« 民主主義が問われている | トップページ | 出る杭は打たれる! »

“かわい気のある新入社員”

Q:4月より社会人として食品メーカーに勤務します。配属先は営業部署のようですが、学生時代より規則正しく生活をしてこなかったので、このまま会社に入ってうまくやっていけるか不安でしょうがありません。こぶ爺は数々の会社で社員研修などをされてこられたとのこと気の弱い、自身のない私にアドバイスをお願いします。
(神奈川 私立大4年 23歳 男性)

 まずは就職おめでとうございます。さて就職先が決まれば決まったで、今度は別の心配ことがでてくるものです。生活環境が変わるというのはそうゆうことです。大学卒業生のうち入社3年以内に辞める確率は30%以上だそうです。そしてその多くが人間関係への必要以上の気使いが原因だそうです。

しかしこのようなことは人間が生きている以上、どこの世界にでもあることです。まず貴方が心配していることは学生時代の不規則な生活に慣れたまま果たして会社に入ってうまくやっていけるかとのことですが、まったくの杞憂にすぎません。会社に入れば緊張な生活が続きます。自分の部屋に帰れば学生時代と違ってすぐに眠れます。少なくとも11時~12時前に寝ることです。そして会社で見聞きすること一つ一つ気にしない事、だれが何と言おうと気にしない事。貴君は新入社員、何も知らなくても当たり前、何をできなくても当たり前、気にしない事。でも気の弱い自信のない貴方のこと難しいかも知れませんが、気にしないこと。業務で失敗することがあっても責任をとる必要はありません。貴君は責任をとる程高い給与を最初から頂いているわけではありません。ただしこれは入社後3日、3月までのことです。新入社員にとって333年がどうあるかが重要なのです。貴君が最初の3ヶ月の間にしなければならないことは、良い同僚、良い先輩を見つけることです。残念ながら会社に入れば半分程の先輩同僚社員は貴君の社会人人生にとって余り参考にならない人です。しかしあとの半分(半分もいたら最高の職場です)の先輩同僚社員は貴君の人生にとってきっと大きな影響を与えてくれる人です。あせらずに落ち着いて見つける事です。おそらく大学の就職課のセミナーでも言われたことでしょうが、挨拶の励行、時間の厳守は当然として先輩、同僚社員にかわいがられることです。これはごく自然とできている人もいますが、気の弱い貴君は多少意識することが必要なのです。この世の中“かわい気のある人”にはかないません。多くの先輩社員、上司が思っていることです。さて、さて、気の弱い自信のない貴君にはとても無理なことだと思っていませんか。のんびりした遊園地のような“学生社会”からとんでもない新しい“会社社会”という大きな環境の変化、23歳の貴君の社会人人生の第一歩です。別世界に来たと思い自分の性格をも変えるつもりで一日一日を過ごすことです。

こぶ爺がかつて新入社員研修でよく言っていたことを言いましょう。それは“かわい気のある新入社員”になるコツは“教えて下さいね”とこの一年どれだけ言えるかです。貴君は営業部に配属とのことですが、入社されたら先輩社員、取引先の人に会うたびに“教えて下さいね”と言うことです。そして先輩社員、上司に指示・命令されたことには必ず報告する習慣を1日も早く身につける事です。“やりっ放しは何もしないよりまだ悪い”と言う格言もあるのです。仕事とは報告をもって完了するということです。サラリーマン人生20代は良き上司、先輩に恵まれた人が最高に幸せなのです。こぶ爺は気の弱い貴君にとって素晴らしい人生が待っていることを祈念いたしております。
3.17

« 民主主義が問われている | トップページ | 出る杭は打たれる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 民主主義が問われている | トップページ | 出る杭は打たれる! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ