたらぜひ教えて下さい。
真面目に納税義務を果たしている方から見れば無申告の人(年収200万未満の人には同情の余地はあるように思いますが…
アルバイトを含め働いている人の中には源泉徴収税として納めている人もいます。)には腹が立つでしょうね。それより1000万以上の高収入があるのにルールを守らず脱税する人には天罰でも与えてもらいたいものです。逃げ得を許してはいけません。
昨年有名になった西宮の県議のように政務活動費成るものは大金(県民の支払った税金)が前払いで支給され、使った後で領収書を提出するものらしいです。企業の仮払金のようなものです。納税者からしてみればまず領収書を審査してから政務活動費として適切として判断されれば支払うべきものでしょう。我々納税者は少ない額の領収書を大切に保管し、面倒な手続きをするのです。
議員に出来ないことはないです。確定申告締切月にあたり、国会議員、地方議員の政務活動費などのルールを本気で見直すことです。各議員に渡しきり(領収書なし)という方法でも良いと思います。ただしそのことにより今まで以上に議員として住民に子供達に恥じない活動をして頂ければ良いだけです。
3.19

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ