« 新年あけましておめでとうございます! | トップページ | 若さとは無限の可能性なり »

有限実行あるのみ

Q:新年明けましておめでとうございます。昨年5月北海道で若手技術者セミナーを受講しました。今年は上司の職長から、禁酒、禁煙、禁パチンコをするように命令されました。こぶ爺はどのようにして止めることができたのでしょうか。必ず成功させますのでコツがあったらお教えください。
(北海道 建設技術者 28歳 男性)  

毎度こぶ爺のセミナーに出席して頂きありがとございます。今年も例年通り開催いたしますのでよろしくお願い申し上げます。さてご質問の件お答えさせて頂きますが、その前にお断りしておきますが、こぶ爺は禁煙は7年程前に一念発起実行に移しましたが、禁酒をする気は毛頭もございません。数年前より節酒はしております。パチンコは学生時代に多少はやっていましたがそれ以来パチンコ店に出入りしたことはございません。   昔から飲む(酒)、打つ(バクチ)、買う(風俗)と言われ、特に貴方の業界では“男の三部作”等と今思えば大変つまらないことを言っていました。そもそも上司に言われたからと言って禁酒、禁煙、禁パチンコなどそんなバカなことするものではありません。もし貴方が酒やタバコを買う金が無くなったとか、タバコを吸えない、酒も飲めない体になったのなら止めるしかありません。スイマセンね、新年そうそう煙に巻くようなアドバイスで。では回答らしいことを言わなければいけないですね。さて職長は貴方に何故禁酒、禁煙、禁パチンコを命令したのか聞いてみましたか。おそらく酒などを控えて一級土木施工管理技士の資格を取得してもらいたいとか、現場代理人としての技量を身につけてもらいたいとかではないでしょうかと思うのですが、如何ですか。それとも貴方がこれを機会に自分のために家族のために禁酒、禁煙、禁パチンコをしようとするならこぶ爺は大賛成です。 パチンコというのは昔と違って時間つぶしというより今はもうバクチみたいなものらしいですね。これは誰が言おうが止めるべきだと思います。その昔からパチンコで家を建てた人がいたとは聞いたことがございませんから。これは是非今日から実行して下さい。 禁酒はもしあなたが酒が合わないなら、もしあなたの周りの人が見て、酒癖が悪いとか、酒のせいで仕事に穴をあけたということでなければ、敢えて止める必要もないと思いますが。でも休みの日は飲まないようにすれば良いのでは。仕事には職場の皆とのノミニケーションも必要かと思うことがあります。むろん禁酒するに越したことはありません。次に禁煙ですがこれも無理して止める必要はないのでは、年末年始に昔の映画を放映していますが、昔の人は良く仕事中にもタバコを吸っていますね。吸わない人がいない位です。でも肺がんの死亡率は最近の方が多いらしいです。これ不思議ですね。こぶ爺の父親もヘビースモーカーでしたが、80歳以上まで生きていました。本当にタバコが悪いのか良くわかりません。しかしこぶ爺は先程言ったように禁煙して早7年、食事もうまいですし、咳もしなくなりました。家族にもお客様にも大変喜ばれております。今までどのお医者様もこぶ爺に酒を止めろとは言いませんでしたが、タバコはヤメロ!と口をすっぱくして言っておりました。火の用心にも、周りの人々に嫌な思いをさせないためにも禁煙は決行したら良いのではないでしょうか。禁煙のコツはただ一つ、止めたと決めたら、スパット止めることです。タバコに関係するものは、今すぐに捨てることです。上司からこぶ爺から言われたからと言って止めるのではなく自分で考え決めることです。男なら止めると決めたことはチマチマするのではなく、思い切って実行することです。それでなくては、人の上に立つことはできません。現場で周りの人から信頼されませんよ。 “有言実行”あるのみ。
(1.7) 

« 新年あけましておめでとうございます! | トップページ | 若さとは無限の可能性なり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年あけましておめでとうございます! | トップページ | 若さとは無限の可能性なり »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ