« 若さとは無限の可能性なり | トップページ | 選挙権年齢は16歳以上~75歳未満 »

今すぐ拉致被害者の奪還を!

Q:新年早々北朝鮮が核実験を行いました。又かという思いとこれでいいのかという思いが世界を駆け巡っております。日本の拉致被害者がまだ北朝鮮に拉致されたまま未解決状態です。こぶ爺はこの北朝鮮問題の解決についてどのようにしたら良いとお考えですか。
(新潟 建設機械製造メーカー 経営企画マネジャー 58歳男性)  

西にイスラム国という山賊が無差別てテロのやりたい放題、東に北朝鮮国 こちらは国連にも核拡散防止条約にも加盟して一見まともな国のようだがその実態はならず者国家と言われています。その北朝鮮が性懲りもなく4度目の核実験を強行して国際社会から猛烈な抗議を受けています。今後各国より経済活動はじめ、種々多様の制裁を勧告され多少は窮地に陥ることでしょう。 しかし、ならず者国家としては既に折込済みといったところなのでしょう。かわいそうなのは北朝鮮の国民です。結局心優しい国際社会は北朝鮮の国民の救済を考えいつものとおり大した効果のある制裁にはならないでしょう。質問者がおっしゃるように北朝鮮側には日本、韓国の制裁も甘いものとなるでしょう。日本国民は拉致され人質を取られているからです。韓国も似たりよったりといったところです。 首相官邸の危機管理体制はどうなっているのでしょうか。北朝鮮による日本人拉致問題は相変わらず解決の優先順位が低いのでは、それとも安倍首相の大向う狙いで解決のための交渉カードを引っ込めているのではと思いたくなります。  こぶ爺は毎度のことですが、国連安保理並びに各国が抗議・制裁決議を素早くしておりますが、どうも生ぬるいように感じてなりません。先ほど述べたように人質を取られているからでしょうか。それなら家族会と協議され、承諾を得て強硬な対応をしなければならないでしょう。今、国際社会が抗議・制裁と言っていることはこぶ爺から見ればただの犬の遠吠えにしか聞こえません。数か月もすればまた元の木阿弥と言ったところです。北朝鮮は各国の出方を見ているのです。日本として強硬に対応しないのであれば他にどのような柔軟な解決方法があるのか、家族会にも国民にも示してもらいたいものです。日本ははっきりとメリハリをつけた今までとは対応が違うということを国際犯罪人金正恩に伝えなければ、5回目の核実験はすぐにでも強行するでしょう。ならず者(やんちゃ坊主)には今すぐガツンとやらなければなりません。そうでなければいつまでも金正恩とジャレているだけのような気がします。これでは何の問題解決にもなりません。強硬派のオジサンであるこぶ爺に言わせれば第1の解決法は金正恩の暗殺でしょう。いち早く北朝鮮の人民と日本、韓国の人質を解放することです。どこの国が実行するのか、もう準備に入っているのか。ところで日本にはただ一人の007もいないのでしょうか。第2は北朝鮮人民によるクーデター決行です。その時は韓国国民が支援することに成るのでしょう。南北統一です。日本、中国による経済支援が不可欠です。第3に北朝鮮に物言える米国、中国の仲介による金一族の第3国への亡命です。金正恩とその家族の生命と財産の保証をするしかありません。とは言えこぶ爺が考える第1、第2、第3とももうとっくに試みていることだと思いますが。でもこのまま北朝鮮を放っておくとイスラム国のように増殖しテロが頻繁に起こるようになります。手をこまねくことは罪です。こぶ爺の縁のある元自衛官の話によりますと米国、韓国が協力さえすれば、北朝鮮は3日もあれば落ちるとのことです。韓国、日本にとっての拉致被害者の救出が第1の目的です。第2の目的は国際犯罪人の逮捕です。首相官邸が狙っているのはこちらのような気がします。 北朝鮮の国家予算は日本のトヨタ自動車の売上高より少ないはずです。北朝鮮国の正式国名は「朝鮮民主主義人民共和国」と言うそうです。詐欺師のふたつ名のようです。 ビックリポンです。対北朝鮮の問題解決にはそのための国家としての用意周到な準備と家族会、米国、韓国(そして中国と言いたいのですが、無理なような気がします)の協力があれば今の日本の国力ならすぐにでも出来るはずです。解決できないのは政府の怠慢に他なりません。 解決に反対する日本国民はただ一人としていないはずです。
(1.16)

« 若さとは無限の可能性なり | トップページ | 選挙権年齢は16歳以上~75歳未満 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 若さとは無限の可能性なり | トップページ | 選挙権年齢は16歳以上~75歳未満 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ