« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

あなたの個人資産、所得、病歴などが丸裸にされます!

Q:来年1月から“マイナンバー制度”が導入されます。“安保法案”の陰に隠れて多くの国民から見れば知らず知らずの内導入となるようですが、この制度国民にとって何がメリットで何がデメリットなのでしょうか。企業にとって注意すべきことはありますか。
(静岡 自動車部品メーカー 人事労務マネジャー58才男性)

10月から国民一人ひとりつけられる背番号=マイナンバーの通知が始まります。一体マイナンバーとは何なのか、国民や企業にとってどのようなメリットがあるのか良くわからぬうちにスタートすることになりました。野党が日本の平和を願う法案を勝手に“戦争法案”とデマゴギー化してバカ騒ぎしている間に着々と悪法らしきものをスタートさせる羽目になっています。野党の先生方はもっと国民のためにまじめに働いて頂きたいものです。 5月末に発覚した100万件を超える日本年金機構の個人情報流失事件。またかと思った国民は多かったはずです。この事件がなければマイナンバーを知らずに政府の言われるままに突入といったところでした。この制度は50年程前、佐藤内閣時代にたしか国民総背番号制度とかグリーンカードとかいわれ、その後廃案になりました。2012年に民主党政権時代に閣議決定されたものです。簡単に言えば政府は国の税収を増やすための永年の願いと言って良いでしょう。結果全国民の個人所得・資産が丸裸にされるということです。まずは隗より始めよです。まずは政治家先生から始めるべきです。その内勝手に口座を調べられる可能性も出てきました。今後は本丸である病院にある貴男のカルテやレセプト(診療報酬)までマイナンバーで収集されるようになるでしょう。一方情報セキュリティのぜい弱性が言われているこの国において、果たして国民の財産を守れるかの不安はついてまわります。貴方や社員の皆さんはご自分の財布の中を政府に覗かれたり、自分の病気の内味を知られたりすることを望みますか?  全国の市町村において、情報セキュリティ対策が施されている市町村は30%以下です。いくらセキュリティポリシーを策定しても守られないようではとこぶ爺は心配しております。政府は罰則規定を強化していると言っておりますが、漏洩してしまえば情報というものは増幅するだけです。相変わらずの能天気なコメントです。国民にとって罰則なんて日本年金機構のように漏洩されてしまえばやられ損といったところで何の役にも立ちません。 次、メリットですが残念ながら国民のメリットはゼロに等しいだけです。制度開始時に国民が便利さを実感できることはないし、マイナンバーを積極的に使いたくなる機能はないと思った方が良いでしょう。この制度の導入で企業が最も悩むのは従業員の番号の収集と管理でしょう。マイナンバー担当を決め、番号を決め番号を記した文書化された情報は厳重に管理しなければなりません。貴方のところは即レクチャーを受け、準備万端といったところだと推察されます。しかしこの機会に貴社のCSR(企業の社会的責任)を果たすために個人情報保護法及び情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の勉強を全社的に横断的に実施されたらいかがでしょうか。ご承知の通り企業には善良なる管理者の注意義務というものがあります。自社を守るためにも、社員の皆さんの大切な個人情報を守るためにも頑張って下さい。マイナンバーで儲かるのはITセキュリティ業界だけです。
(8.30)

離職率0%は仕事の面白さから

Q:弊社は社員70名ばかりの地域の中小建設業です。今年は住宅部門で営業職1名、工業部門で技術職3名の新入社員を採用しました。ところが7月に入り賞与支給後、技術職2名が突然退職することになりました。会社としてはこれから戦力になってもらおうと思っていたところ大変ガッカリしているところです。こぶ爺はこのような時どのような対策を取ったら良いか、何か良いヒントがあれば教えて頂きたい。今年入社した社員はすべて地元の大学を卒業した男性です。 (愛知 地域建設会社 役員 57才 男性)

中小規模の企業にとって夏の賞与後というのは辞める人がいるようです。あるマスコミのデーターによると、最近の大卒者の3年以内の離職率は31%にもなるそうです。社員が退職するにはいろいろな理由があります。
会社側から見れば根性がない、適応能力がない、ヤル気がないと言いたいでしょう。離職者(若手社員)から言わせるとが面接時と仕事の内容が違う、ギャップを感じた、人間関係がとれない、拘束時間が長い、やりたいと思った仕事ができない、上司が教えられない、フォローしてくれる人がいないなど千差万別の離職理由があります。
どちらにしろ双方に言い分はあるのです。来年も再来年も新人社員は入社してきます。まずは、ここ5年以内に御社を辞めた社員の離職理由を分析して下さい。それをしないでいると、毎年同じような結果を迎えてしまいます。
それでは会社は大きな損失を負ってします。御社では1人を入社させるために一体いくらの経費が掛かっているのでしょうか。せっかく入社した社員が在職中にかかる経費はいくらぐらいでしょうか。
新入社員を迎い入れた先輩社員、上司の精神的ロスはお金に換えられないものがあるのではないでしょうか。
各部門で反省会を開いて頂きたい。会社側として何が欠けていたのか、何をすべきだったのかを考えてみましょう。それによって御社の新人を定着させる体制づくりが見えてきます。今一度社長以下全員で考えることです。会社は社員の人生を預かるところなのですから。
その結果、仕事の面白さは誰がどのように教えるのかがご理解頂けるものと思います。離職率0%を目指しましょう。
(8.27)

自民も同罪!

Q:こぶ爺は自民党の武藤貴也衆議院議員ご存じですか。先日の週刊誌によりますと未公開株で4100万の詐欺の疑いがかかっているようです。野党は議員辞職を強く要求しているようですが、今後どうなるのでしょうか。
(滋賀 地方公務員 29才 女性)

武藤議員というのは、先日安保関連法案反対のデモを行う学生集団をツイッターで批判した、自民党の思慮に欠けるというか、極端な利己的考えに基づく利己的個人主義(これはご本人がツイッターに書いた通りです)のバカ議員のことでしょう。今度は詐欺容疑ですか。懲りない議員さんですね。自民党は早々に離党させたようです。公明党は武藤議員の説明を求めています。その通りです。武藤議員は早いうちに説明責任を果たさなければ議員辞職するしか道はありません。こぶ爺から見ればそもそもこの手の議員の発言を、悪いけれど信用することはできませんね。この人、嘉田由紀子前滋賀県知事の支援スタッフだった人ですが、自民党の候補に挙がると急に保守的な考えに変節、節操がない人というのはこういう人のことを言うのでしょう。だから知ったかぶって、彼ら・彼女の主張は「だって戦争に行きたくないじゃん」という自分中心・・・・というような自民党議員の風上にも置けないようなトンチンカンなツイッターを発信しているのです。その上今度は値上がり確実な未公開株、それも国会議員枠といえばリクルート事件のコピー版といったことろです。

時間の問題かも知れませんが、自民党離党だけではすみません。詐欺の疑いがあれば議員辞職するしかないでしょう。武藤氏が議員にしがみつきたいのは、維新の党の上西議員と同じで年間数千万という議員報酬だけでしょう。

若い議員は政治信条より報酬目当てなのでしょうか。まったく情けない。それでは議員に投票した選挙民は浮かばれません。

国会議員は立法が仕事です。新しい法律を作ることです。離党された議員の報酬はゼロにするか最小にするかの法律をすぐにでも作ることです。こんな人間に公認を出した自民党も同罪です。
(8.26)

北朝鮮人民を解放せよ!

Q:韓国と北朝鮮の雲行きが怪しくなってきたようです。此度は韓国の朴槿恵大統領も“北朝鮮のいかなる追加挑発にも断固として対応せよ”と指示したようです。このまま戦争へ突入なんてことないですよね。もしあったとしたら、企業としてどのような対応をしたら良いでしょうか。
 (新潟 自動車部品メーカー 労務管理リーダー 男性 44歳)

 

どこの国の首相も大統領も国の代表者というものは哀しいかな自国のことより、自分の立ち位置のことを第一に考える思考回路を持っているようです。此度は韓国と北朝鮮またかと思っている人が多いかもしれませんが、貴方がおっしゃる通り珍しく朴大統領の強腰の対応によりいつもと同じといえないようです。時同じくして米韓共同演習もあり朴大統領は“弱腰外交”はできないのでしょう。同じく北朝鮮もしかりといったところ。イスラムの山賊と違い、北朝鮮はまがりなりにも国家だからといって遠慮する時期は過ぎたのです。誘拐国家、脅し国家、(恐喝国家と別名が付くならず者国家をこれ以上野放しにしてはなりません。日本と違って韓国は同じ朝鮮民族、しかも同じ韓国居住者が数多く誘拐されているのです。北朝鮮では多くの国民が金一族の脅し、悪政による強制労働、飢えに苦しんでおります。韓国には同胞の農民、労働者、誘拐者、政治犯などを開放する義務があります。米軍も協力するでしょうし、日本も支援します。

軍事に詳しい人に言わせれば、3日もあれば十分と言っているそうです。南北合併後の「大韓民国」は現在の北朝鮮人民に民主主義と平和をもたらすものです。

朴大統領は韓国史にその名を刻む英雄となります。

金一族には国際裁判を受けさせることです。でもこぶ爺はいつも思うのですが、日本、米国、韓国には、諜報機関があるはずなのですが。

日本にはなぜ007はいないのでしょうか。
8.24

地域の集団的自衛権で子供を守れ!

お盆の入りの8月13日の深夜、大阪高槻市の駐車場で少女(後に中学1年平田奈津美さんと判明)の惨殺死体が見つかりました。そして昨日、21日犯人が逮捕され、平田さんと同級生の星野凌人君の遺体も発見され、世間の注目を浴びています。こぶ爺はこのように残忍な事件の背景にある課題はどこにあるとお思いですか。(大阪 専業主婦 39歳)

 

顔も名前も知らない奈津美さんと凌人君を殺害した犯人は逮捕されましたが、こぶ爺はただただむなしい思いです。真夜中に中1の男女が歩いていて誰も何も言わないこの世の中、何かおかしいのでは。ニュースキャスターはひとそれぞれ家庭の事情が違うのでとわかったふうなことを言っていましたが、こぶ爺には理解できないことです。幼い子供の命を守ることはまず親の務め(仕事)です。中国では毎年20万人の子供が誘拐されているそうです。こぶ爺の小さいころには電気が付いたら家に帰ることと躾けられていました。家に帰る時間までに帰らなければ、夕ご飯を食べさせてもらえませんでした。子供が外から戻る時間には母親か祖父母が家にいるということが決まりのようでした。家に帰っても電気がついていない家、母親がいない家には、子供は帰りたくないでしょう。(その昔鍵っ子という言葉がありました)被害に遭った平田さん星野さんのご家庭のことはわかりませんが、現在政府では少子化対策といいながら各家庭での子供の躾には無頓着、女性の時代と号令一徒、女性は世に出て働けとせかしているあり様です。そんなことするより男性の有職率をあげること、固定給与を上げることの方がよほど重要です。

これでは子供は一体どこに帰ればよいのでしょうか。それでなくても中学生、高校生は何かにつけ友達と遊ぶ、勉強するなど口実をつけ、親を騙して夜な夜な徘徊することを好む子が多くなります。

その対策として、まずは自助です。家庭で両親が、祖父母が大切な子供を良く見守ることです。次に共助です。地域(コミュニティ)で見守ることです。地域の大人が子供に声をかけることです。しかし知らない人が声をかけると良からぬ人ということにもなりかねないことがつらいところです。学校や家庭では知らない人と口をきいてはいけないと教えざるを得ないからです。各地域に水谷先生のような夜回り先生がいてくれたらと思います。最近はNPO法人が子供たちに声掛けをしてくれているようです。今は高齢化社会、多くの年配者が力を持て余しております。このような時こそ元気な高齢者の協力があると良いのでは。そして公助です。警察、交番、消防団、役所などの力も必要です。地域の集団的自衛権の発揮というのはこのようなことを言うのでしょう。8月22日の夕刊を見ますと、街頭補導強化を警察庁が指示したとのことです。事件が発生してからでなく、少なくとも夏休みに入ったら、すぐにでも強化すべきでした。

それとこの件で犯人逮捕に活躍したのは防犯カメラでした。数年前個人情報保護法が施行されたころは街頭カメラはプライバシーの侵害と反対する人が多かったようですが、このようなことがありますと猛反対する人はいないでしょう。むしろ都市部も含めて農村部にももっと必要という声もあります。ありとあらゆるところにこんなに防犯カメラがあるとは知りませんでした。商店街、自治会、コンビニエンスストア―、公共施設等の方々のお力によるものでしょう。犯罪の抑制にも相当な効果を発揮されています。感謝。

自助、共助、公助で子供の命を守ることは大人の仕事です。(8.23

日本人はマナー上手か

Q:夏休み真っ只中、私は長野駅近くの土産物店で店員をしています。今年は北陸新幹線開通ということでしょうか、昨年より観光客が増えたようです。ここ数年、観光客の皆さんはリュクサックを背負って来店する人が多くなりました。しかしリュックを背負った人が急に体の向きを変えるなどして陳列品にあたり、床に落ちてしまい、中には売り物にならない場合があり、周りのお客様にもご迷惑をかけたりして困っています。
こぶ爺は仕事柄全国各地を駆け巡っておられるとのこと、観光客などのマナーについてお感じのことはありますか。
(長野 物産店販売員 女性 46歳)

リュックサックは背負うと両手が空くので大変便利なものです。こぶ爺は今から20年程前足を骨折したときギブスをしながら仕事先に出掛ける時に初めてリュックを背負いました。かつては健常者である若い社員がリュックサックを背負っていますとあまり印象が良くありませんでした。その後年配者の中にもリュックを利用する人が増えてきました。こぶ爺が見たところ若い人より中高年のオジサン、オバサンのマナー違反が多いようです。もう一言言えばサラリーマンが見栄えの良い紳士がスーツにリュックでは絵にならないのです。取引先の評価もあまり良くありません。ところでご質問は旅行者、観光客とのことですから多少やむ得ないところです。しかしそのリュックが店に損害を与えるとなると他の客も含め甚だ迷惑ですね。陳列棚を変えるとか店内ではリュックサックは背負わず赤ちゃんをだっこするようにと啓蒙しなければなりません。リュックを背負った人自身背中に目はありませんから。人に迷惑をかけていることに気づいていないのです。マナーとは周囲の人に迷惑をかけないということです。マナーといえばキャリーバックもここ20年来どなたも使用するようになりました。それまではCA位しか使用していなかったのでは。空港内を颯爽とキャリーバックを引いて歩くCAの姿は憧れのように感じた御仁も多かったはずです。キャリーバックは2車の時は引きづっていましたがそうすると歩いている人の足を引っ掛けることも多くなります。場合によっては歩行者にケガを負わせることにもなりかねません。そこで4車のキャリーバックが登場しました。今まではこれが当たり前のようになりました。そうするとキャリーバックは自分の体の横に位置して体と一緒に進められます。周りの歩行者に迷惑をかけないで済むのですが、まだキャリーバックをひきずっている人がいますこれも中高年の人に多いようですこぶ爺もその一人です。大変恥ずかしい限りです。駅のエスカレーターでの歩行者の昇降にも問題があります。エスカレーターは移動には便利ですが一歩間違えれば大事故につながってしまいます。日本エレベータ協会によるとエスカレーターは歩かないことを前提に設計されており“立ち止まって手すりにつかまること”が正しい乗り方なのです。よって片側を開ける必要はないのです。
大手鉄道会社などでは“片側を開けない”“歩かない”と呼びかけるキャンペーンをしているとのことですが、こぶ爺が見たところ利用者には伝わっていないようです。利用者が相互に注意し合えば良いのですが……やはり設置者がもっとキャンペーンを力強くあきらめずに続けてもらえればと思っております。大阪では左空け、東京では右空けが定着しているようですが、その必要はないということです。急ぐ人は階段を利用して下さいということです。
ところがこぶ爺が見たところ、若い人にエレベーターを利用する人が多く中高年の人は健康のためか階段を使っている人が良く目につきます。変わった国です。外国人が日本にきてまず驚くことは日本人のマナーの良さだそうです。こぶ爺から見れば残念ながら本当に?と思うことがあります。質問者のリュックサックのマナーは電車の中でも良く見られることです。しかしリュックサックを背負った人が周りの人に気を使っている姿はあまり見ないことです。キャリーバックもそうです。体の横に位置して引張っている人がどれだけいますか。
エレベーターもそうですが片側を開けるから駆けあがる人がいるのかも知れません。これで本当に日本人はマナーが良いと言えるか、いささか恥ずかしい思いをしております。でも外国に行くと日本以上に酷いのかも知れませんが。日本でのパラリンピック・オリンピック開催まであと5年、日本人は日本人としての誇りを失うことなくマナー上手な国民として大人も子供も堂々と行動しましょう。そして、日本人のマナーを世界に輸出しましょう。
(8.18)

謝罪のコミュニケーションなくして業績回復なし

Q:私の大好きなマックの業績が上場以来最悪の状況のようです。カサノバ社長は一連の不祥事で売上高は30%も減ったとのこと、しかし顧客満足度、ブランドへの信頼に改善の傾向がみられると強調して言っているようですが、200億円以上の赤字、果たしてどのようにしたら回復できるのでしょうか。こぶ爺はどう見ておりますか、同じ女性経営者として頑張って欲しいと願っているのです 

(千葉 飲食店経営 女性 41歳) 

 

ちょうど一年前の7月でしたか取引先の中国企業で発生した保存期限切れ鶏肉の使用に加わえ異物の混入問題が相次ぎ、来店客が激減しました。216億円を超える赤字は大きいですね。考えようによってはもうこれ以上落ちることはないとも言えます。カサノバ社長はメニューの刷新などで客足は戻り始めていると言っているようですが、こぶ爺から見ればこの経営者には当事者意識と問題解決能力に欠けているように思えてなりません。 

貴女は同じ女性経営者としてと言われていますがこぶ爺にとって経営者に男性も女性もありません。経営者に必要なことは問題解決能力があるかどうかなのです。日本マクドナルドホールディングスでは例の謝罪会見の検証はされたのでしょうか。今日の凋落はあの謝罪会見から始まっているのです。問題解決は真因(こぶ爺のオフィスでは根因といいます)の究明がなければなりません。マクドナルドには気の利いた役員がいなかったことが今日まで業績回復が遅れているのです。ここが分らなければ業績回復はもっともっと遅れます。頭でっかちな役員はメニューの刷新、店舗のスクラップ アンド ビルド ブランドの信頼などと分かったようなことをまことしやかに言うだけです。ここは原点に戻り、謝罪会見のやり直しから始めるのが得策ではと思います。 

“日本の文化”を考えることです。マクドナルドはじめ不祥事を起こした企業に共通していることは消費者に対して謝罪(apology)のコミュニケーションが満足にとれていなかたことです。こぶ爺のオフィスでは謝罪のコミュニケ―ション正しい方法は第1すぐに謝ることです。第2決して言い訳をしない事です。第3に誠意を徹底的につくすことです。そして消費者が納得するまで繰り返し忍耐強く謝罪することですと指導させて頂いております。ところでカサノバ社長は本当に謝罪したのでしょうか。社長自ら罪の深さを感じなければマクドナルドの業績回復は遠いものとなるでしょう
8.17 

戦争反対!!

Q:こぶ爺のことですから86日の各新聞の朝刊に掲載された櫻井よし子さんの“安保法制が戦争法案ですって?”という意見広告はご覧になられたことと思います。安全保障関連法案が国会論争が続いていますがこぶ爺の見解をお伺いしたい。    
(茨城 建設機械メーカー 経営企画室 52才 男性) 

 

 こぶ爺は久しぶりに櫻井よしこお姿を新聞紙上でしたが拝見しました。相変わらず知性と教養に満ちた方です。才色兼備という表現はあのような女性のためにあるのでしょう。止れ! 

大変素晴らしい時機を得た日本人のための意見広告でした。おそらく拝見、拝読した方も多かったことと思います。 

公益財団法人国家基本問題研究の会員も増えたことでしょう。こぶ爺としては日本の国というより子孫の平和を願うために必要な活動だと思います。こぶ爺のオフィスは会員は募集しておりませんがこの“美しい国日本”のためにも“子孫のためにも戦争は反対”を表明しております。戦後70年なぜ日本は平和だったのか、国民の皆さんは今一度冷静になって考えるべきです。賢明な国民は今日の平和は憲法9のみならず日米安保条約が機能したことによって得られたものであることを承知しております。米国はじめ東アジア諸国は有事の際に日本の支援を求めています。今騒がれている(騒いでいるのはマスコミと一部野党、市民団体を名乗る輩のみ)安全保障関連法案ですが、もし仮に我が国が成立を拒否すれば米国はじめ同盟諸国は、日本を守る大義を見失うことになるのでしょう。その時日本は侵略してくる敵国からどのようにして国民の生命財産を守るのか考える時が来ているのです。いつまでも平和ボケを決め込む時間はもうないのです。 

憲法が作られた時、集団的自衛権をまさか行使するような事態なんて日本人の誰が予想したでしょうか。憲法解釈も安定している方が望ましいに決まっています。(バカな内閣補佐官は日本人でないのでしょう)しかし日本国民がそのように思っていても国際情勢は一刻一刻変化しているのです。貴方は経営企画室の方でしたらお分かりでしょう。 

貴社の経営方針、経営戦略は設立以来一度も改訂されていませんか。外部環境、内部環境からの課題があれば経営陣の意思決定として改訂されるのが、経営そのものではないでしょうか。 

国の経営も同じなのです。そこで明確にしなければならないのは経営の目的は何か、経営理念に照らして恥ずべきことはないのかを検証することなのです。 

ところが野党は安保法案の印象ばかりを批判しているようです。 

政府も既存の法律10本の改正案を平和安全法整備法案として束ねたことも国民にわかりにくくしています。その上不勉強な質問者、回答者ばかりでこぶ爺は国会中継を見ていてただただ呆れ返っています。先日新聞紙上で京都大学の大石教授が野党の“戦争法案”というネーミングはデマゴギー(民衆煽動)で国民の代表である国会議員が使うべき言葉ではないと苦言を呈しておりました。これでは櫻井よしこ氏が言っているように国会における党利党略は悪辣な国を喜ばせるだけです。 

一日も早く戦争をしないための法案を実現して日本の未来を築きましょう。
8.16

戦後70年談話発表

Q:昨日14日政府は戦後70年安倍首相談話を閣議決定しました。今年に入り各国が注目して、日本のマスコミもああでもないこうでもないと論評され続けてきた、70年談話です。こぶ爺は発表された安倍首相の70年談話の内容についてどのようにお思いでしょうか。
(神奈川 私立高校教師 54才 男性)  

戦後70年談話が閣議決定、安倍首相は “歴代内閣の立場は今後も揺るぎ ない”と力強く表明されたことはこぶ爺は日本国民の一人として歴代の首相談話と比較して、予想以上に期待できる談話でした。 この種の談話は“侵略”とか“反省”とか文章を書くのですから言語にこだわることも必要でしょうが余りにも何か言葉にこだわり過ぎているような気がしますし、今少しマスコミも評論家もつまらない評論ばかりで何かおかしいのではと思っております。もともと談話とは責任ある人が形式ばらずにその考え、思うところを発表することだと思いますが、此度の安倍首相談話大変ご苦労したものとお察しする次第です。なぜなら全方位的に満足させなければの思いがあったようで、概ね常識的な内容に落ち着いたことにこれ以上の談話はないだろうと思うとこぶ爺は至って感服しているところです。特に次の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならぬという文言はドイツの歴代大統領や首相も繰り返し言ってきたことで安倍首相がそこに言及されたたことに歴代首相談話に欠落しているともありこぶ爺はいたって感銘を受けました。ところが日本のつまらない野党である民主党は首相がどう考えているのかは伝わってこないと指摘し、週明けにも説明要求をするとのこと、民主党は目が悪いだけでなく日本語も知らないのか、それとも政権のことしか頭の中にないのか、これでは若い人の支持は得られないでしょう。自民党も公明党も民主党も同じ日本人ではないのでしょうか。社民党は北朝鮮みたいなようなものでしょうから、相手にする気もありません。共産党もいい加減何でも反対の論評を控えた方が良いのに、中国共産党、ロシア共産党の手先かと今も思われていますよ。何故共産党が日本国民から支持されないのか党を上げて謙虚に反省することです。先の総選挙で一定の評価を得たのですから、これを機に健全な日本の野党になってもらいたいと国民の多くは期待しております。こぶ爺はかねがね民主党より野党らしい野党だと思っています。これでもこぶ爺は赤旗の読者でしたので国民の多くはガッカリさせないで頂きたい。今朝の新聞をよく読んでいましたら、村山元首相が大分市内での記者会見で安倍首相談話を焦点がボケて何を言いたいのか分らないと批判したことにはビックリしました。戦後50年の村山談話の主旨・表現はすべて盛り込まれているにもかかわらずです。村山元首相は自らの談話を否定するつもりなのでしょうか、それともお年ですから、ボケてしまったというしかないようです。もっとも村山氏は首相時代50年談話以外首相らしいことはしてこなかったのですから相手にすること事態が無駄のようです。やはり社民党は解体した方が良いようです。それにしても日本の元首相というのは変人が多いようです。なぜかよくわかりません。  今日15日韓国の朴大統領は“光復節”の式典で演説し、安倍首相が歴代内閣の立場は揺るぎないと宣言したことに注目すると一定の評価を与えたようです。一方困難が多く残っていますが、正しい歴史認識をもとに新しい未来に共に進むべき時だと語ったとのこと、この度の70年談話発表をキッカケに中国も韓国も日本も一歩でも二歩でも前進すればと、こぶ爺は心より願っております。 大切なことは安倍首相の70年談話を受けて日本の政治家先生は夫々に何をするのかが重要なことです。言っていること、やっていることが別では積極的平和主義にはなりません。自民、公明の与党のみならず 前述したように足を引っ張るだけの何でも反対の時代遅れの野党の政治家先生が真に心を入れ換えて、国益を守るために汗をかけるかがポイントです。 きょう8月15日はいわゆる“終戦記念日”(こぶ爺はそう思っていないので)です。さっそく政府のオッチョコチョイの女性閣僚が数人、安倍首相の足を引っ張るべく、国益をそこなうために靖国神社に参拝しているらしいですが、首相と官房長官は見て見ぬ振りをするのか、それともどのような処分を下すのか。マスコミも野党もこのような時こそ出番なのです。らしいことをして下さい。
(8.15)

エンブレムってなに?

まったくいいかげんな新国立競技場計画、安倍首相のリーダーシップのもと白紙撤回ゼロベースで計画を見直すことになり、多くの国民から高い評価を得ました。ところが今度は五輪エンブレムがベルギーの劇場のロゴとよく似ていると、IOCに差し止め請求が起こされました。それを受ける形でエンブレムをデザインした佐野研二郎氏が8月5日に記者会見をし盗用を否定しました。
こぶ爺はこの盗作問題についてどのように見ていますか。教えて下さい。
(北海道、商業デザイナー 28歳 男性)

どうも東京五輪にはいろいろなことが起こりますね。
いわゆるアヤつきということです。このデザインの件良くあることではないでしょうか。佐野さんにはいささかご無礼かも知れませんが、一般に盗作(模倣)した人に貴方盗作したでしょうと言って、はい!しましたと言う人はいないのです。訴えられた人が自ら盗作ではないことを証明するしかありません。していないならそれはそれで良いのでは。
先日、韓国の小説家が日本の小説家の文章をパクったという事件がありましたが、あれはどなたが見ても明らかに酷似していたのでしょう。(残念ながらこぶ爺は読んではいません) こぶ爺は学生の頃、美術の勉強をしたこともありましたが、美術の先生には“模倣は創作の第一歩”と教わりました。良い作品をたくさん見てさわって模倣して創作修業をするものなのでしょう。音楽でも、文章でもそうではないでしょうか。
例えば音楽で言えば新曲といっても昔どこかで聴いたことのある曲であったりすることがあります。テレビドラマもそうです。どのドラマでもまったくオリジナルという脚本は少ないのではと思いますが、監督はそれを上手につくり上げています。文章でもそうです、過去に読んだ本の一節であったり、新聞の記事のフレーズであったり知らず知らずの内、自分のフレーズになったりしています。全文または一節を使用するならそれは引用ということで正直に出典を明らかにすれば良いのです。
さてこの件、ご本人の佐野さんが一度もベルギーのロゴは見たこともない、コンセプトも違うと言っているのですから、こぶ爺は同じ日本人だからというわけではありません。佐野さんを信用して良いのではないでしょうか。他人の空似ということもありますがベルギーのデザイナーが強硬姿勢ということもよくわかりません。
何か魂胆があるのかと思うのはこぶ爺だけでしょうか。このベルギーのデザイナーにとって、自分の作品に少しでも似た作品が東京五輪のマークに使用されて名誉に思わないのでしょうか。こぶ爺から見ればこの手の作品は必ずどこか似ているものだと思います。
東京都知事は佐野さんのエンブレムを使うと明言されたのは大変良いこと。
それにしても東京五輪の準備をしている事務局は一体どうなっているのでしょうか。文科相はまだ辞めないのですか。
この件があったので“エンブレム”って何って言う人が少なくなったのはケガの功名。
(8.7)

東大入学より難しい甲子園出場

本日(8月6日)、夏の甲子園大会が開幕しました。高校野球の全国大会は今年で100年の節目を迎えました。開幕の始球式はかつて甲子園でノーヒットノーランを記録した世界の王貞治氏でした。ところでこぶ爺は高校野球は好きですか。もし好きだとしましたらどんな試合がまたは選手が印象に残っていますか。私が少し心配していますのは、甲子園のいわゆる常連校の野球優等生の生徒集めやその練習などは少しばかり行き過ぎではないかと思っています。少し古いかもしれませんが、文武両道で高校生活を送る生徒が一人でも多くいることを願いたいのです。こぶ爺はこの件どう思いますか。(東京 鉄鋼メーカー生産本部課長 49歳 男性)


こぶ爺も昨日の王さんの始球式を見ていました。そういえば40年ほど前に開幕戦を甲子園球場で見たことを思い出しました。猛暑の中、生徒諸君には精一杯頑張ってほしいと願っております。ご質問の件、まずは文武両道は少しも古くはありません。学生にとって文武両道は基本中の基本です。野球部が全国から将来性ある生徒を集めるらしいですね。教える側も能力ある生徒を教えたいでしょうね。教えられる側も良い指導者のもとで甲子園を目指したいと思うことでしょう。今年話題の清宮君もその一人でしょう。中には親元を離れ将来に向けて努力すること、こぶ爺はむしろうらやましいと思います。その生徒が決して武だけで文がないとは思いません。将来大リーグでと夢を持つ子は英語の勉強を懸命にやることでしょう。頭でっかちな文だけの子より良いのでは。良くいう進学校も野球部と一緒でしょう。だから入学試験を課すのです。全国から広く逸材を求める私立進学校も数多くあります。
甲子園常連校も東大はじめ一流校といわれる大学進学校もその競争は大変なようです。それも教育だと思えば良いのです。こぶ爺が見るところ東大に入学するより甲子園に出場するほうがよっぽど難関だと思います。
将来そのことで一生食っていけるかどうかはわかりませんが、仮に東大を出ても人生はわからないということです。
次にこぶ爺は高校野球は好きかどうかのことですが、大好きです。相撲と野球は日本の国技だと思っています。特に高校野球いや、全国高等学校野球選手権は゛郷土の代表”として闘いとして、全国民が応援に加わり、その結果電気の消費量も1年のうち最高の使用料となる位です。
でも今年は猛暑でエアコンもフル使用、テレビもフル使用で果たして電力は大丈夫なのでしょうか。(すみません 本題からずれて)欧米人に言わせると日本の高校野球を見ると日本人がわかると言っているようです。"日本の文化”といって良いでしょう。こぶ爺が印象に残っているのは・・といっても沢山あるので、ベストスリーとしますと、まず第1にこぶ爺が小学校の頃(たぶん)の1958年8月徳島商業の坂東投手と、富山県立魚津高校の村椿投手との投手選です。この試合を見て野球にあこがれた次第です。第2に作新学院の江川投手の雄姿でした。こんなにすごい高校生ピッチャーがいるとはびっくりしました。第3に星稜の松井選手でした。明徳義塾が5敬遠という高校野球ファンの度肝を抜く作戦に出ました。
今年の早実の清宮選手はどうなることでしょう。楽しみです。(8.6)

一流の中小企業ここにあり !

Q:先月末、軽自動車で有名なスズキは名物経営者である鈴木修社長が退任して会長専任となり長男の鈴木俊宏副社長が社長に昇格する人事を発表しました。こぶ爺はこの人事どのように思いますか。長男が社長後任という、いわゆる世襲人事については賛成ですか。
(静岡 自動車部品メーカー 品質管理部長 52才 男性)

鈴木修会長兼社長が退任して会長専任ということのようです。こぶ爺からしてみればとうとう社長退任の期が来たかといったところです。
経営トップとして40年近く努めてきました。ここまでよく頑張ってこられたの一言です。今後も鈴木修氏は最高経営責任者(CEO)を兼務するとのことですので、スズキの経営体制は何ら変わらぬところでしょう。こぶ爺は経営コンサルタントとしてスズキさんに係ったことがありますのでとても人ごととは思えません。こぶ爺からみれば、スズキさんは日本を代表する一流の中小企業だと思っております。中小企業の多くはワンマンでなければ経営がなりたたないことが多いのです。遠州浜松の中小企業をグローバル企業に育て上げ、一流の大企業と言っていいほどのエクセレント・カンパニーになられたのは、鈴木修社長の功績に他なりません。
こぶ爺はこれからの鈴木会長CEOにはいつまでも“中小企業のオヤジ”として君臨すべきと思っております。ぜひとも100歳までご健在で、あとに続く経営者を鍛えて頂きたいものです。政治家なら70歳で勇退すべきところですが、経営者は情熱さえ失わなければ、100歳まででもできるのです。
さて此度の人事発表ではご長男 鈴木俊宏氏が社長に就任との由、ご同慶の至りといったところでしょう。質問者から世襲ということについてのこぶ爺の意見を求められていますが、決して反対ではありません。創業者は自ら造り上げた会社を身内に継がせたいものです。余程経営者としての資質に欠けていなければですが。俊宏氏は経営陣の一員として実証ずみだと思います。自動車業界でもスズキさん以外にもトヨタさん、ホンダさんと創業家の企業として存続しております。(他産業も)経営者は後継者を選ぶとき、これからの経営体制ということも考え補佐役としての役員を誰にするかも考えます。また一方“経営と所有の分離”を考えて経営体制の一新を断行する創業家もおります。これ創業家(大株主)の専権事項です。
さてスズキさんの場合は、こぶ爺が勝手に“一流の中小企業”(二流の大企業よりずっとましです。 たとえば最近でしたらいいかげんな東芝さん)と呼んでいるだけで副社長はじめ、有能な役員が多勢おり何も心配することはないと思われます。
そこが“大塚家具さんのお家騒動”とは月とスッポン位違うところです。此度、社長になられるご長男俊宏氏も大変でしょうが、こぶ爺は二代目、三代目社長にいつも、親の跡を継ぐということは一生楽が出来る権利を得たのではないということを体験的に口をすっぱくして言っております。むしろ重い荷物を一生担いでいくことなのです。そこで初めて親の苦労がわかり、ありがたみがわかるということです。中にはそんなことも知らないでいる後継ぎもいるということです。今後、いや早々とバカな社員、役員の中には“オヤジ依存の脱却を”などと無責任な輩も出てくることでしょう。俊宏社長はそんな連中になんと言われようが、会長を頼りにしたら良いのです。大いに利用すべきです。
会長は一日8時間もかけて現場(工場)を回られていたと聞いております。恐らくそれは物づくり日本のワンマンオヤジは“経営のヒントは現場にあり”ということを知っていたからではないでしょうか。是非それだけは後継者として見習って頂きたい。そのうち会長とは違った現場の歩き方に気づくことでしょう。
こぶ爺もスズキの「ジムニー」に快適に乗っております。
(8.2)

それにつけても・・・・

Q:大相撲名古屋は、横綱白鵬の35回目の優勝で幕を閉じました。40歳の元関脇旭天鵬が現役を引退するようです。こぶ爺は相撲ファンとのこと。今場所を含めて最近の大相撲について一言
(山形 農業法人代表 65歳 男性)

結局は横綱白鵬関の35回目の優勝で名古屋場所の幕は閉じられました。 栃煌山関が横綱2人を撃破した時にはもしかしたらと思った方も多かったでしょう。やはり横綱白鵬は強いと改めて思い知りました。大鵬の32回優勝記録がだんだん遠のいていきます。この際横綱白鵬関にはぜひ前人未到の40回の優勝を果たして頂きたい。これから横綱になるであろう(なってもらいたい)スケールの大きな照ノ富士、実力ナンバーワンの稀勢の里関、人気ナンバーワンの遠藤関、モンゴルの怪物といわれる逸ノ城関あたりに横綱とはこういうものだと教えて頂きたいものです。
さて、今場所は4場所連続して15日間の満員御礼。大相撲人気が日本の景気復活とともに甦ってきました。これも一重に不幸な出来事に危機感を抱いた日本相撲協会の不断のマーケティングの努力によるものでしょう。今だ嘆いているばかりの企業経営者も相撲協会さんのマーケティング戦略を見習ってほしいものです。ヤレバできるということです。それと相撲協会情報提供によって、"若い人"も"往年の相撲ファン"も日本以外のどこの国の力士も差別なしに応援することに違和感がなくなったことが大きく相撲人気を復活させました。
ところで残念なことにこの度、相撲界の功労者である元関脇旭天鵬関が引退を表明しました。長いこと相撲ファンを楽しませて頂いてありがとうございました。相撲ファンなら誰しも知っての通り旭天鵬関は大相撲史上最年長となる37歳で初優勝を飾りました。1992年に来日、17歳で初土俵を踏み、モンゴル人力士のパイオニア的存在となりました。旭天鵬関が今日の大相撲の復活を支えたと言っても過言ではないでしょう。23年間の永きに亘り活躍されたこと重ねてお礼申し上げます。旭天鵬関にはこれからもぜひ相撲界のために力を注いで頂きたいと願っております。それにつけても・・・・・と考えるのはこぶ爺だけでしょうか
(8.1)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ