« 誉れ高き澤穂希選手お幸せに! | トップページ | 有限実行あるのみ »

新年あけましておめでとうございます!

Q:新年明けましておめでとうございます。 毎年同じような質問が寄せられると思いますが、本年はどのように企業の舵取りをすればよいでしょうか。こぶ爺はたしか昨年は“天気・元気・ヤル気”の三気が重要と言っておられておりましたが・・・
(東京 機械部品メーカー 中小企業、社長 58歳 男性)

NHKのテレビドラマではないですが、2016年(平成28年)の朝が来ました。今年もよろしくお願い申し上げます。“こぶ爺のひとり言”も4年目(所長のひとり言から8年目で途中中断あり)を迎えました。 貴方がおしゃるとおり昨年の正月は“天気・元気・ヤル気”の三気でした。でもこの三気も景気の“気”も企業経営にとって、とても重要なことです。なぜなら経営は“人”がやることです。例えば経営企画があります。企画の企は人冠です。企業の企も同じで人がいなくなったら止まります。よって昔から“企業は人なり”と言われるのです。そのためにはまず社長が“気”を醸成することが肝要です。本年2016年は第1に昨年末の韓国との雪解けにより、あとは共産国家の中国,露国そして国家と呼べないかも知れませんが、北朝鮮との外交が大きく動き出すことが期待されます。併せて昨年は、念願の安保関連法案が大多数の賛同を得て真に国と国民を守る体制ができつつあります。 今年はアメリカ大統領の選挙があります。クリントン大統領の当選がささやかれております。アメリカ初の女性大統領誕生となり日本の民主党とは大違いでアメリカは民主党がその政権を維持することになるようです。グローバル化の今日、世界の動向に目を離してはいけません! 夏にはリオデジャネイロでのパラリンピック・オリンピックが開催されます。日本にとっては2020年の前哨戦のようなもの、その活躍が大きく期待されます。そして今年のノーベル賞は何人の日本人が受賞されるだろうと今から心待ちしている国民も多いことでしょう。後年の日本初のノーベル経済学賞は世界初のデフレ克服の国家として受賞する日はいつかとここ3年程、こぶ爺は夢のように待ち焦がれております。中小企業の社長は如何お思いでしょうか。やはりデフレ解消の絶対条件は大企業のみならず中小企業の収益がV字回復しなければならないのです。併せて中小企業で働く従業員の賃金増加が不可欠なのです。中小企業の社長の賃金政策への英断が待たれるのですがさて・・・。しかし、4月には消費税が10%に増税されます。軽減税率が決まったとはいえ、個人消費にどう影響するか気になるところです。 昨年秋第3次安倍内閣が組閣され“一億総活躍社会”が目玉政策として発表されました。とくにGDP600兆円達成、現在の20%UPを掲げられ、議論が交わされます。日本国の経営戦略です。日本は中国と比べれば国土が少なく、人口が少数なのです。この日本で500兆の3%でも、小国の国家予算に匹敵するというのに20%UPとは正気の沙汰ではないと思っている国民が多いかもしれません。しかし科学の研究成果、IT技術の著しい進歩、マネジメント能力の向上、外国人へのおもてなし等々、世界中に日本人の技と心が活用され、先祖代々受け継がれてきた謹厳実直な日本人の資質が如何なく発揮されれば十分に達成可能です。 今年はGDP600兆円/20%UPの礎の年です。各中小企業もこの機に20%UP経営計画を構築してみて下さい。何が足りているのか、何が足りないのか、分ければ解ります。これが本年最初の中小企業の社長のお仕事です。 やはり怖いのは、急激な円高と自然災害・テロ災害です。BCP構築・見直しも忘れずに。 申年は“申騒ぐ”と言います。
(1.5)

« 誉れ高き澤穂希選手お幸せに! | トップページ | 有限実行あるのみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誉れ高き澤穂希選手お幸せに! | トップページ | 有限実行あるのみ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ