« 2016年3月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年8月

親バカは親にしかできない特権です!

Q:有名女優高畑淳子の息子の高畑裕太という若手俳優が強姦致傷を犯し逮捕され世間を騒がしております。母親である女優がTVリポーターの前で息子の不祥事を詫びている姿がTVに映し出されております。この息子22歳とのこと、こぶ爺はこの謝罪する母親の姿を見てどう感じておりますか。(千葉 会社員 59歳 男性)


 こぶ爺はこの事件どうも釈然としないね。高畑淳子が有名な女優さんだからかも知れません。
TVに向かって釈明するというのは母親が有名人だからでしょう。息子の将来もあるでしょうが、自分の立場もありテレビに向かって謝罪するしかないのでしょう。悪く言えばそのような母親を演じるしかないのです。彼女は今後も女優を続けるのでしょう。だとすればよく理解できます。政治家の出処進退とよく似ています。本来母親としては、真っ先に被害者に謝罪するのが筋です。というより高畑裕太の父親が出てこないのはどうしてなんでしょう。父親はどこにいるのでしょう。こんな時こそ父親が出てきて息子をガツンとぶっ飛ばさなければいけないのではないでしょうか。父親が先頭に立って被害者に謝罪しなければなりません。世間への謝罪といっても野次馬ばかり、TV向けに適当にやっていればよいのです。もっと大切なことは被害者と仕事上迷惑をかけた皆さんへの謝罪です。今後は民事訴訟として損害賠償責任がついて回ることでしょう。高畑淳子さんは母親として息子を芸能人として売り出すために大変な努力をされた方だと思います。息子のマネジャー以上にマネジャー(ステージママ)だったと思います。よって、TVで見た通りの謝罪インタビューとなったのでしょう。一般的に言えばやりすぎです。親バカです。20歳を過ぎたら全て自己責任です。本来ならほっといてよいのです。あくまでも一般的に言えばです。犯人の両親にとって息子が20歳過ぎても親は親です。前述したように被害者に頭を下げに行くのが日本人でしょう。この親の行動を頭から否定するバカな評論家もどきもいるようですが、家族の絆まで否定してはいけません。最近家族間の事件が多いのもこのような行動を否定する無責任な風潮があるからではないでしょうか。
こぶ爺としては犯人といわれる高畑裕太が誰かにハメられたのでは・・・・・最近の痴漢事件も冤罪が多いようなのでいささか気になるところです。やはり誰が何と言おうと親バカは親にしかできない特権なのです。
8.29

丸川・高市両大臣を即刻解任せよ!

Q:こぶ爺はまた怒っているでしょうね。今年も8月15日に現役大臣である高市総務大臣と丸川五輪大臣が靖国神社に参拝しました。両氏は閣僚の肩書で記帳したとのことです。安倍総理大臣は参拝を見送り近隣諸国への配慮をしました。同日、韓国の国会議員が島根県竹島に上陸し、毎度のことながらありもしていない韓国の領有権を主張したとのこと。こぶ爺は昨日の日韓のこの一件どのように怒っているでしょう
(島根 年金受給者 73歳 男性)


本当に怒っていますよ!この時期になるとこの問題が起きます。年中行事となりました。政治家だからましてや大臣だから何をしても良いこということではありません。靖国神社の件はたとえ個人の件であってもこぶ爺のように2人の伯父が祀られていることがあっても、外交上、国益上のことを考えれば、参拝を辞退することが、政治家、閣僚の賑わいと言えるのです。
もし参拝して頂けるのでしたら、バッジを外してからにするべきとこぶ爺は思うのです。こぶ爺は8月15日はもとより両親の墓参りの時にも九段に向けて頭を下げ、手を合わせております。今回の丸山大臣、高市大臣はお身内への参拝でなく、国務大臣だからこそのパフォーマンス。己の保身のためではないのでしょうか。韓国、中国の嫌がることをなぜ好んでやるのか。こぶ爺には全く理解できません。遺族の一員として全く迷惑な話です。安倍首相は千鳥ヶ淵に献花されたようです。当たり前のことです。何の理由なのか、日本の大臣は右翼とか愛国者と呼ばれなければその席に就けないのでしょうか。考えられることは遺族会の票、安倍首相にすり寄るため、すべて無責任大臣という資質のなせる業です。一番罪の重いのは安倍首相です。一言注意すれば良いのです。そのうえで大臣に任命すべきだったのです。国会議員も議員立法で良いのですから共同戦没者墓地をつくるべきなのです。外国の要人もどこに参拝してよいのか困っていることでしょう。昨今の課題でないのに国会議員というのは一体何をしているのでしょう。情けない話です。本来ならここでこぶ爺ごときが言うことではないのですが、88日の天皇陛下のビデオメッセージでのお話も胸が痛みました。
国会議員はどのような思いで現代の玉音“をお聞きになったのでしょう。どれだけの議員が恥”を感じたことでしょう。
話を戻しますとこの安倍内閣のエセ右翼“エセ愛国者”のお陰で国益が損なわれているのです。国賊(こくぞく)です。
時を同じくして韓国の国会議員が貴殿の地元の島根県土である竹島に違法上陸とのこと。一体この国の政治家は何をしているのでしょう。
人の土地に無断で、土足で踏み込んだら日本の国の法律では住居不法侵入となります。韓国では許される行為のようですが。日本警察、国防自衛隊は、毅然とした態度で立ち向かっていくべきです。政府の口先だけの抗議はポーズだけといったところでしょう。
この韓国議員のリーダーは女性議員とのこと。靖国参拝のポーズをとった丸川・高市両大臣も女性。どうしてこう女性は目立ちたがり屋が多いのでしょう。本当に戦争が好きなのでしょうか。戦争の影に女性議員ありなのでしょうか。この人たちにはお子さんはいないのでしょうか。このバカ大臣は靖国よりも鹿児島の知覧特攻平和会館に行くべきです。高市大臣は放送法の件の時は久し振りに骨のある女性大臣が出てきたなと喜んでいたのですが、大変残念な思いをしております。選挙民は良く考えて投票してもらいたいものです。
結論はただ一つ安倍首相は両大臣を直ちに解任すべきです。
8.21

まずは審判の育成を!

Q:リオのオリンピックも半分を過ぎました。日本男子柔道は全階級でメダルを獲得しました。体操・水泳・レスリングと並んでお家芸の復活と喜んでいますが、最重量級の王者を決める決勝戦は柔道ファンを失望させるようなつまらない凡戦、リネールという王者はまともに挑戦者原沢と組み合わずただ逃げまくるだけ?日本人からしてみればこんなの柔道ではないと思いますが、こぶ爺はどのように見ていましたでしょうか?
(福岡 高校体育教師 
34歳 男性)


オリンピックとか世界選手権と言われる柔道?の大会に誰が勝とうとこぶ爺には全く興味がありません。リネールとかいうどこの国の選手かわかりませんが強いということは聞いておりましたが、ニュースでちょっと見ただけでした。東京オリンピックでオランダのヘーシング選手が無差別級で金メダルを取った時から日本の柔道が柔道でなくなりました。
質問者は九州の方、柔道の本場におられる方、もしかされたら高校の生徒さんに柔道を教えられているのでしょうか。もし教えておられるとしたら、スポーツJUDOレスリングJUDOを教えられているのでしょうか。それとも日本の古武道を発祥として嘉納治五郎先生はじめ多くの先達が創始された精神修養を源とした柔道でしょうか。教育の一環として重要です。礼に始まり礼に終わる“ということは日本人なら誰でも知っていることです。とはいえこぶ爺は決して今の柔道を否定しているわけではありません。オリンピック出場を辞退しろと言っているわけではありません。日の丸が上がって心を熱くしない日本人はいないと思いますので。JUDOはJUDOとして選手育成をされたらよろしい。しかし“柔道大会”は日本で行うべきです。たしか講道館で嘉納治五郎杯があったはずです。世界中から有段者が集い、数日間にわたり大会を開けばよいのです。そこで勝ち抜いた心ある有段者のみに師範の称号を与えられたらよろしいのです。JUDOと違い審判にも誤審はないでしょうし、一本勝ちまで時間無制限で戦わせ、これが武道としての日本文化としての“柔道”のあるべき姿を発信すべきでしょう。
日本の中高では、柔剣道は体育の正課になっているのでしょうか。もしなっていないとすればこれらの方が大問題です。政治家の先生方も心して取組んで頂きたいものです。今のJUDO選手は今のJUDOに満足しているのでしょうか。勝つことは勝ってもどこか寂しい思いをしているのはこぶ爺だけでしょうか。リネール・原沢戦はつまらない試合のように見えました。リネールは組まないし、逃げまくっているだけ。審判もどこに目を付けているのでしょうか。国際柔道連盟は審判の育成に力を注がなければスポーツとも言えないと思いますが。世紀の大誤審大会はもう終わりにして頂きたい。その中で勝利を挙げてきた監督、選手には心より”おめでとう”を言いたい。こぶ爺は全員に金メダルをかけてあげたい気持ちです。
8.20

天知る、地知る、己知れ! SMAP事件に寄せて

Q:こぶ爺はSMAPを知っていますでしょうか。昨日814日そのSMAPが年末解散を発表しました。ファンである私は大変寂しい思いをしております。こぶ爺はSMAPの解散、ジャニーズ事務所の対応についてどう思いでしょうか。(千葉 地方自治体職員 36歳 女性)

 

 こぶ爺でもSMAPは知っております。今年1月メンバーの一部がジャニーズ事務所からの独立交渉をしていたということで大騒ぎになりましたね。一旦騒ぎは収まったようでしたがやはり引きづっていたようです。それとも元女性マネジャーの陰謀なのでしょうか。どちらにしろ年末解散は決まったようですので、ファンの貴女はこれからも暫く見守ってやってください。ところでSMAPのどなたのファンでしょうか。実はこぶ爺はメンバーの名前も言われればわかるのですが、木村拓哉(キムタク)以外は良く分かっていません。昔2枚目、今風に言うにはイケメンのはしりと言って良い俳優です。『HERO』は面白かったですね。彼のハマリ役です。こぶ爺は今から15年程前、ある業界のPRの相談を受けたとき昭和の大スター石原裕次郎を彷彿させるキムタクを起用して映画を製作したらと提案したことがありました。新聞、TVによりますと、そのキムタクと他のメンバー4人との間に溝が生じており、最後までその溝が埋まらなかったのではという推測報道があり、大変残念な思いをしたファンが多かったのでは。1988年に結成されたSMAP。平成時代のバブルが崩壊した、どちらかといえば日本が落ち目の時代25年間に亘リ大活躍され一時代を築かれたこと多くのファンが感謝いたしていることでしょう。年末には盛大に解散コンサートでもすれば大変なことになるでしょう。キャンデーズの後楽園でのコンサート以上の騒ぎとなるでしょうに、それすらもやらないとのこと、これもこぶ爺にとっては驚きです。芸能人というのは人気商売これすら彼らは放棄するのでしょうか。SMAPを今まで支えてくれたファンを無視してはいけません。ジャニーズ事務所は昨日の解散発表日にオリンピック、高校野球期間中を選ばれたことはさすが懸命でした。本音のところ事務所としては最後に裏切られた思いが強いでしょう。

 

企業もSMAPも組織(ある共通の目的を達成するために組み合わされた2人以上の集団)ですので必ず人間関係、経済問題は発生します。その問題を解決するためリーダーとかマネジャーがいるわけです。その方々がその役割を果たさなかったため今日のような問題が最悪の形となって発生したということです。もつれた糸をほぐす努力をしなかったとすれば、それは暗黙の合意か、誰かの裏切りとしか言えません。こぶ爺は今回ジャニーズ事務所からの説得にも応じなかったメンバーには何ら“義”を感じることはできません。この人たちはいずれ誰かに裏切られるか利用されるだけの運命が待っているだけではと案じております。天知る、地知る、己知れ!と言ったところです。
8.16

 

敗戦の日に祈る

Q:日ごろセミナーでは大変お世話になっております。

最近こぶ爺のひと言も一休みのご様子、もうそろそろ夏休みを終わりのころと思い筆をとりました。

 今日は71年目の“終戦の”日です。こぶ爺は終戦の日に思うことがありましたら一言。
(茨城県 中小建設業経営者 47歳 男性)

 

 “こぶ爺のひとり言”2ヶ月ばかり休稿させて頂きました。セミナー会場でお受けした質問、ご意見につきましてはその都度口頭若しくは書面にて迷答をさせて頂きましたが、皆さんには心配をおかけしました。お詫び申し上げます。

 

さて本日815日はお盆の最中いわゆる“終戦の日”を迎えております。こぶ爺はまずこの“終戦の日”の呼び方を換えるべきと常々申しております。今日は日本にとって初めて他国との戦争に敗北した日即ち“敗戦の日”なのです。連合国の軍門に下った日なのです。ポツダム宣言受諾を発表した日です。終戦は正しくは92日の米戦艦ミズリー上で連合国と日本国との終戦(降伏)調印の日なのです。貴殿のいう終戦の日ならソ連の日本への815日以降の侵攻はどうなるでしょうか。細かいようですが日本人にとって重要なことです。今の青少年少女に正しく日本の歴史を教えなければなりません。

日本は終戦後連合国軍に占領され昭和26年米国と安全保障条約を締結、それ以降米国の核の傘下の“平和と繁栄”という果実を得てきたのです。翌年サンフランシスコ平和条約が発効され日本は占領軍から開放され昭和20年から7年の歳月を経て晴れて独立国となったのです。

この世の中にはいろいろな考え方をする人がおります。憲法改正の賛否もその一つです。改正反対者は戦後の日本の平和は憲法9条がもたらした結果と賛美します。一方改正賛成者は先述したように日米安保条約が日本と日本人を守ってくれた現実を知っております。

米軍と彼らの持つ核が日本の軍備増強・核開発への投資を最小のものとし日本人の英知と勤勉さが平和を求めて日本を経済大国へと邁進させたのです。決して米国人が策定した憲法9条だけが日本に平和と繁栄を与えたのではありません。世界の人々が知るように今の日本人にどのような理由があろうとも他国と交戦しようなどという根性はないのです。日本の自衛隊は災害(テロを含む)救助隊のようなものです。国防軍と名を改めたらよろしいのでは。

こぶ爺の知る限り日本人は子や孫を戦地に送ることなど誰ひとりとして望んではおりません。一部熱狂的な戦争反対を声高に叫ぶ人達には何か別の政治的な思惑があるのではないでしょうか。一方あたかも戦争容認を印象付ける”エセ愛国者“も少なからずいるかもしれません。もし政治家、ましてや閣僚の中にいるとすれば次の世代のためにも日本国民は断固排除しなければなりません。

日本人には先祖代々続いた英知と理性にたけた思考能力を持っています。本日の敗戦の日(太平洋戦争の敗北を認めた日)に当たり声高の論に惑わされずに新しい日本の日本人のための平和憲法を冷静に考えられたら如何でしょうか。
8.15

« 2016年3月 | トップページ | 2016年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ